• トップ
  • リリース
  • 住宅・不動産業界向けマーケティングオートメーション『KASIKA』、新機能「営業メールテンプレート保存・共有機能」を実装

プレスリリース

Cocolive株式会社(ココリブ カブシキガイシャ)

住宅・不動産業界向けマーケティングオートメーション『KASIKA』、新機能「営業メールテンプレート保存・共有機能」を実装

(PR TIMES) 2019年09月12日(木)09時40分配信 PR TIMES

Cocolive株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山本考伸 、以下「Cocolive」)は、住宅・不動産業界向けマーケティングオートメーション『KASIKA』に、新機能「営業メールテンプレート保存・共有機能」を実装いたしましたので、お知らせいたします。
Cocoliveでは、2017年より、住宅・不動産会社様の来場率・成約率改善に特化したマーケティングオートメーション『KASIKA(カシカ)』を提供しております。

「営業メールテンプレート保存・共有機能」を活用することで、チーム全体で営業活動の質を上げることが可能となります。
多くの工務店・不動産会社様から、営業メールの内容は各営業担当者ごとにバラバラで、クオリティにも差がある、というお話を伺います。

このテンプレート機能を活用いただくと、


使い回しできるメールの文章をテンプレートとして保存することにより、毎回同じ文章を書く手間がなくなる
お客様の反応が高いメールテンプレートをチーム内で共有することにより、営業チーム全体のレベルアップを図ることができる

などの効果を得ることができます。

▼メールテンプレート作成画面

[画像1: https://prtimes.jp/i/25942/14/resize/d25942-14-984014-3.png ]



▼メールテンプレート選択画面
[画像2: https://prtimes.jp/i/25942/14/resize/d25942-14-119834-2.png ]

※お客様へのメール編集画面にて、任意のテンプレートを選択可能

作成したメールテンプレートを共有する場合は、「共有設定」から共有の設定を手軽に行えます。すべてのメールテンプレートが自動的に共有されるわけではなく、任意で選択できますので、共有したいものだけを共有することができます。

また、『KASIKA』の計測機能(メール開封率・クリック率)とメールテンプレートの共有機能を併用いただくと、各営業担当者が配信しているメールごとに、開封率やクリック率を比較することも可能です。


▼メールごとの計測結果イメージ
[画像3: https://prtimes.jp/i/25942/14/resize/d25942-14-816143-0.png ]


これにより、開封率やクリック率が高い(=効果が高い)メールタイトルやメール本文が「可視化」できますので、チーム全体の営業メールの質を高めることが可能になります。
各営業のメール作成の手間軽減はもちろん、営業チーム全体のメール内容のレベルアップにもつながる「営業メールテンプレート保存・共有機能」、ぜひ、貴社の営業活動効率化にお役立てください。

【会社概要】
■Cocolive株式会社
代表者 :代表取締役社長:山本考伸
所在地 :〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-17 神田須田町117ビル 5F
設立  :2017年1月
事業内容:住宅・不動産業界向け“顧客分析”および“可視化”サービス『KASIKA』の開発、並びに導入支援。
資本金 :79,994,696円
URL  :https://cocolive.co.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る