• トップ
  • リリース
  • テラドローン、GPS内蔵対空標識の提供開始 〜現場でのTS測量不要で、大幅な時間・コスト短縮へ〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

テラドローン株式会社

テラドローン、GPS内蔵対空標識の提供開始 〜現場でのTS測量不要で、大幅な時間・コスト短縮へ〜

(PR TIMES) 2017年02月22日(水)15時37分配信 PR TIMES

国内外でドローン(UAV)測量事業を展開するテラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:徳重 徹/以下、テラドローン)は、平成29年2月22日、オーストラリアのPropeller Aerobotics社と業務提携し、GPSモジュール内蔵の対空標識であるAeroPointの販売、及びこれを用いた測量サービスを開始いたしました。これにより、従来の写真測量時に必須であった対空ターゲットの測量が不要となり、現場での作業時間が大幅に短縮されます。

※対空標識とは、撮影された空中写真と地上との関係を明らかにするため、撮影の前に座標値を測定の上、空中写真に写るよう設置する標識のこと。
[画像1: https://prtimes.jp/i/20194/13/resize/d20194-13-262588-1.jpg ]



テラドローンは、平成29年2月、GPSモジュール搭載の対空標識であるAeroPoint の販売とそれを用いた測量サービスを開始いたしました。
従来のUAV写真測量では、多数の対空標識測量のため、高価な機材や、熟練の計測技術を要していました。
このたび当社の提供するAeroPointは、標識を設置するだけで電子基準点から自動的に高精度な位置座標を取得し、現場作業において大きな割合を占めている対空標識の設置測量にかかる時間を大幅に削減します。

AeroPointには以下の特徴があります。
● 相対精度1cm以下、絶対精度2cm以下を実現
● インターネット環境不要で、ご指定の端末に計測座標をアップロード可能
● ワンタッチで座標の取得及び、データの送信が可能
● 優れた耐久性:完全防水、太陽電池モジュールによる発電に対応

ご購入のご相談・お見積、その他各種お問い合わせは、下記担当者塩川(03-6419-7193)まで、お気軽にお問い合わせください。


[画像2: https://prtimes.jp/i/20194/13/resize/d20194-13-484866-0.jpg ]



■テラドローン株式会社

国内外にてドローンを用いたレーザー・写真測量を行い、高精度3次元図面を短時間で作成、土量管理、工事の進捗管理に役立つサービスを提供。同業を300回以上行い、大手ゼネコン・建機メーカーからも受注した実績を持つ。またドローン運行管理システム(UTM)事業にも参入。グループ会社はアジアで電動二輪、三輪を製造、販売し、海外売上比率85%、年間3万台を売り上げるテラモーターズ株式会社。


■本件に関する問い合わせ

問い合わせ窓口:東京本社 担当 塩川 巧

電話番号:03-6419-7193

メールアドレス:info.jp@terra-drone.co.jp

オフィス所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目53-67 コスモス青山SOUTH棟3階



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る