• トップ
  • リリース
  • 米国ワシントン州ペインフィールド空港と中部国際空港セントレアの連携について

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

中部国際空港株式会社

米国ワシントン州ペインフィールド空港と中部国際空港セントレアの連携について

(PR TIMES) 2017年04月14日(金)16時05分配信 PR TIMES

空港関係強化に向け覚書を締結

4月14日(金)中部国際空港セントレアは、米国ペインフィールド空港を運営するワシントン州スノホミッシュ・カウンティ郡との間で、空港運営等に関する協力覚書を締結しました。
4月14日(金)中部国際空港セントレアは、米国ペインフィールド空港を運営するワシントン州スノホミッシュ郡との間で、空港運営等に関する協力覚書を締結しました

[画像1: https://prtimes.jp/i/24522/12/resize/d24522-12-943389-6.jpg ]

米国ペインフィールド空港(空港コード:PAE)は、ボーイング787型機「ドリームライナー」の生産拠点であるエバレット工場に隣接し、セントレアがある中部地域で生産された787型機の主要部位を搭載し、セントレアから出発する専用貨物機「ドリームリフター」の目的地のひとつとなっているほか、2015年7月にボーイングよりセントレアへ寄贈された787の試験初号機「ZA001」が、2009年に初めて飛び立った空港としても知られています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/24522/12/resize/d24522-12-938954-0.jpg ]


今回の連携は、「FLIGHT OF DREAMS」の商業施設整備における強力なパートナーであるシアトル市をはじめとする関係団体や在シアトル日本国総領事館ご助力によって実現したもので、今後、両空港及び両地域の発展のために有益となる協力関係をさらに進展させて参ります。


[画像3: https://prtimes.jp/i/24522/12/resize/d24522-12-642547-1.jpg ]


「FLIGHT OF DREAMS」はボーイング787型機の試験初号機「ZA001」の屋内展示をメインとした複合商業施設を2018年夏にオープンする予定です。当プロジェクトに対し、ボーイング発祥の地であるシアトル市が、商業エリアの空間演出およびシアトル由来のテナント出店等に関するパートナーとしての支援を表明しています。



締結内容について
・ 名称: 協力関係強化のための覚書
・ 締結者:中部国際空港株式会社とスノホミッシュ郡 ペインフィールド空港
・ 内容: 空港運営等に関する情報交換および意見交換 / 両空港の事業に対する相互支援
・ 締結日:2017年4月14日付



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る