• トップ
  • リリース
  • Top 38 Fintech influencers in Asia(アジアのフィンテック インフルエンサー38人)にエイト証券の持株会社8 Limited(香港)CEOミカエル・アブドゥッラーが選出

プレスリリース

  • 記事画像1

エイト証券株式会社

Top 38 Fintech influencers in Asia(アジアのフィンテック インフルエンサー38人)にエイト証券の持株会社8 Limited(香港)CEOミカエル・アブドゥッラーが選出

(PR TIMES) 2016年07月28日(木)19時34分配信 PR TIMES

〜 アジア地域における最先端のテクノロジーを用いた革新的な取り組みを評価 〜

エイト証券株式会社(本社:東京都中央区 社長:飯盛信文)の持株会社 8 Limited(本社:香港)のCEOミカエル・アブドゥッラーは、FINTECHASIAのTop 38 Fintech influencers in Asia(アジアのフィンテック インフルエンサー38人)に選出されました。
アジア地域のフィンテックに関するメディアポータルであるFINTECHASIAは、7月25日(月)にTop 38 Fintech influencers in Asia(アジアのフィンテック インフルエンサー38人)を発表しました。ミカエルの選出においては、アジアで初めて日本と香港でロボ・アドバイザーサービス(*注1)をスタートした実績や、アジア初の取引手数料無料株式取引アプリの公開(香港)など、最先端のテクノロジーを用いて金融の世界に革新をもたらした手腕が評価されました。

「これまで金融機関は富裕層にばかり手厚いサービスを行い、シンプルで低コスト、かつスマホで完結するサービスを好む若い世代のニーズを満たすことができていませんでした。そこで、ミレニアル世代を金融の世界からデモクラタイズ(民主化)し、投資をもっとシンプルで親しみやすいものにするというミッションの元、8グループを設立しました。伝統的なIT技術を使用する既存の金融機関とは異なり、弊社は最先端かつ効率的なテクノロジーでシステムを運用しています。また、高コストとなりがちな一等地のオフィスやマニュアルでの作業もありません。お客様第一主義を掲げる弊社は、最小限まで削減したコストをお客様に還元し、これまで一部の富裕層だけが享受してきたトップレベルの資産運用を、全ての方に低コストでご利用いただけるようにいたしました。」(ミカエル・アブドゥッラー)

なお、Top 38 Fintech influencers in Asiaには、中国eコマース最大手アリババグループの金融会社「アント・ファイナンシャル」のCEO Lucy Peng氏や日本のスタートアップ メタップスの佐藤CEOなどアジア各国を代表する起業家が選出されています。選出された全員の一覧は下記リンク先のFINTECHASIAサイトよりご確認いただけます。
http://www.fintechasia.net/here-are-the-top-38-fintech-influencers-in-asia-you-should-know-about/


[画像: http://prtimes.jp/i/9837/15/resize/d9837-15-919188-1.jpg ]

ミカエル・アブドゥッラー プロフィール
ミカエルはお客様に最高のプロダクト・サービスを提供するためならリスクやチャレンジを恐れない、生まれもっての起業家です。8 Limited設立以前は、米国の大手オンライン証券会社であるE*TRADE証券にてシニアヴァイスプレジデントとしてインターナショナル部門を率い、同部門の成長拡大に貢献しました。ミカエルのキャリアはシリコンバレーから始まり、ロンドン、ドバイ、ムンバイ、香港を経て東京に至ります。アメリカ生まれ、東京在住。コロンビア大学とロンドンビジネススクールにてMBAを取得しています。8 Limited並びに香港の証券会社8 Securities(香港)CEO、エイト証券 取締役。


(注1) ロボ・アドバイザーとは?
お客様に簡単な質問に答えていただくだけで、アルゴリズムを用いてポートフォリオを構築し、自動運用まで行う投資サービスです。金融知識が少なくても簡単に、少しの資金からトップレベルの資産運用を始められることから、ロボ・アドバイザーサービスで先行する米国・ヨーロッパでは、1980年以降に生まれたミレニアル世代の若者を中心に高い人気を有しています。
米国のロボ・アドバイザー最大手Wealthfront 社は、2011 年 12 月のサービス開始からわずか 3 年余りで、預かり運用資産 20 億米ドル(約 2,400 億円)を達成しました。数年前に誕生したばかりのロボ・アドバイザー市場全体の預かり資産は約 140 億米ドル(約 1 兆 6,800 万円)にも上り、年率 100%以上の規模で成長を続けています。(MY PRIVATE BANKING research 社のレポートより)
また、2020年にはアメリカでのロボ・アドバイザー市場は2.2兆米ドル(約264兆円)、日本では1兆円を超えるであろうと予想されています。(アメリカ市場: BloombergBusiness 2015年6月19日付け記事、日本市場: 2015年11月にアイテ・グループによって行われたリサーチより)


FINTECHASIAについて
アジア地域のフィンテックに関するオンラインメディアポータル。消費者、起業家、投資家など様々なステークホルダーに向け、アジアでのフィンテックのトレンドや最新情報を届け、業界の発展に寄与することを目的としています。
http://www.fintechasia.net

8 Securities 会社概要
香港の金融持株会社8 Limited傘下の証券会社として、2011年に香港にて設立されました。TechCrunch Disrupt Beijing 2011のファイナリストを始め、これまでに様々なテクノロジー・フィンテック関連の賞を受賞。2016年1月、アジア最大のフィンテックイベント「2016 Fintech Finals」にて、“Best matured startup(最も成熟したスタートアップ)”賞を受賞。同年3月、香港の注目すべきフィンテック20社に選出。7月には中国で最も価値のあるスタートアップ50社のうちの1社に選ばれるなど、アジアのフィンテック(金融テクノロジー)界をリードするスタートアップとして世界中から注目を集めています。
https://www.8securities.com

エイト証券 会社概要
2001年12月、日本初のオンライン中国株取引を提供する「ユナイテッドワールド証券」として設立されました。2012年11月、先進的なIT技術を用い、革新的なサービスを提供する香港の8グループに参画。2014年3月、エイト証券に商号を変更し、同年4月に米国株の取り扱いを開始いたしました。2015年5月、日本初のロボ・アドバイザーによる小口国際分散型投資サービス「8 Now!(エイトナウ)」を開始。同年10月には8 Now!のiOSアプリをリリース。今後も新しい商品、サービスを展開する予定です。
https://www.8securities.co.jp


【金融証券取引法に関わる表示】
商号等: エイト証券株式会社
金融商品取引業者 登録番号: 関東財務局長(金商)第193号
加入協会: 日本証券業協会/一般社団法人日本投資顧問業協会
【手数料等及びリスクについて】
金融商品にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、商品別に価格の変動・為替の変動等による元本損失または元本超過損が生じるおそれがあります。投資に際しては、弊社Webサイトの商品等の契約締結前交付書面、目論見書またはお客様向け資料などが掲載されたページに手数料等およびリスクが記載されておりますので、内容をよくお読みください。

【本件取材に関する報道関係の方のお問い合わせ先】
エイト証券株式会社 マーケティング部(担当:鈴木)
Eメールアドレス: press@8securities.co.jp
TEL: 03-3548-8886(代表)、03-3548-8873(直通)

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る