• トップ
  • リリース
  • 売上30万部以上のベストセラー書籍がリニューアル『最新「仕組み」仕事術』

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

日本ファイナンシャルアカデミー株式会社

売上30万部以上のベストセラー書籍がリニューアル『最新「仕組み」仕事術』

(PR TIMES) 2017年04月20日(木)15時29分配信 PR TIMES

仕事の生産性をあげ、自由な時間を増やし、人生の質をあげるための一冊

 お金の教養が身につく総合マネースクールのファイナンシャルアカデミー(本社:東京都新宿区)の代表を務める泉正人は、2017年4月20日(木)に個人とチームの生産性を最大化するノウハウを集めた最新著書『最新「仕組み」仕事術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を発刊しました。
■最新「仕組み」仕事術
URL:http://www.f-academy.jp/info_book.html

[画像1: https://prtimes.jp/i/15329/14/resize/d15329-14-957731-1.jpg ]


■売上30万部以上のべストセラー『「仕組み」仕事術』がアップデートして再登場

Amazonの書籍部門で21日間連続でランキング1位を取り続け、シリーズ30万部以上もの売り上げを記録したベストセラー『「仕組み」仕事術』(出版:2008年)が誕生してからおよそ10年、また『「仕組み」仕事術』が注目される時代となりました。残業をせずに定時に帰ることを推奨する会社や、残業時間の上限を決める会社など、社会全体が「働く時間」に意識を向ける時代になっているからです。

しかし働く時間を減らしても、目標や成果は変わらないため、仕事の生産性を高めるしか解決方法はありません。そこで、必要となってくるのが、「仕事の仕組み化」です。「仕組み」は年々変化していき、10年前に最新だった「仕組み」は、いまやITの進化によって当たり前のようにできるようになりました。時代の変化にあわせて10年間ブラッシュアップしてきた「仕組み化」ノウハウを、改めて一冊の新たな書籍として集約したのが、この『最新「仕組み」仕事術』です。

会社として効率をあげるだけではなく、個人の人生の質を高めていくためのメソッドしても、ぜひご愛読ください。


■もくじ

はじめに
序章  なぜ仕事に「仕組み」が必要なのか
第1章 時間をつくるための「仕組み」
第2章 ミスをなくすための「仕組み」
第3章 人に仕事をまかせるための「仕組み」
第4章 最小の労力で最大の成果を出すための「仕組み」
第5章 成長し続けるための「仕組み」
あとがき

■本書について

書名 :『最新「仕組み」仕事術』
著者 :泉正人
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格 :1500円(税別)
発売日:2017年4月20日
ISBN::978-4-7993-2055-6
URL :http://amzn.asia/1UFRobf

[画像2: https://prtimes.jp/i/15329/14/resize/d15329-14-485134-0.jpg ]


■泉正人とは

ファイナンシャルアカデミーグループ代表。一般社団法人金融学習協会理事長。日本初の商標登録サイトを立ち上げた後、自らの経験から金融経済教育の必要性を感じ、2002年にファイナンシャルアカデミーを創立、代表に就任。身近な生活のお金から、会計、経済、資産運用に至るまで、独自の体系的なカリキュラムを構築。東京・大阪・ニューヨークの3つの学校運営を行い、義務教育で終わらない「お金の教養」を伝えることを通じ、より多くの人に真に豊かでゆとりある人生を送ってもらうための金融経済教育の定着を目指している。『お金の教養』(大和書房)、『仕組み仕事術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など著書は30冊累計130万部を超え、韓国、台湾、中国で翻訳版も発売されている。

■ファイナンシャルアカデミーとは

ファイナンシャルアカデミーは東京・大阪・ニューヨークで開講しているお金の学校です。義務教育では教わることのなかったお金との正しい付き合い方について一人でも多くの人に学んでもらうため、2002年の創立以来、東京校・大阪校・ニューヨーク校・通信制・WEB自宅受講を通じて、15年間で延べ41万人の方が学んでいます。家計管理、お金の貯め方といった身近な生活のお金から、会計、経済などの学問的視点、株式投資や不動産投資などの資産運用まで、お金の教養を2年かけて学ぶコースを中心に開講しています。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る