• トップ
  • リリース
  • 東京都TEAM BEYOND×WOWOW共同プロジェクト 大学連携プロジェクト「PARA-SPORTS ACADEMY」開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

「TEAM BEYOND」PR事務局

東京都TEAM BEYOND×WOWOW共同プロジェクト 大学連携プロジェクト「PARA-SPORTS ACADEMY」開始

(PR TIMES) 2017年05月24日(水)14時55分配信 PR TIMES

世界のパラリンピアンに迫るIPCとWOWOWの共同制作ドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」を題材に早稲田・立教大学などで特別授業を開催

東京都の「TEAM BEYOND -TOKYOパラスポーツプロジェクト-」と株式会社WOWOW(以下「WOWOW」)は、パラスポーツ普及のための取り組みとして、共同プロジェクトを立ち上げ、その一環として首都圏の大学と連携し、特別授業などを通じて学生に対してパラアスリートやパラスポーツの魅力を発信していくことをお知らせします。特別授業では、WOWOWが制作するパラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」の映像素材を題材として活用します。
TEAM BEYOND は2016年度からスタートし、パラスポーツ体験会や特別イベントなど、パラスポーツ普及のために様々な取り組みを展開してきました。パラスポーツの価値をさらに広く伝えていくため、この度、世界中のパラアスリートとのネットワークのあるWOWOWと協力することで、大学での特別授業などの年間を通じた実施が実現しました。特別授業では、東京でオリンピック・パラリンピック競技大会を開催する意義やパラスポーツに対する理解促進のための東京都の取り組みに加えて、「WHO I AM」を題材として、映像やパラアスリートへの取材経験談などの生の声を伝えることで、輝きを放つパラアスリートやパラスポーツと関わる人々の魅力を学生に伝えていきます。
本プロジェクトによって、学生がパラスポーツの魅力を発見し、普及の担い手になることを目指します。

【特別授業実施予定】

第1回:早稲田大学
日時:5月25日(木) 10:40〜12:10
授業科目:「国際開発援助 理論と実践」
テーマ:「パラスポーツと開発・平和」

第2回:立教大学
日時:6月23日(金) 10:45〜12:15
授業科目:「2020年パラリンピック支援を考える」
テーマ:「パラリンピックを契機とした障害者スポーツ支援」(仮)

※上記以外に、首都圏の大学を中心に、数回の特別授業やセミナーを実施予定です。


■TEAM BEYOND -TOKYOパラスポーツプロジェクト-とは
[画像1: https://prtimes.jp/i/22573/12/resize/d22573-12-164717-0.jpg ]

TEAM BEYONDは、パラスポーツを通じて、みんなが個性を発揮できる未来を目指す東京都の主導するチームです。2020年とその先を見据えて都民・国民の障害者スポーツに対する関心を高めるため、2016年度にスタートしました。アスリートだけでなく、スポーツをする人、観る人、支える人、さらには、企業・団体など、あらゆるジャンルを超えて、メンバーが集まり、一つのチームとなって活動を展開していきます。ウェブサイトからメンバー登録をしていただいた方には、大会観戦の案内をはじめとする様々な情報をお届けするとともに、登録者の皆様には一つの「チーム」となって、パラスポーツを盛り上げていただきます。
TEAM BEYONDサイト:https://www.para-sports.tokyo/


■IPC×WOWOWパラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」について
[画像2: https://prtimes.jp/i/22573/12/resize/d22573-12-446525-1.jpg ]

WOWOWと国際パラリンピック委員会(IPC)が共同で立ち上げた大型ドキュメンタリーシリーズ。パラリンピック・リオ大会が開催された2016年から、東京大会が開催される2020年まで5年にわたり、世界最高峰のパラアスリートに迫る。幕明けとなった2016年は、ダニエル・ディアス(ブラジル/水泳)、タティアナ・マクファデン(アメリカ/陸上)、サフェト・アリバシッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ/シッティングバレーボール)、エリー・コール(オーストラリア/水泳)、ザーラ・ネマティ(イラン/アーチェリー)、リカルディーニョ(ブラジル/ブラインドサッカー)、マールー・ファン・ライン(オランダ/陸上)、国枝慎吾(日本/車いすテニス)と、パラリンピックメダリスト8人が登場した。勝負の世界でも人生においても自信に満ちあふれる彼らが放つ「これが自分だ!」という輝きは、見る者を強烈に引き付ける。彼らが持つ物語と、運命のリオまでの軌跡を描く。
番組タイトルでもある「WHOIAM」=「これが自分だ!」というメッセージを体現するような世界のトップパラリンピアンの個性を描く本番組のテーマ・フィロソフィのもと、パラスポーツの普及はもちろん、多様性のある社会で誰もが個性を発揮できる未来につながる教育的貢献への思いから本取り組みに協力。今後も世界中のパラアスリートとのネットワークと共に協力することで、TEAM BEYONDとともに意義あるプロジェクトを進めていきます。

■2016年シリーズ全8回
*すべて、WOWOWメンバーズオンデマンドでも配信中
*公式ツイッター&インスタグラム:@WOWOWParalympic



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る