プレスリリース

宇宙産業を支える高度技術者育成プログラムの開始

(PR TIMES) 2021年04月15日(木)18時45分配信 PR TIMES

-2030年度まで毎年1機の超小型衛星を打上げ-

近年の欧米諸国での宇宙ベンチャー企業の活躍に牽引され、国内でも多くの企業が宇宙開発・利用に力を注いでいます。しかし、現状では「独創的」な設計・製造を行う研究者ではなく、高品質な人工衛星の設計・製造・運用を支える「高度技術者」の不足が問題となりつつあります。千葉工業大学では2021年度から我が国の宇宙産業の基盤を支える高度技術者の育成プログラムを開始し、その一貫として2030年度までの10年間に最大9機の衛星を打ち上げます。
https://www.it-chiba.ac.jp/media/pr_20210415.pdf
【千葉工業大学高度技術者育成プログラム 記者発表会のご案内】
千葉工業大学では2021年度から我が国の宇宙産業の基盤を支える高度技術者の育成プログラムを開始し、その一貫として2030年度までの10年間に最大9機の衛星を打ち上げます。
つきましては、この件に関する記者発表会を以下の通り開催いたします。

【日 程】2021年4月21日(水)14時00分〜(受付13時30分〜)
【場 所】千葉工業大学 東京スカイツリータウンキャンパス
     東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン(東京ソラマチ)8階
 https://www.it-chiba.ac.jp/institute/access/skytree/
【スケジュール】
受付開始:13時30分
詳細発表(質疑応答含む):14時00分〜14時30分
自由取材:14時30分〜
【出席申込】事前の申込はございません。直接会場にお越しくださいますよう、お願いいたします。

※新型コロナウィルス感染予防の対策としてマスクの着用にご協力ください。尚、会場には消毒用のアルコールをご用意いたしますので適宜ご使用ください。

プレスリリース提供:PR TIMES

このページの先頭へ戻る