• トップ
  • リリース
  • 水素水市場の拡大に伴い生産体制および研究開発を強化 高知県トリムイオン製造工場を拡充

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社日本トリム

水素水市場の拡大に伴い生産体制および研究開発を強化 高知県トリムイオン製造工場を拡充

(PR TIMES) 2016年02月08日(月)12時30分配信 PR TIMES

高知営業所は高知市に2月15日より移転

 整水器シェアNo.1の株式会社日本トリム(本社:大阪市、代表取締役社長:森澤紳勝)は、国内水素水市場の著しい成長と業績好調を背景に、高知県南国市にある自社製造工場(株)トリムエレクトリックマシナリーの生産および研究開発体制をさらに強化いたします。それに伴い、工場敷地内にあった高知営業所を高知市内に移転いたします。
[画像1: http://prtimes.jp/i/13898/13/resize/d13898-13-414971-1.jpg ]

高知県自社工場 (株)トリムエレクトリックマシナリー


 現在、国内における「水素水」の認知度は50%を超え(日本トリム2015年12月17日発表「水素水の実態調査」より)、水素水を取り巻くマーケットは年々拡大傾向にあります。このような環境の下、当社でも今年度第3四半期(2015年4月〜12月)の販売台数、売上高が過去最高を記録し、本年に入りましても引き続き好調に進捗しております。今後ますます成長が予測される市場の変化に対応出来る様、この度(株)トリムエレクトリックマシナリーの生産体制を増強いたします。電解水素水整水器の生産・開発拠点としての機能をさらに向上させ、独自技術の開発力アップと品質管理の徹底によりお客様の満足度向上を目指して参ります。


高知営業所移転先住所
営業開始日:2016年2月15日(月)
新 住 所:高知県高知市本町4丁目1番16号 高知電気ビル8階
電 話:088-856-6220
F A X:088-856-6221

(株)トリムエレクトリックマシナリー(製造工場)
住 所:高知県南国市蛍が丘1-5-2
電 話:088-804-8510
F A X:088-804-8508


【製造工場沿革】
 1982年に設立された当社は、1990年に高知県土佐清水市に自社工場を設立し、医療機器メーカーとして安全はもちろんのこと、より高品質な製品の開発、製造に取り組んでまいりました。1996年に工場を(株)トリムエレクトリックマシナリーとして独立させ、2002年には同県南国市に移転し、2013年には事業拡大に伴い工場を増設し、現在に至ります。

[画像2: http://prtimes.jp/i/13898/13/resize/d13898-13-314320-4.jpg ]



■日本トリムの電解水素水整水器とは
 電解水素水整水器(※1)は、胃腸症状の改善に効果のある家庭用管理医療機器として認証されています。蛇口に設置してできたての電解水素水を飲む事ができます。また、水素水500mlで約3円(※2)というコストで継続的に効率よく水素水を摂取することができます。

(※1)電解水素水整水器とは、水道水に含まれる塩素や鉛などの不純物を浄水フィルターに通して除去し、その水をさらに電気分解した、抗酸化性のある水素を豊富に含んだアルカリ性の水を生成する器械です
(※2)トリムイオンHYPERを使用し、1日21リットルを5年使用した時の500mlあたりの単価 (カートリッジ・電気代・水道代含む)



■電解水素水の農業への応用
[画像3: http://prtimes.jp/i/13898/13/resize/d13898-13-198404-2.jpg ]

 電解水素水を農作物に使用すると、野菜に含有する抗酸化成分の増加や収穫量増加が期待できます。当社が独自開発した還元野菜整水器によって生成される電解水素水を使って育てた野菜の新ブランドが「還元野菜(R)」です。野菜に必要不可欠な“水”に焦点を当て、育てられた安心安全で高品質な国産野菜を普及すべく、還元野菜としてブランド展開しています。


■電解水素水の医療分野への応用
[画像4: http://prtimes.jp/i/13898/13/resize/d13898-13-623718-3.jpg ]

 電解水素水の技術を「血液透析」へ応用しています。既に東北大学医学部及び台湾大学医学部等との共同研究により、着実に成果を上げています。この「電解水透析(R)」の実用化に向けた研究開発は従来の血液透析に革新的なインパクトを与え、患者の方々のQOL(生活の質)へ貢献が大きく期待できる社会的意義と将来性が高い事業です。



■日本トリムとは
 日本トリムは、電解水素水整水器販売を主軸とした事業を展開し、これまでに85万台を超える販売実績があります。水が持つ機能に世界に先駆けて着目し、現在も国内外の研究機関との産学共同研究によりその可能性を追求しています。電解水素水の利用は飲用にとどまらず、血液透析へ応用した『電解水透析』や、農作物の灌水・散布に利用した『還元野菜』の栽培など、医療分野や農業分野、工業分野での様々な応用を実現し、電解水素水をベースに世界へ挑戦するオンリーワン企業を目指します。

■会社名/株式会社日本トリム
□設立年月日/1982年(昭和57年)6月12日
□代表取締役/森澤 紳勝 (もりさわ しんかつ)
□資本金/992,597,306円
□従業員数/463名(関連会社等を含む)
□企業ホームページ/http://www.nihon-trim.co.jp/




プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る