• トップ
  • リリース
  • 京都大学との共同研究論文が科学誌『Biomaterials(バイオマテリアルズ)』に掲載

プレスリリース

  • 記事画像1

京都大学との共同研究論文が科学誌『Biomaterials(バイオマテリアルズ)』に掲載

(PR TIMES) 2017年02月10日(金)09時31分配信 PR TIMES


 国立学校法人京都大学(京都市左京区、総長:山極壽一)物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)の陳勇(チェン・ヨン)特定拠点教授、亀井謙一郎(かめい・けんいちろう)iCeMS特定准教授、劉莉(リュウ・リ)特定拠点助教らの研究グループとグンゼ株式会社(本社:大阪市北区、社長:児玉 和)は共同で、ヒトES/iPS細胞の大量培養を可能にする、「布」を足場とした細胞培養基材の開発に、世界で初めて成功しました。これは、従来とは全く異なる培養方法で、今後、再生医療などにおいてヒトES/iPS細胞が実用化される際に、十分な細胞数を獲得するための重要な技術となることが期待されます。
[画像: https://prtimes.jp/i/23550/13/resize/d23550-13-562507-0.jpg ]


 本研究成果は、2017年2月8日にオランダの科学誌『Biomaterials(バイオマテリアルズ)』に掲載されました。  

詳しい研究内容につきましては以下をご参照ください。

<京都大学ホームページ>
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/170208_3.html

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る