• トップ
  • リリース
  • 【全国の高校生に聞いてみた】2人に1人がお年玉全額を○○に使った!と回答

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

【全国の高校生に聞いてみた】2人に1人がお年玉全額を○○に使った!と回答

(PR TIMES) 2016年12月20日(火)11時39分配信 PR TIMES

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、全国の学生や地域の方々向けに「金融経済教育セミナー」を開催しており、参加者を対象に、調査を行っております。

SMBCコンシューマーファイナンス(以下 当社)は、「若者」の徹底調査を行い、『ビンカンSTATION お金とライフのトレンドのキャッチ!』に掲載しています。http://www.smbc-cf.com/bincan-station/index.html
今回は、セミナーに参加した大学・専門学校生を対象に、「プレゼント事情」について調査を行いました。
【調査概要」
■ 調査対象:全国の高校生
■ 調査期間:2016年10月16日〜11月30日
■ 有効サンプル数 : 1,000名 (男性:670名、女性:330名)
■ 調査手段:当社が開催した「金融経済教育セミナー」の参加者へアンケートを実施
※ 「金融経済教育セミナー」については、http://www.promise-plaza.com/about/educate

まず、「今年(2016年)は、お年玉を合計でいくらもらいましたか」を聞いたところ、「3万円以下」が最も多く、35.4%の回答が集まりました。次に多いのは、「5万円以下」の30.3%で、3位は、なんと「10万円以下」が16.9%という結果でした。
[画像1: https://prtimes.jp/i/17221/14/resize/d17221-14-797791-0.jpg ]

また、男女別で見てみると、男子高生の3人に1人は「3万円以下」のお年玉をもらったという結果でしたが、女子高生の3人に1人は「5万円以下」のお年玉をもらったという結果でした。女子高生の方がたくさんもらっているようですが、男女を含めて7割強の高校生が「5万円以下」のお年玉をもらったことが分かりました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/17221/14/resize/d17221-14-545428-1.jpg ]

お年玉をもらった高校生がたくさんいる中でも1割未満ですが、お年玉をもらっていない高校生もいるようです。学生の皆さんがもらったお年玉は、サラリーマンのボーナスと同じようなものといえるでしょう。

また、「いただいたお年玉をどのように/どれぐらい使いましたか」と聞いてみたところ、高校生464名がもらったお年玉の全額を「親に預けた」or「消費した」or「貯蓄した」と回答しました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/17221/14/resize/d17221-14-146715-2.jpg ]

高校生の2人に1人がお年玉の全てを何かに使ったことが分かりましたが、使い方は、消費と貯蓄という両面でのようです。

では、お年玉を二等分に分けた高校生がどのように使ったかを調査しましたので、その結果を見てみましょう。
[画像4: https://prtimes.jp/i/17221/14/resize/d17221-14-538952-3.jpg ]
お年玉を二等分に分けて使った高校生は、175名でした。
そのうち、「半分消費した/半分貯蓄した」が116名で、最も多く回答が集まり、男子高生が69名、女子高生が47名でした。次に多く回答が集まったのは「半分親に預けた/半分消費した」(44名、うち男子高生が29名、女子高生が15名)でした。最後に「半分親に預けた/半分貯蓄した」が15名(うち、男子高生が13名、女子高生が2名)という結果になりました。

最後に、イマドキ高校生は、突発的なお金をどのように使ったかと探ってみました。結果、「お買い物」が最も多く、358名が集まりました。次に多かったのは、「交際費」、243名でした。
[画像5: https://prtimes.jp/i/17221/14/resize/d17221-14-590228-4.jpg ]

また、お買い物に消費した人(358名)は何を買ったのかを聞いてみたところ、「服・靴・鞄」、「本や漫画」、「ゲーム」がトップ3にランクインしました。好きなもの・欲しかったものを買う人が多いようです。
また、「授業や部活に必要なもの」も多く「雑貨」にならび4位という結果でした。
[画像6: https://prtimes.jp/i/17221/14/resize/d17221-14-914449-5.jpg ]


以上、全国の高校生のお年玉事情2016でした。こちらの調査結果以外にも、若者のライフスタイルと金銭感覚・実態情報に関する情報を『ビンカンSTATION お金とライフのトレンドをキャッチ!』にて掲載しています。http://www.smbc-cf.com/bincan-station/

気になる調査結果
・20代の金銭感覚についての意識調査 2016
20代で進むキャッシュレス化 1,000円以下の買い物は「現金」か「電子マネー」払いを利用
恋人へのクリスマスプレゼントは年々豪華に! 平均予算は2.1万円、2年で1.4千円上昇
「20代のうちは子育て可能な収入に届かない」7割半、30歳時点の世帯年収想定額は平均408万円
・20代のオフの過ごし方に関する調査 2016
オフの消費は広く浅く?
満足度が高いのは「1万円ディナーx1回」より「2千円ディナーx5回」
働き方改革は少子化対策?
20代未婚女性の4人に1人が「残業がなくなったら恋愛に積極的になる」
既婚男性の4割強は「残業なくなったらイクメンに」、既婚女性の1割半は「残業なくなったら妊活する」



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る