プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

AIGジャパン・ホールディングス株式会社

AIGグループが、企業ボランティア・アワードを受賞

(PR TIMES) 2017年03月15日(水)16時29分配信 PR TIMES

AIGグループは、有志社員による「ディスアビリティ(障がい)・ワーキング・グループ」による障がいのある方への理解促進活動が評価され、東京ボランティア・市民活動センター主催“第2回企業ボランティア・アワード”を受賞し、3月1日に行われた「企業ボランティアの祭典2017」にて表彰を受けました。
“企業ボランティア・アワード”とは、東京ボランティア・市民活動センターが都内の企業で働いている人たちによる非営利団体でのボランティア活動を表彰し、広く社会に広報することによって、企業人のボランティア活動への参加や企業と非営利団体の協働を促進することを目的とした事業で、今回で2回目の開催となります。

この度のAIGグループの受賞は、同ワーキング・グループが取り組んできた活動のうち、特に知的障がいや発達障がいに関する社内外の理解を深める一連の活動が評価されたものです。


ボランティアを社内で募集し、障がい関係のPTA連合会と連携して都内の複数の特別支援学校でのイベント運営のサポートを実施
ボランティアを行う社員向け等に「障がい者理解講座」の開催
AIGグループが協賛するスペシャルオリンピックス日本主催のチャリティランニングイベント「エールラン」会場での障がい者理解啓発に向けた企業ブースの運営
AIGグループ全体で取り組んでいる、4月2日の「世界自閉症啓発デー」における全国各地での社内外での啓発活動の一部企画の運営


一連の活動は、障がいのある方や上司や周囲の社員が共に働きやすい環境を整え、生きがいを持って楽しく働ける会社にしたいという目標を掲げて展開してきたものです。

今回の受賞を受けて、AIGジャパン・ホールディングス株式会社の社長兼CEOのロバート・ノディンは、「AIGは多様な視点を尊重し、それを全国のあらゆる階層で受け入れています。当グループの障がいに関するワーキング・グループの奮闘は、多様性に対する我々のコミットメントの証であり、東京ボランティア・市民活動センターより表彰いただいた今回の非営利団体とのコラボレーションは、ダイバーシティへの理解をさらに深め、このコミットメントを継続していく基盤となるでしょう。」と述べています。

AIGグループでは、2012年から、性別、国籍、雇用形態、障がいのあるなしなどの「違い」から生まれる様々な経験を多様性として受け入れ、尊重しながら、最大限に活かす「ダイバーシティ&インクルージョン(多様性とその受容)」に取り組んでおり、経営陣を中心メンバーとするカウンシルを組織し、「ジェンダー」「ワークライフバランス」「障がい」「ジェネレーション」「LGBT」における取り組みを主に推進しています。このうち「障がい」のワーキング・グループの取り組みが今回の受賞につながりました。

<企業ボランティア・アワードの選考基準>
•社員が主体的に活動している。
•コミュニティや非営利団体のニーズに対応している。
•企業で働いている人たちが参加しやすい。
•企業のリソースや社員のビジネス・スキルやネットワーク等が活用されている。
•クリエイティブである(工夫やアイデアがある)。

<授賞式と関連活動の様子>

[画像1: https://prtimes.jp/i/20772/12/resize/d20772-12-859084-0.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/20772/12/resize/d20772-12-476851-2.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/20772/12/resize/d20772-12-425683-1.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/20772/12/resize/d20772-12-430067-3.jpg ]


<本年の「世界自閉症啓発デー」に向けてのAIGグループの取り組みについて>
4月2日の「世界自閉症啓発デー」の日本全国各地で行われる啓発活動に、各地で働く有志社員ボランティアが協力する予定です。富山のオフィスビルのブルーライトアップ共催なども予定しています。社内でも自閉症や発達障がいに関するセミナーや、イントラネット等での情報発信を行い、社員への啓発活動を行います。2013年から開始したこの取り組みも今年で5年目を迎え、社内外での自閉症・発達障がいへの理解が着実に深まってきています。
昨年の活動報告は http://www-154.aig.com/content/dam/aig/apac/japan/documents/ja/news/2016/20160418ajh.pdf をご覧ください。

<AIGにおけるCSRとダイバーシティ&インクルージョン-考え方と取組み->
http://www-154.aig.com/csr-activities-sponsorship/csr-activities をご覧ください。

<AIGについて>
AIGグループは、世界の保険業界のリーダーであり、80以上の国や地域で顧客にサービスを提供しています。1919年に創業し、現在では、損害保険、生命保険、リタイヤメント商品およびその他の金融サービスを幅広く提供しています。AIGの商品・サービスを通じた多岐にわたるサポートは、法人および個人のお客様の資産を守り、リスクマネジメントおよび確かなリタイヤメント・セキュリティをお届けします。持株会社AIG, Inc.は、ニューヨークおよび東京の各証券取引所に上場しています。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る