• トップ
  • リリース
  • テンプホールディングスとケリーサービス 合弁事業をアジア・パシフィック全域に拡大

プレスリリース

テンプホールディングス株式会社

テンプホールディングスとケリーサービス 合弁事業をアジア・パシフィック全域に拡大

(PR TIMES) 2016年04月08日(金)09時59分配信 PR TIMES

テンプホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:水田正道、東証1 部:2181、以下テンプホールディングス)とKelly Services, Inc.(本社:アメリカ/ミシガン州トロイ、最高経営責任者兼社長:カール・T・カムデン、ナスダック:KELYA、KELYB、以下ケリーサービス)は、本日、TS Kelly Workforce Solutions(2012年に設立)を統括会社として現在北アジアで展開する合弁事業をアジア・パシフィック全域に拡大し、シンガポールを本社とする新たな合弁事業「TS Kelly Asia Pacific」を開始することで合意致しました(*)。TS Kelly Asia Pacificはアジア・パシフィック地域において、最大規模の人材サービス会社となる見込みです。
●両社による合弁事業範囲をアジア・パシフィック全域に拡大します。
● 新しい合弁事業の名称は「TS Kelly Asia Pacific」とし、本社はシンガポールに設置します。
●当該合弁事業範囲の拡大により、両社はより成長を加速させ、グローバルマーケットでの競争力と存在感を高めていくことが可能になります。
●顧客に対しては、グローバルでワンストップな人材サービスの提供が可能となります。
●本取り組みに合わせ、両社の経営陣により構成される共同委員会を設け、更なる協業の可能性について検討を深めてまいります。


合弁事業の対象範囲を4つの国・地域から12の国・地域へ拡大することで、TS Kelly Asia Pacificは成長著しいアジア・パシフィック地域の人材サービス市場における主要プレイヤーの一角を成す存在となります。この新たな合弁事業(2016年6月末を目途に手続き完了予定)は、ケリーサービスの有するアジア・パシフィック全域での卓越した専門性・リソースと、テンプホールディングスの有する日系企業の顧客基盤及び国内・国外(シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナム)で培った人材サービスのノウハウ、更に2015年にテンプグループ入りしたベトナム最大級のローカル人材サービス会社First Alliances Co., Ltd.や、シンガポール・マレーシアで人材サービスを展開するCapita Pte. Ltd.を融合し、シナジーを創出していくことで、アジア・パシフィック地域で高い優位性を発揮してまいります。

当該合弁事業の株主構成は引き続きテンプホールディングスが51%、ケリーサービスが49%とし、CEO には現、北アジアの合弁事業(統括会社:TS Kelly Workforce Solutions)を担うCEO兼テンプホールディングスの執行役員、山崎高之が就任する予定です。

TS Kelly Asia Pacificは、ケリーサービスがこれまでリーディングカンパニーとして培ってきたアジア・パシフィック地域における高いブランド力と、テンプホールディングスの有する各国でのノウハウや顧客基盤を最大限活用していきます。なお、ケリーサービスのアウトソーシングおよびコンサルティンググループであるKellyOCGは今回の合弁事業の対象には含まれず、ケリーサービスが引き続き単独で事業運営していく予定です。

この新しい合弁事業の従業員数は約1,600名、事業展開地域は以下の国・地域となります。

中国 シンガポール インド
香港 マレーシア オーストラリア
台湾 タイ ニュージーランド
韓国 インドネシア ベトナム

■テンプホールディングス株式会社 代表取締役社長 水田正道 コメント
テンプホールディングスでは、これまでアジア地域を中心にグローバル事業を展開し、ノウハウや顧客基盤を構築してまいりました。この度、ケリーサービスと合弁事業の拡大を通じ、アジア・パシフィック地域における成長をさらに加速させ、テンプグループの優位性と存在感を高めてまいります。
また、ケリーサービスと長年培った企業文化や事業成長における価値観や良好な戦略的提携関係を進化させることで、シナジーを創出し、高いブランド力を有するHRソリューションパートナーを目指します。


■ケリーサービス 最高経営責任者兼社長 カール・T・カムデン コメント
TS Kelly Asia Pacificの設立は、急速に拡大するアジア・パシフィック市場でのプレゼンスを更に高めていきたいというケリーサービスとしての強いコミットメントを示していると同時に、同地域で事業展開する多国籍企業に対しアウトソーシングおよびコンサルティングサービスを提供するKellyOCG事業をより強化していきたいという戦略的意図を示すものとなっています。我々は引き続きアジア・パシフィック地域のグローバル顧客に対し、シームレスかつクロスボーダーな人材ソリューションを提供することで、最も信頼されるタレントマネジメントブランドになることを目指します。


2010年にテンプホールディングスとケリーサービスは、グローバルな人材サービス市場における両社の競争力を高めるため、戦略的業務提携を締結しました。また、2012年には両社の北アジア事業のプレゼンスを高めるために、最初の合弁事業であるTS Kelly Workforce Solutionsを設立しました。今回のTS Kelly Asia Pacificの設立により、両社は、アジア・パシフィック全域において人材サービスを活用する多国籍企業及び各国のローカル企業の最善のHRソリューションパートナーとなれる体制を整えたことになります。

さらにこの取り組みに合わせ、合弁事業の親会社となる両社は、両社の経営陣により構成される共同委員会を設立します。この共同委員会では、テクノロジーやマーケティング、サービス開発等の領域において、更なる協業の可能性を議論してまいります。


(*)現在ケリーサービスの100%子会社であるKelly Services (Singapore) Limited.を、アジア・パシフィック地域の統括会社として合弁会社化し、当該合弁会社の傘下に、当社の南アジア地域の子会社、既に合弁事業化している北アジア地域の子会社及びケリーサービスのシンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、インド、オーストラリア及びニュージーランドの子会社・事業を現物出資等により移転することを予定しております。その結果、当該地域全体にわたる合弁事業を形成し、「TS Kelly Asia Pacific」として運営してまいります。


<テンプホールディングスについて>
1973 年、テンプスタッフの創業以来、人材派遣、人材紹介、アウトソーシング、再就職支援など総合人材サービスを展開。アジアを代表する人材サービス企業を目指し、2008 年10 月、共同持株会社テンプホールディングスを設立し、東京証券取引所市場1 部に上場。2015年3月期の売上高4,010億円。
URL:http://www.temp-holdings.co.jp

<ケリーサービスについて>
ケリーサービス(本社:アメリカ/ミシガン州トロイ、最高経営責任者兼社長:カール・T・カムデン、ナスダック:KELYA、KELYB)は、雇用問題における解決策を提供するリーダーとして、人材派遣、紹介予定派遣、人材紹介、アウトソーシングやコンサルティングサービスなど幅広いサービスを実践する世界規模の人材サービス企業。世界中の企業にサービスを提供し、年間55 万人の雇用を創造しています。2015年度の売上高55 億US ドル。
URL:www.kellyservices.com

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る