• トップ
  • リリース
  • 電子タバコ専門店ベイプオンライン、「開店1周年&Twitterフォロワー1000人達成ダブル記念セール」を開催!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

電子タバコ専門店ベイプオンライン、「開店1周年&Twitterフォロワー1000人達成ダブル記念セール」を開催!

(PR TIMES) 2017年04月21日(金)13時26分配信 PR TIMES

【セール期間】2017年4月21日〜27日、誰でも使える10%OFFクーポン配布中、会員登録すると5月末まで使える20%OFFクーポンもGET

電子タバコ専門店ベイプオンライン(運営:株式会社DONIKA)は、開店1周年と店舗公式Twitterアカウントのフォロワー数1000人達成を記念したダブル記念セールを、2017年4月21日よりスタートしました。
電子タバコ専門店ベイプオンライン
http://vape-online.jp/

[画像1: https://prtimes.jp/i/15733/15/resize/d15733-15-168698-2.jpg ]


■iQOS(アイコス)とは違う、水蒸気式の電子タバコ「VAPE(ベイプ)」
2017年現在、日本では「電子タバコ」と呼ばれる製品は大きく分けて2種類あります。
電子タバコと聞くと多くの人がフィリップモリス社の加熱式電子タバコ「iQOS(アイコス)」をイメージしますが、近年、水蒸気式電子タバコである「VAPE(ベイプ)」の人気が急激に高まっています。

欧米では日本よりも以前からベイプが普及しています。例えば2016年にはイギリス医薬品庁によりベイプが「禁煙補助薬」として正式に認可され、2017年にはロンドン大学が「ベイプの安全性は従来のタバコよりはるかに高い」という研究結果を発表しました。これらの報道を受け、日本でも禁煙サポートの目的でベイプを購入する方が増えています。

春から禁煙にチャレンジしたいとお考えの方、大切なご家族やパートナーの健康が気になる方は、この機会にぜひベイプへの切り替えをご検討ください。


■VAPE(ベイプ)の特長
・「リキッド」という香料を含んだ液体を熱して、発生した水蒸気を喫煙して楽しむ器具
・リキッドの原料は食品添加物にも使われる成分で、健康に悪影響はないと言われている
・薬事法により、日本ではニコチン入りリキッドの販売や譲渡は禁止されている
・副流煙による周囲の人への悪影響がない
・リキッドを補充すれば繰り返し使用でき、吸い殻や空き箱、包装フィルムなどのゴミが出ない
・紙巻きタバコを1日1箱吸う方の場合、ベイプに替えると平均で月約1万円の節約に


■セール内容
・セール期間:2017年4月21日(金)〜27日(木)
・誰でも使える10%OFFクーポン配布中
・会員登録すると5月末まで使える20%OFFクーポンもGET!

[画像2: https://prtimes.jp/i/15733/15/resize/d15733-15-705778-0.jpg ]



■電子タバコについてのご相談も承ります
個人で電子タバコをはじめようとお考えの方はもちろん、経営者様や部署の責任者様など、社員の禁煙サポートのために企業全体・部署全体で電子タバコの導入をご検討の方もお気軽にご相談ください。

▼「電子タバコについてのよくあるご質問」もご参照ください。
http://vape-online.jp/hpgen/HPB/entries/1.html
[画像3: https://prtimes.jp/i/15733/15/resize/d15733-15-663361-1.jpg ]


【会社情報】
株式会社DONIKA
〒541-0059
大阪府大阪市中央区博労町1丁目8-8 ピカソ堺筋本町ビル4階
代表取締役:大内 鶴松
URL:http://donika.co.jp/
Tel:06-6265-5222
Fax:06-6265-5223
事業内容:ECサイト運営・Webサービスの開発 / 運営・アプリ開発



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る