• トップ
  • リリース
  • GROUND株式会社、ニトリグループと物流ロボット「Butler(R)(バトラー)」の国内初の納入契約を締結

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

GROUND株式会社、ニトリグループと物流ロボット「Butler(R)(バトラー)」の国内初の納入契約を締結

(PR TIMES) 2017年01月25日(水)10時11分配信 PR TIMES

GROUND株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:宮田啓友、以下GROUND)は、GreyOrange(グレイオレンジ)社との提携に基づいて販売およびシステムインテグレーションを行っている物流ロボット「Butler(R)(バトラー)」の国内第一号プロジェクトとして、家具・インテリア製造小売業大手の株式会社ニトリホールディングス様との間で納入に関する正式契約を締結しました。本契約に基づき、GROUNDはニトリグループの物流会社である株式会社ホームロジスティクス様が運営する西日本通販発送センター(大阪府茨木市)に対して今秋までに約80台のButlerロボットを全面導入し、センター内の省人化を実現するとともに、同社による物流業務のロボット化推進を支援します。
■Butler写真
[画像: https://prtimes.jp/i/19139/13/resize/d19139-13-603458-0.jpg ]

   Butlerは、GROUND株式会社の登録商標または商標です。

 「Butler」は、物流センターの床面を移動するロボットが可搬式の棚の下に潜り込み、作業者の元に棚ごと商品を届けることで、センター内の省人化を実現する画期的な物流ロボットシステムです。「Butler」はロボット本体に加えて、専用の可搬式棚(MSU)、ピッキングおよび棚入れを行うためのワークステーション(PPS)、ロボットが自律的に充電を行うオートチャージャー(ACDS)、システム全体を制御するソフトウェア(WCS)の5点で構成されています。「Butler」導入後の物流センターでは、商品の棚入れ・ピッキング作業工程において、従来型の作業方法に比較して大幅な省力化を実現します。

 GROUNDは、新たな物流ロボットテクノロジーによって、我が国における労働生産人口の急減により慢性的な労働力不足に直面している物流現場の問題が根本から解決されることを期待しております。GROUNDは、”Intelligent Logistics”の創造を通して、日本の物流現場の未来を支えて参ります。

【GROUND株式会社について】

GROUNDは、”Intelligent Logistics”の創造を目指して、世界最先端のテクノロジー(LogiTech)に基づく革新的ソリューションによって創り上げられるクラウド型物流プラットフォームの提供を行う企業です。代表の宮田を始めとする経営陣は、インターネット・Eコマース業界において豊富な経験を持ち、物流オペレーションの合理化に寄与する国内外のテクノロジーに関して幅広い知識を有しております。これらの経験・知識を背景に、複雑かつ高度な物流オペレーションの実現が求められる企業に対して、ハードウェア及びソフトウェアの両面で最適なソリューションを提供しております。

社名: GROUND株式会社
事業概要:  LogiTechによる”Intelligent Logistics”創造事業
設立:  2015年4月
所在地: 東京都江東区青海二丁目7-4 3F
代表者:  代表取締役社長 宮田啓友
資本金:  3.4億円(2016年6月30日現在)
URL:  http://www.groundinc.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る