プレスリリース

株式会社朝日学生新聞社

小学生が考える2016年の漢字は「選」

(PR TIMES) 2016年12月09日(金)12時21分配信 PR TIMES

朝日小学生新聞の読者リポーター132人が回答

 株式会社朝日学生新聞社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:脇阪嘉明)が発行する「朝日小学生新聞」の読者リポーターに、2016年を象徴する漢字についてアンケートを実施しました。一番多かったのは「選」でした。
 朝日小学生新聞の読者リポーターは「朝小リポーター」の名称で活動する小学生です。海外を含め、約520人が登録しています(2016年12月現在)。身近な話題の寄稿、編集部から投げかけるテーマへの意見投稿やアンケートへの回答、大人の記者との取材などで、年間を通し、紙面づくりに参加しています。

 日本漢字能力検定協会による「今年の漢字」の発表(2016年は12月12日予定)に先立ち、朝小リポーターにアンケートを実施。132人から回答があり、81の漢字が寄せられました。

 1〜5位の漢字と選んだ理由は以下のとおりです。詳細は12月9日付の朝日小学生新聞に掲載しました。

1位 「選」(10票)
 ヨーロッパ連合(EU)離脱を問うイギリスの住民投票、参議院議員選挙、東京都知事選挙、アメリカ大統領選挙など、大きな選挙があった年。日本では選挙権年齢が18歳に引き下げられた。「私たちの未来を決める大きな選択の年だった」(東京・小3)

2位 「変」(7票)
 都知事やアメリカ大統領が「かわった(かわる)」とした「変化」が主な理由。地震による地殻変動、東京オリンピックの会場の変更問題などもあった。

3位 「輪」(6票)
 リオ・オリンピック(五輪)が開催された。2020年の東京五輪に向けて期待の高まった年でもある。

4位 「震」(5票)
 4月の熊本地震、10月の鳥取中部の地震、11月の福島県沖の地震など、今年も地震が多発。アメリカ大統領選でのトランプ氏の勝利など「世界を震わすようなことがあった」(大阪・小3)という意見も。

5位 「新」(4票)
 東京都やアメリカでトップが新たに選ばれた。

5位 「驚」(4票)
 トランプ氏の勝利に驚いた。

【朝日小学生新聞】
 朝日学生新聞社が発行する日刊紙で、2017年4月に創刊50年を迎える。購読料は月ぎめ1769円(税込み)。海外在住者のための電子版もある。朝小リポーターは読者になれば誰でも応募できる。 http://www.asagaku.com/ 

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る