• トップ
  • リリース
  • 『Lucky Bank-ラッキーバンク』、ファンド累計募集金額70億円を突破。不動産にフォーカスしたソーシャルレンディング事業。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

ラッキーバンク・インベストメント株式会社

『Lucky Bank-ラッキーバンク』、ファンド累計募集金額70億円を突破。不動産にフォーカスしたソーシャルレンディング事業。

(PR TIMES) 2017年01月12日(木)09時17分配信 PR TIMES

昨年2016年による年間合計募集金額40億円超。年間登録ユーザー数は、約2500名。

ラッキーバンク・インベストメント株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 田中翔平)が運営を行なう、不動産特化型ソーシャルレンディング「Lucky Bank-ラッキーバンク」(https://www.lucky-bank.jp)は、2017年1月にて、ファンド累計募集金額70億円を突破いたしました。
サービスリリースはコチラ:https://www.lucky-bank.jp/news/detail?id=47
[画像1: https://prtimes.jp/i/12682/15/resize/d12682-15-446462-0.jpg ]

 ソーシャルレンディングは、個人からのお金を集めて、人や会社へよりスムーズにお金を届けるサービスです。「融資型クラウドファンディング」とも呼ばれ、目的に共感した一般の人が主役となる新しい金融のカタチです。個人で投資することの困難な大きい資金を必要とする投資案件へも「ソーシャルレンディング」を活用することで、参加が可能となりました。近年、「ITを駆使したお金に関わるツールやWEBサービス」を総称して呼ぶFintech(フィンテック)※1が、注目を集めています。


 お金に関する様々なサービスが生み出されている中で、世界的にソーシャルレンディングも盛り上がりを見せており、日本国内でも様々な事業などへ貸付を行うソーシャルレンディングは、地位を確立しつつあります。2005年にイギリスのZopaが世界で初めてソーシャルレンディングを開始し、2006年にアメリカのProsper、2007年にアメリカのLending clubなど、世界中で様々なサービスが展開されました。その後、2008年のリーマンショックに伴い、金融機関などの融資審査が厳しくなっていることも、市場拡大の背景となりました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/12682/15/resize/d12682-15-309300-4.jpg ]



■ファンド累計募集金額70億円を突破。昨年2016年による年間合計募集金額は40億円超。
 2017年1月時点にて、不動産特化型ソーシャルレンディング「Lucky Bank-ラッキーバンク」(https://www.lucky-bank.jp)は、ファンド累計累計募集金額70億円を突破いたしました。又、直近の月間ユーザー登録数は、400名を超えるペースとなりました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/12682/15/resize/d12682-15-711263-8.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/12682/15/resize/d12682-15-280877-7.jpg ]

 昨年2016による年間の合計募集金額は、40億円超となり、年間登録ユーザー数は、約2500名となります。これは、昨年を通して、より多くの一般投資家層へ不動産特化型ソーシャルレンディングが認知されてきたことが見受けられます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/12682/15/resize/d12682-15-568030-10.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/12682/15/resize/d12682-15-470067-9.jpg ]



[画像7: https://prtimes.jp/i/12682/15/resize/d12682-15-144621-11.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/12682/15/resize/d12682-15-950681-5.jpg ]



■LBIリアルティ株式会社による不動産市場への参入。
 安定した増加の傾向を辿る同社では、昨年、FinTech企業発からの不動産売買を手掛けるLBIリアルティ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 田中翔平)(http://lbi-realty.co.jp/)の事業を開始いたしました。
これまでのファンド組成経験と不動産市場におけるネットワークを活かし、不動産売買事業を核とした同子会社は、不動産取引の最大収益化を目指し、東京圏※2を中心とした不動産の買取・再生・再販を行ない、グループ全体として、不動産市場と金融市場の更なる向上に尽力して参ります。
[画像9: https://prtimes.jp/i/12682/15/resize/d12682-15-543204-12.jpg ]

【FinTechがもたらす不動産市場への効果とは?累計募集金額50億円超の不動産特化型ソーシャルレンディングのラッキーバンク・インベストメント株式会社が、不動産市場へ本格参入を決定。】(https://www.lucky-bank.jp/news/detail?id=35


※1:「Finance(金融)」と「Technology(IT技術)」を組み合わせた造語。
※2:人口超過密状態の一都三県。


【会社概要】
[画像10: https://prtimes.jp/i/12682/15/resize/d12682-15-209315-3.jpg ]


[表1: https://prtimes.jp/data/corp/12682/table/15_1.jpg ]



【関連会社概要】
[画像11: https://prtimes.jp/i/12682/15/resize/d12682-15-266083-2.jpg ]


[表2: https://prtimes.jp/data/corp/12682/table/15_2.jpg ]




■サービス関連プレスリリース一覧
・日本初の不動産特化型ソーシャルレンディングサービス「Lucky Bank」が、サービス開始10ヶ月で累計募集金額20億円を突破!(http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000012682.html


・ソーシャルレンディングサービス3社合同!融資型クラウドファンディングをテーマにしたイベント・セミナー「第2回 Financial Crowdfunding Meetup」の開催を決定!(http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000012682.html


・動員数、1.6倍へ拡大!楽しく・学び・知る!ソーシャルレンディングサービス3社合同イベント・セミナー「第2回 Financial Crowdfunding Meetup」増員を決定(http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000012682.html


・不動産特化型ソーシャルレンディング「Lucky Bank」、「返済実績一覧」と「ファンド運用状況一覧」を公開!(http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000012682.html


・累計募集金額25億円を突破!不動産特化型ソーシャルレンディング「Lucky Bank」が、記念ローンファンドを公開(http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000012682.html


・不動産特化型ソーシャルレンディング「Lucky Bank」、30億円突破記念ローンファンドを公開!計3ファンド、2億5千万円が2分強で完売!(https://www.lucky-bank.jp/news/detail?id=21


・投資リテラシーの強化と金融知識の向上を目指して!エコノミストと考える、ソーシャルレンディング勉強会!(http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000012682.html


・【メディア向け】過去最大の4社合同!P2Pレンディング・ソーシャルレンディングって何?国内外ソーシャルレンディングの動向を探る、「メディア向けソーシャルレンディング勉強会」を開催。(http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000012682.html)


・マイナス金利の影響で急成長!?ソーシャルレンディング「Lucky Bank」が、累計募集金額40億円を突破!(https://www.lucky-bank.jp/news/detail?id=24


・設立2年、累計成立金額45億円を達成!不動産特化型ソーシャルレンディングの「Lucky Bank」、「第二期決算記念ローンファンド」を公開!(https://www.lucky-bank.jp/news/detail?id=27)


・イギリス発祥のソーシャルレンディングにEU離脱の影響は?!国内ソーシャルレンディングの「Lucky Bank」が、累計募集金額50億円を突破!(https://www.lucky-bank.jp/news/detail?id=34


・FinTechがもたらす不動産市場への効果とは?累計募集金額50億円超の不動産特化型ソーシャルレンディングのラッキーバンク・インベストメント株式会社が、不動産市場へ本格参入を決定。(https://www.lucky-bank.jp/news/detail?id=35


・不動産事業に特化したソーシャルレンディング「Lucky Bank-ラッキーバンク」が、ファンド累計募集金額65億円、登録ユーザー数3,000名を同時突破!(https://www.lucky-bank.jp/news/detail?id=41


※投資に関するご注意
ラッキーバンクへの投資は元本回収及び収益分配を保証するものではありません。投資の検討に際しては、募集ページ、匿名組合契約約款、契約締結前交付書面等をよくお読みください。投資意思決定は自己責任にてお願いします。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る