• トップ
  • リリース
  • 2年に一度開催される土と炎の芸術「第24回 日本陶芸展」

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社 大丸松坂屋百貨店

2年に一度開催される土と炎の芸術「第24回 日本陶芸展」

(PR TIMES) 2017年04月07日(金)11時11分配信 PR TIMES

4月19日(水)〜23日(日) 大丸心斎橋店北館14階イベントホール<有料>

2年に一度開催される「日本陶芸展」は、今回で24回目を迎えます。応募点数は日本最大規模。会派や流儀にとらわれない自由な公募展です。日本の伝統文化を体現した逸品から、無限の発想が生み出す自由な造形、そして日々のライフスタイルに新風を吹き込む和・洋の食器まで、あらゆるジャンルの作風が全国から集まります。審査員はこの道「第一線」の研究者や評論家で構成され、公正で客観的な審査により「実力日本一」の作家を選びます。本展では、人間国宝を含む巨匠らに制作依頼した招待作品をあわせ、計約150点を展示します。

[画像: https://prtimes.jp/i/25003/12/resize/d25003-12-432241-0.jpg ]

日本陶芸展は1971(昭和46)年にスタートしました。以来、2年に1度のビエンナーレ方式で開催し、
今年で第24回を迎えます。会派や流儀にとらわれない自由な公募展で、応募点数は日本最大規模。
審査員はこの道「第一線」の研究者や評論家で構成します。公正で客観的な審査により、「実力日本一」の
作家を選びます。日本の伝統文化を体現した逸品から、無限の発想が生み出す自由な造形、そして、日々の
ライフスタイルに新風を吹き込む和・洋の食器まで、あらゆるジャンルの作品が全国から集まりました。
有望作家の「技と美」をご堪能ください。
展覧作品は、グランプリの大賞・桂宮賜杯、準大賞・日本陶芸展賞、文部科学大臣賞、毎日新聞社賞、茨城
県陶芸美術館賞、TOTO賞をはじめとした入賞・入選作と、人間国宝を含む巨匠らに制作依頼した招待作
品をあわせ、計150点の予定です。

入場時間=午前10時→午後8時(午後8時30分閉場) ※最終日は午後5時30分まで(午後6時閉場)
入 場 料=一般800円/大高生600円/中学生以下無料

【ギャラリートーク開催】
4月19日(水)午後2時 出川哲朗・大阪市立東洋陶磁美術館長
※会場内イベントにつき、展覧会入場券が必要です。予約不要。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る