• トップ
  • リリース
  • リソル生命の森株式会社 「健康経営優良法人(ホワイト500)」に認定!〜 経済産業省・日本健康会議主催 〜

プレスリリース

  • 記事画像1

リソルホールディングス株式会社

リソル生命の森株式会社 「健康経営優良法人(ホワイト500)」に認定!〜 経済産業省・日本健康会議主催 〜

(PR TIMES) 2017年02月21日(火)16時52分配信 PR TIMES


[画像: https://prtimes.jp/i/23271/12/resize/d23271-12-352637-0.jpg ]



この度、リソルグループ(本社・東京都新宿区)のリソル生命の森株式会社(千葉県長柄町)が、経済産業省・日本健康会議が主催する「健康経営優良法人(ホワイト500)」に認定されました。

リソルグループは、コーポレートスローガン「あなたのオフを、もっとスマイルに。」と、長期方針である 「人にやさしい」 「社会にやさしい」 「地球にやさしい」 を実現することで、お客様のスマイルにつながる様々なサービスを提供しています。同時に、従業員自身においても「スマイル」「やさしい」の実践を心がけ、心身ともに健康で幸せな毎日が過ごせるよう、グループ全体で健康経営に取り組んでいます。

■「健康経営優良法人(ホワイト500)」とは
日本健康会議と共同で、上場企業に限らず大規模法人のうち保険者と連携して優良な健康経営を実践している法人について、2020年までに500社を認定する新しい制度で、健康経営の推進をめざす企業に対し、「経営理念・方針」や「組織体制」「制度・施策実行」「評価改善」などの調査・分析を実施し、特に優良と評価された法人に対し認定されます。

【リソル生命の森の取り組み】
CCRC事業構想を持つリソル生命の森には栄養士、健康運動指導士が常に従事。また、併設クリニックのスポーツドクターや管理栄養士等の力を借りながら、従業員の健康保持・増進に対する全社方針を明文化し、健康管理について積極的に取り組んでいます。

<具体的例>
●体力測定の実施(体力レベル、体力年齢を教示)
(低体力者には生活習慣を改めるよう啓蒙し、疾病発生を防ぐきっかけとする)
●宿泊型新保健指導<スマート・ライフ・ステイ>プログラムの導入
(糖尿病予備軍を対象とし、宿泊型の保健指導を実施)
●従業員食堂メニューの改善
●運動施設の設置・利用
●喫煙率低下を目指した従業員の禁煙支援
(クリニックでの禁煙外来の費用を会社が一部負担)

※健康経営は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

<この資料に関する問い合わせ先>

リソルホールディングス株式会社(RESOLグループ)
広報担当/高橋・永田・元村TEL:03(3342)0331(直通) 
E-mail : press@resol.jp URL : https ://www.resol.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る