プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

PayPal Pte. Ltd. 東京支店

ペイパルによる越境 EC グローバル調査 2016

(PR TIMES) 2017年03月22日(水)12時44分配信 PR TIMES

主要32ヶ国のEC市場は約160兆円、日本はアメリカ、中国に次いで3位


[画像1: https://prtimes.jp/i/19784/12/resize/d19784-12-160269-5.jpg ]

PayPal Pte. Ltd.(本社:シンガポール、東京支店カントリーマネージャー:曽根 崇、以下「ペイパル」)は、ペイパルと調査会社イプソスによる越境 EC グローバル調査のレポートを公開しました。この調査は、オンラインショッピングおよび越境 EC に関する消費者の行動と意識について、日本を含む世界 32か国の 約28,000 人の消費者を対象に実施されました。

EC市場の規模
2016年時点で主要32ヶ国のEC市場は約160兆円となっています(1ドル=110円換算)。国別の市場規模はアメリカ、中国、日本、イギリス、フランスという順番になり、上位2国で全体の約60%のシェアを占める結果となりました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/19784/12/resize/d19784-12-310081-3.jpg ]

2015年〜2018年の年平均成長率ではインドが最も高く38%となっています。今後はインターネット人口の増加やインフラ整備が整っていく中で、他国も大きく伸びていくと予想されます。

越境ECの規模
越境ECの規模(各国ユーザーがどれくらい越境で購入しているか)については以下となります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/19784/12/resize/d19784-12-296864-0.jpg ]

※日本はデータ不足により越境については対象から除外

越境ECに関してもアメリカ・中国が全体の約60%を占めています。規模だけで言うとまだ上位2国に及ばないところはありますが、ここでもインドが第3位となっています。

越境ECユーザーの実態
越境ECユーザーの実態(各国ユーザーがどの国から商品を購入しているのか?)ついては以下のようになりました。以下、中国の越境ユーザーが購入している国別のリストです。
[画像4: https://prtimes.jp/i/19784/12/resize/d19784-12-457489-1.jpg ]


日本が韓国と同率で第1位です。中国は訪日客による “爆買い”の印象がありますが、オンラインショッピングにおいても日本が1番となっています。その理由として「商品の品質(日本から購入した中国バイヤーの59%が回答)」「自国で買えないこと(59%)」「ショップへの信頼性(40%)」が上位にあがっています。一方、以下がアメリカの越境ユーザーが購入している先です。
[画像5: https://prtimes.jp/i/19784/12/resize/d19784-12-298588-4.jpg ]


アメリカからのユーザーから見て、日本は中国、イギリス、カナダについで第4位の購入先。日本に対する購入動機は「価格」と「新しい商品の発見」が上位になります。

越境ECによるオンラインショッピングの傾向
ユーザーの越境ECでのショッピングに対する考え方を聞いた結果が以下になります。
[画像6: https://prtimes.jp/i/19784/12/resize/d19784-12-672869-2.jpg ]


中国・アメリカの両ユーザーともに、グローバルプラットフォーム(例、AmazonやeBay)での購入を好んでいます(中国では72%、アメリカで75%が同意)。

グローバルの越境EC調査結果について
その他、グローバルの越境ECの調査結果はこちらのサイトにてご確認いただけます。(英語)
https://www.paypalobjects.com/digitalassets/c/website/marketing/global/shared/global/media-resources/documents/passport-citation.pdf

                                            〜以上〜

■ペイパルについて
ペイパルは 1998 年に設以来、おのやりとりをもっと由に、もっと安全にすることを目指し、貫してデジタル決済のイノベーションに努めてきたシリコンバレーのフィンテックカンパニーです。 ペイパルは、消費者に対して安・便利なネット、リアルそしてモバイルでのショッピングや個人間送(※1)を実現するデジタルウォレットサービスを提供する、ビジネスに対してはシンプルかつ低コストな決済ソリューションから、越境 EC・訪観光 EC、モバイル・アプリ、シェアリングエコノミー(C2C スキーム) 、 または次世代ショッピング&デジタルコマースまで対応できる幅広いプロダクトやサービスを提供しています。 現在では 200 以上の国と地域で、100 通貨以上での決済、56 通貨で銀座への(※2)、25 通貨(※3)での払いの受け取りが可能なネット決済のグローバルスタンダードとして、1 億 9,700 万人が世界中でペイパルを利しています。ペイパルは世界をリードするオープンデジタル決済プラットフォームとして、昨年約 61 億件の取引を決済し、うち 20 億件はモバイル決済でした。
ペイパルに関する詳細は about.paypal-corp.com をご参照ください。
また PYPL financial information については investor.paypal-corp.com をご参照ください。
ペイパルの本語サイトは www.paypal.jp となります。
(※1) 本では個人間送および個人の銀座からの払いには対応していません。
(※2) 本では銀への引き出しは、円のみです
(※3) 本では 22 の通貨に対応しています。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る