• トップ
  • リリース
  • ネットプロテクションズ、2017年4月より藤沢久美氏をアドバイザリーボードに招聘

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社ネットプロテクションズ

ネットプロテクションズ、2017年4月より藤沢久美氏をアドバイザリーボードに招聘

(PR TIMES) 2017年04月17日(月)15時24分配信 PR TIMES


[画像1: https://prtimes.jp/i/22451/12/resize/d22451-12-580418-0.jpg ]


 日本初の未回収リスク保証型後払い決済サービスを提供する株式会社ネットプロテクションズ(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:柴田 紳、以下当社)は、4月より、アドバイザリーボードにシンクタンク・ソフィアバンク(所在地:東京都千代田区、以下ソフィアバンク)代表の藤沢久美氏を迎えましたことをご案内します。

 当社は2002年より、日本で初めて未回収リスク保証型の後払い決済サービス「NP後払い」の提供を開始し、前年比約140%のスピードで成長を続け、現在では累計利用者数が1億人を突破するまで成長するに至りました。2014年より、同サービスにより培った与信ノウハウとオペレーション力を企業間取引向けに展開した「NP掛け払い」の本格販売を開始し、前年比約170%のスピードで成長を続けています。

 また組織面では、個人の志を尊重した働き方を積極的に推進してきました。例えば、中期経営計画の策定や新卒採用など、全社に影響を及ぼす重要な意思決定を、部署・役職に関係なく募った有志メンバーで取り組む制度(ワーキング・グループ制度)を取り入れ、会社の未来を共に描く機会を提供しています。このように従業員が自身の志に従って能力を発揮し、その過程で成長することができる環境作りに力を入れることで、直近3年間に入社した新卒40名の離職率はゼロ、GPTW「働きがいのある会社」ランキングでは5年連続受賞を成し遂げています。

 この度、藤沢久美氏にこのような当社事業の可能性と組織作りに関する考え方にご共感をいただき、これらをさらに推進し、事業運営・組織作りに反映させるべく、アドバイザリーボードにご参画頂けることになりました。藤沢久美氏は、投資運用会社を経て96年に投資信託評価会社を起業し、同社を売却後にシンクタンク、ソフィアバンクの設立に参画しました。07年に参加したダボス会議では「ヤング・グローバル・リーダー」に選出され、その後も官民を問わず様々な役職を兼務し、国内外の多くのリーダーとの交流も密にする、日本におけるグローバルリーダーの一人です。

 藤沢久美氏はこの度のアドバイザリーボード就任に関して「ネットプロテクションズの『個人の幸福が会社全体、ひいては社会全体の活力につながる』という理念と、それを体現する組織作りに共感し、この度ご一緒することになりました。同社は秀逸なビジネスモデルと秀逸な組織風土が備わっています。これを基盤として、21世紀の新しいロールモデルをつくれることを楽しみにしております」とコメントしております。

 柴田 紳は「当社の理念に共感いただき、大変うれしく思います。藤沢久美氏の広く豊富な経験から知見をいただきながら、これまで以上に事業・組織の両面を強力に推進していく所存です。」と述べております。

 当社は「人が成長し、人が自身の志に従って最大限能力を発揮できる社会づくり」に挑戦しています。諸課題に対する藤沢久美氏の知見・見識に基づく助言・提言を受けながら、今後もこれに真摯にチャレンジしてまいります。

【藤沢久美氏 略歴】
藤沢氏は、国内外の投資運用会社勤務を経て、96年に日本初の投資信託評価会社を起業しました。99年、同社を世界的格付け会社スタンダード&プアーズに売却後は、2000年にシンクタンク・ソフィアバンクの設立に参画し、現在代表を務めています。
07年には、ダボス会議を主宰する世界経済フォーラムより「ヤング・グローバル・リーダー」に選出され、08年には、世界の課題を議論する「グローバル・アジェンダ・カウンシル」のメンバーにも選出されました。また、16年には、文部科学省を中心とした政府主催の官民プロジェクトの国際会議「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」の準備室リーダーとして、のべ7500人が集う会議を成功に導きました。政府各省の審議委員や日本証券業協会公益理事などの公職に加え、豊田通商など上場企業の社外取締役なども兼務しています。
また、国内外の多くのリーダーとの交流や対談の機会が多く、取材した企業だけでも1000社を超え、ネットラジオ「藤沢久美の社長Talk」のほか、書籍、雑誌、テレビ、各地での講演を通して、リーダーのあり方や社会の課題を考えるヒントも発信しています。近著は、『最高のリーダーは何もしない』(2016年2月)、『なぜ、川崎モデルは成功したのか?』など多数の著書を執筆しています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/22451/12/resize/d22451-12-351222-1.jpg ]

【株式会社ネットプロテクションズ概要】
・商号    :株式会社ネットプロテクションズ
・代表者   :代表取締役社長(CEO)柴田 紳
・URL    :http://corp.netprotections.com/
・主な事業内容:後払い決済サービス「NP後払い」の運営
        企業間決済サービス「NP掛け払い」の運営
        訪問サービス向け後払い決済サービス「NP後払いair」の運営
        会員制事業「フフルルポイント」の運営
・設立    :2000年1月
・資本金   :3億8千5百万円
・所在地   :〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目10-6 銀座ファーストビル4F



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る