• トップ
  • リリース
  • 「英語資格試験利用特別入学試験」の特待生制度を拡大ー4年間の授業料(最大360万円)を減免

プレスリリース

「英語資格試験利用特別入学試験」の特待生制度を拡大ー4年間の授業料(最大360万円)を減免

(PR TIMES) 2018年06月25日(月)16時01分配信 PR TIMES

グローバル人材の育成と輩出を目指して

東洋学園大学は、語学に長けた人材の輩出を目的として2018年度入試より実施している「英語資格試験利用特別入学試験」の特待生制度を拡大いたします。当入試合格者の上位成績優秀者を特待生に認定し、授業料を「2年間」減免していましたが、2019年度特待生より減免期間が「4年間」に変更となります。これにより、英語の学力が高いにも関わらず、費用面で大学進学を躊躇していた人への門戸を広く開くことで、積極的にグローバル社会で活躍する人材をさらに育成し、輩出してまいります。
■選考結果により、成績上位の者に授業料 最大「360万円」を減免
当試験合格者のうち、上位成績優秀者を「東洋学園特待生E」に認定し、授業料を「4年間」(最大360万円)を減免いたします。これまで2年間の授業料減免であった特待生制度を4年間に拡充するものです。

■英語資格試験利用特別入学試験 概要
【出願資格】
本学規定の出願資格を満たし、以下のいずれかの4技能試験で基準に達している者が対象となります。
・実用英語技能検定(英検)/ 2級以上
・GTEC CBT /  960以上
・IELTS / 4.0以上
・TEAP / 225以上
・TOEFL iBT(R) / 42以上

【2019年度試験日程】
1期:11月24日(土)、2期:12月15日(土)、3期:2月15日(金)を予定しています。

【出願方法】
本学ホームページ「Web出願専用サイト」より出願手続きを行い、入学検定料を支払い後、出願書類を提出期間内に郵送していただきます。

【募集学科・募集人員】
全学科を対象(グローバル・コミュニケーション学科、英語コミュニケーション学科、現代経営学科、人間科学科)としており、募集人員は若干名となります。

【選考方法】
面談(20分、英語での質疑応答を含む)および提出書類にて行います。


東洋学園大学 受験生サイト「入試ナビ」
http://life.tyg.jp/admissions/index.html

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る