• トップ
  • リリース
  • くたびれヒートテック女子は非モテへの道!?恋愛実態から学ぶ、ヒートテック活用の3大NG行動は「見られないから気にしない」「着古したものを着てしまう」「捨てられない」

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社ユニクロ

くたびれヒートテック女子は非モテへの道!?恋愛実態から学ぶ、ヒートテック活用の3大NG行動は「見られないから気にしない」「着古したものを着てしまう」「捨てられない」

(PR TIMES) 2016年12月09日(金)17時25分配信 PR TIMES

行動力がモテのカギ!ヒートテックの購入頻度が高い人ほど、出会いが多い!?

ユニクロは、20代〜30代のヒートテックを持っている未婚女性1,410名を対象に、ヒートテックの着用実態と恋愛傾向について調査しました。
 調査の結果から、着古したヒートテックをなかなか捨てられない人は、別れた彼氏に未練を感じやすいこと、また持っているヒートテックが「伸びている」状態の人はダメ男を好きになる傾向があるなど、細部まで気を遣えない女性は恋愛でもあまりうまくいっているとは言えないということがうかがえました。一方で告白される回数が多いモテ女子は、ヒートテックを「薄着」でいるために着ている人が多いという結果になりました。

 調査結果に対して、心理カウンセラーの五百田達成(いおたたつなり)氏によると「現代社会でモテる人は、おめでたい性格でフットワークが軽い人。ヨレヨレの着古したアイテムを着る行動は、自己肯定感を低くし、ネガティブな感情をうむことにつながります。悪目立ちするのではなくちょっとしたおしゃれへの気遣いをすることは、結果としてモテにつながります。」とコメントされました。


【心理カウンセラー 五百田達成氏のコメント】
男らしさ・女らしさの追求がモテにつながるのは一昔前のことです。最近では話しやすさ・気さくさを求める人が男女ともに多くなっています。


昨今の女性ファッションのトレンドは「同性ウケ」。派手な男ウケする服装をして男性にこびを売ると周囲の女性から総スカンを食らってしまいます。そのような悪目立ちをするのではなく、新しいヒートテックを身につけたり、冬でもおしゃれのためにちょっとだけ薄着してみたりするなど、ちょっとしたファッションへの意識を高めることで自己肯定感も高まり、結果としてちょっとした自信につながります。内面の自信は外面の明るさとして表れるでしょう。
新しいアイテムに身を包むことも重要な要素。古くてくたびれたものを着ていると、「自分にはこれがお似合いだ」と、気持ちが無意識のうちに落ち込み、ネガティブな感情が湧いてきます。そうした感情に取り付かれると、
ますます内にこもってしまうことに。さらに言えば、男性は女性に常に「新鮮さ」を求めています。着飾りすぎた服装は女性同様敬遠しますが、かといってヨレヨレだったり着古したインナーを好む男性はいないでしょう。
現代社会でモテる人とは、明るくおめでたい性格でフットワークが軽い人。自己肯定感を高め、行動的になることこそがモテへの近道。たとえばモヤモヤした気分をスッキリと一新すべく新しいヒートテックを買おうと街に出かければ、曲がり角で運命の人とぶつかって恋に落ちる、なんていう可能性もゼロではないのです。」

          <プロフィール>
[画像1: http://prtimes.jp/i/18311/14/resize/d18311-14-127169-0.jpg ]

五百田達成(いおた たつなり)
作家・心理カウンセラー。
「コミュニケーション心理」「社会変化と男女関係」「SNSと人づきあい」「ことばと伝え方」をテーマに執筆・講演。最新刊は「不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち 『きょうだい型』性格分析&コミュニケーション」。35万部を超える「察しない男 説明しない女」シリーズほか、著書やメディア出演多数。


非モテ女子がしている3大NG行動は!?
「見られないから気にしない」、「着古したものを着てしまう」、「捨てられない」

■着古したヒートテックを「見られないから着てしまう」人は、寂しさを感じる傾向に

[画像2: http://prtimes.jp/i/18311/14/resize/d18311-14-559460-1.jpg ]


肌着は普段見えないものだからこそ、着る人の性格が投影されやすいもの。そこで、細部まで気を遣っているか、気を遣っていないかで、どのような差があるのかを調査しました。着古したヒートテックをつい着てしまうことが「ある」と回答した人は、普段から「寂しさを感じることがある」人が多いということが分かりました。


■「ダメ男」を好きになりやすい人ほど、くたびれヒートテックを着ている傾向あり

[画像3: http://prtimes.jp/i/18311/14/resize/d18311-14-223495-2.jpg ]

次に、持っているヒートテックの状態でどのような違いがあるのか調査しました。調査の結果、ダメ男を好きになりやすい人ほど、着古したくたびれヒートテックを持っている人が多いことが伺えます。特に顕著な差が出たのは「伸びている」かどうか。「伸びている」ヒートテックを着ている人は、ダメ男にはまりやすいか、そうでないかのボーダーラインなのかもしれません。


■着古したヒートテックを捨てられない人ほど、別れた彼氏に未練を感じている

[画像4: http://prtimes.jp/i/18311/14/resize/d18311-14-872949-3.jpg ]

近年断捨離という言葉が定着して久しいですが、着古したものを「捨てられない」ことと恋愛の相関関係を調べました。調査の結果「着古したヒートテックを捨てられない」人ほど、別れた彼氏に「未練を感じることがある」人が多いことが分かります。


モテ女から学ぶヒートテックの活用法!?
告白されている回数が多いモテ女は、「薄着でいる」ために着ている人が多い!

■告白されている回数が多い人は「薄着のため」にヒートテックを着ている人が多い


[画像5: http://prtimes.jp/i/18311/14/resize/d18311-14-621627-4.jpg ]

モテの指標は様々ですが、告白される数が多い人をモテ女とし、告白されている数とヒートテックの着用目的の傾向を調査しました。調査の結果、告白されている数が多い人は、ヒートテックを「薄着でいられるから」着ている人が多い傾向があり、人生で告白されたことがない非モテ女子に対し、7人以上告白されているモテ女子は、13.4%も「薄着のため」に着ている人が多いことがわかります。また、「着込みたくないから」ヒートテックを着ているのも、非モテ女子とモテ女子の違いといえそうです。


■行動的な人ほど出会いも多く、モテる!?ヒートテックの購入頻度が高い人ほど出会いが「多い」傾向に

[画像6: http://prtimes.jp/i/18311/14/resize/d18311-14-868911-5.jpg ]


モテの要因となる異性との出会いの数、出会いの数とヒートテックの購入頻度の関係について調査しました。結果をみると、購入頻度が「毎年購入する」人は出会いが多い傾向にあり、「2年に一度」以下の頻度の人は、出会いの場がないと思っている人が多いようです。


■モテると思っている人ほど、素肌にヒートテックで発熱をうまく活用している傾向に

[画像7: http://prtimes.jp/i/18311/14/resize/d18311-14-998317-6.jpg ]

ヒートテックの発熱の仕組みは、蒸発する水蒸気を繊維が吸収し熱エネルギーに変換し、素材自体が暖かくなります。そのため、素肌に直接着る方が暖かさを感じやすいのです。調査の結果、ヒートテックを発熱のために上手に活用している人ほど、「モテる」と実感している人が多いようです。

【調査概要】
[画像8: http://prtimes.jp/i/18311/14/resize/d18311-14-825455-7.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る