• トップ
  • リリース
  • 国際教養大学における連続セミナー実施に対する協力事業開始について

プレスリリース

  • 記事画像1

国際教養大学における連続セミナー実施に対する協力事業開始について

(PR TIMES) 2017年04月18日(火)10時15分配信 PR TIMES

株式会社原田武夫国際戦略情報研究所(IISIA)は4月17日より公立大学法人国際教養大学(所在地:秋田県秋田市)にて開催される学生向けセミナーに対する協力事業を開始致しました。
 具体的には4月17日から9月25日までの間、弊研究所は「グローバル・アントレプレナーシップの世界を知る 〜世界に通用する起業家になるために何を学ぶべきか〜」と題し、グローバル社会とアントレプレナーシップについて実践的見地を踏まえながら6回にわたる連続講義を実施致します。なお本講座は同大学所属学生による「起業家サークル」が主催するものであり、同大学当局のバックアップにより開催されるものです。

 弊研究所はこれまで社会貢献事業として学生に対する「情報リテラシー」教育を設立以来一貫して行ってきた実績を有しております。その際と同様、本協力事業に係る費用の一切は弊研究所主催の会員制サーヴィス「原田武夫ゲマインシャフト」により得た収益の一部により賄わさせて頂いております。

 本件講座は全部で6回を予定しており、今後、5月15日(月)、6月19日(月)、6月21日(水)、8月28日(月)、9月25日(月)に同大学キャンパス内講義室にて実施して行く予定です。

[画像: https://prtimes.jp/i/451/14/resize/d451-14-221013-0.jpg ]


<ご参考/IISIA代表・プロフィール>
原田武夫 (はらだ・たけお)
株式会社原田武夫国際戦略情報研究所代表取締役 (CEO)。
1993年、東京大学法学部在学中に外交官試験に合格、外務省に入省。大臣官房総務課を経て、アジア大洋州局北東アジア課課長補佐として北朝鮮班長を務める。2005年3月、外務省を自主退職。「すべての日本人に“情報リテラシー"を!」という想いの下、情報リテラシー教育を多方面に展開するとともに、日本各地でセミナーを開催。毎日執筆するマーケットとそれを取り巻く国内外情勢の調査・分析レポートは2015年7月よりトムソン・ロイターでも配信されている。「サンクトペテルブルク国際経済フォーラム」等、多数の有名国際会議にパネリストとして招かれる。2015年より政府間会合であるG20を支えるグローバル・ビジネス・リーダーの会議体「B20」メンバー。2017年からは国際商業委員会(ICC)メンバーも務めている。著書に『騙すアメリカ 騙される日本』 (ちくま新書)、『アメリカ秘密公電漏洩事件――ウィキリークスという対日最終戦争』(講談社)、『世界史を動かす日本: これからの5年を迎えるために本当に知るべきこと』(徳間書店)など。また、本年6月に初の英語書籍である『PAX JAPONICA-The Resurrection of Japan-』を英国ロンドンより刊行予定。その他、日独で著書・翻訳書多数。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る