• トップ
  • リリース
  • 「働き方改革」の課題“女性の再就職”に一役か「ママ・赤ちゃん留学」利用者が昨年の4倍超に

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社留学情報館

「働き方改革」の課題“女性の再就職”に一役か「ママ・赤ちゃん留学」利用者が昨年の4倍超に

(PR TIMES) 2017年04月25日(火)10時47分配信 PR TIMES

育児休暇を利用し、母子ともに英語を学ぶ

株式会社留学情報館(東京都新宿区、代表:大塚庸平、以下留学情報館)が提供するサービス「ママ・赤ちゃん留学」の利用者が2017年に入り急増、4月時点で昨年比4倍に達しています。中でも目立つのは全体の75%を占める、「育児休暇中の利用」です。背景には「育児休暇をスキルアップ期間と捉えるママの意識の変化」、「早期英語教育熱の高まり」などがあると見られます。昨年より始まった「働き方改革実現会議」でも、女性の再就職に向けた「学び直し」の重要性が繰り返し言及されています。働き方改革が進むに連れ、赤ちゃん・ママ留学利用者が一層増加することも予想されます。
また留学先は、従来親子留学で人気のあったハワイを抑え、フィリピンのセブ島が1位となりました。1.フライト時間が短く、母子ともに負担が少ないこと、2.時差が1時間と小さく、日本の家族とも連絡が取りやすく安心であること、3.価格が安く抑えられること、4.生後6ヶ月から現地のインターナショナルスクールに通うことができ、育児休暇中でも利用しやすいことなどが理由と考えられます。

ママは徒歩圏内の英語学校、赤ちゃんはインターナショナルスクール。3泊4日の体験ツアーも。

「ママ・赤ちゃん留学」サービスは2016年5月からスタート。フィリピンのセブ島やハワイ、カナダなど海外へママと赤ちゃんが一緒に留学します。セブ島プログラムは、留学情報館が所有するコンドミニアムに滞在しながら、徒歩圏内の語学学校へ通学するプランが人気です。子供が小さい場合はイングリッシュスピーカーのベビーシッターさんに預けたり、現地のインターナショナルスクールへ通わせるなどの選択肢もあります。他の国と違い、生後6ヶ月から通えるインターナショナルスクールがあり、育児休暇中に利用できるのが特徴です。またセブ島は物価が安く、リゾート地としても開発されているため、週末は観光を楽しむこともできます。長期で留学するのが不安な人には、3泊4日の体験ツアーが用意されています。旅行気分で、パパも一緒にツアーに参加する家庭も多く見られます。


30代の育児休暇中の利用が多い。自立を目指すシングルマザー、祖父母からの支援も

利用者の中で目立つのが育児休暇中のママです。利用の目的は下記のようなものがありました。実際の申込者の声を紹介します。

1. 育児休暇中にスキルアップしたい

「シングルマザーなので給与を上げるスキルアップの手段として申し込みました。」(20代後半のお客様)

「ずっと英語がコンプレックス。小学校から習っていて好きだったけど、今はついていけない。あきらめていたところにママ留学を知った」(30代後半のお客様)

2. 「子供の教育のため」

「日本にいると豊かな生活しか知ることがない。フィリピンの途上国の生活にも触れさせることが、これからの人生にきっと役に立つ」(30代後半のお客様)

「父親は海外での仕事も多いが、英語で今も苦労している。子供にはその苦労をさせたくない」(30代後半のお客様)

3. 興味があった留学にチャレンジできる

「まさか子供ができてから留学できるなんて思ってもみなかった。このチャンスを逃したくない」(20代後半のお客様)

「30代半ばで二人目の育休中。少し余裕ができたので留学にチャレンジしたい」(30代前半のお客様)

また、セブ島を選ぶ理由としては、「ハワイはフライト時間が長く子供への負担が大きい。時差もあるため日本のパパともすぐに連絡が取れるセブ島が安心。」(30代前半のお客様)など、日本との距離の近さや、家族とのコミュニケーションのとりやすさが挙げられます。小さな子供を海外で生活させる、ということで、より日本に近いセブに方が、家族や両親の理解を得られやすいそうです。「孫のためにもなる」ということで、祖父母が積極的に資金援助をするケースもあります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/18704/12/resize/d18704-12-646544-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/18704/12/resize/d18704-12-139729-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/18704/12/resize/d18704-12-402917-2.jpg ]


赤ちゃん・ママ留学 今後の予定

5/7(日)新宿高島屋 リトルママフェスタに出展

5/21(日)ママ・赤ちゃん留学報告会&セミナー

6月初旬 第5回体験ツアー

7月初旬 第6回体験ツアー

9月   第7回体験ツアー(予定)


イベント・説明会・ツアーの取材はお問い合わせください。

場所:株式会社留学情報館 新宿オフィス

担当カウンセラー:近藤英恵
03-5332-7432 hana@ryugkau-johokan.com


会社概要

会社名:株式会社留学情報館(http://www.nes-ryugaku.com/

ママ・赤ちゃん留学(https://mama-ryugaku.com/) 画像集(https://goo.gl/LTt66s

所在地:東京都新宿区西新宿7-2-12松下産業ビル4F

代表:大塚庸平

創立:2010年6月1日

事業内容:留学あっせん事業、海外生活サポート、インターネットポータルサイトの運営、旅行業法に基づく旅行業他。手数料無料の留学サポート会社です。東京、大阪、ロサンゼルス、ニューヨーク、セブにオフィスを構え、アメリカでは最大規模の送客数を誇ります。また同社の運営するFacebookページは会員約11万人を数え、ほぼ毎日留学に役立つ情報を配信しています。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る