プレスリリース

タ゛イキンと連携し製造業界へ初進出

(PR TIMES) 2016年06月28日(火)14時41分配信 PR TIMES

AIによる高度な業務改善・効率化をめさ゛し協業を開始

 テ゛ィーフ゜ラーニンク゛を活用し産業構造の変革をサホ゜ートする株式会社ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:岡田陽介、以下ABEJA(アヘ゛シ゛ャ))は、ク゛ローハ゛ルて゛空調事業を展開するタ゛イキン工業株式会社の技術開発拠点て゛あるテクノロシ゛ー・イノヘ゛ーションセンター(以下、タ゛イキンTIC)と、テ゛ィーフ゜ラーニンク゛を活用した協業を開始いたします。なお、本協業か゛、ABEJAにとって初となる製造業界て゛の取組となります。
ABEJAは、AIのフ゛レークスルー技術て゛あり、蓄積されたヒ゛ックテ゛ータから人間の手を介さす゛してそのテ゛ータを適切に表現する特徴を自動的に見つけ出す「テ゛ィーフ゜ラーニンク゛」を活用したサーヒ゛スを提供しています。これまて゛、テ゛ィーフ゜ラーニンク゛を活用し様々な情報を収集・解析・可視化するクラウト゛サーヒ゛ス「ABEJA Platform」を、小売・流通業界を中心に、国内の300店舗以上に導入頂き、店舗運営の改善に資するソリューションを提供してまいりました。

今回、初めて取り組む製造業界て゛は、開発、設計、製造、品質管理、販売、保守サーヒ゛スなと゛あらゆる業務過程て゛大量の情報か゛扱われています。ヒ゛ックテ゛ータの高精度な解析を得意とするテ゛ィーフ゜ラーニンク゛をIoTへの対応か゛進む製造業に応用することて゛、大幅な業務の改善・効率化か゛見込まれます。

タ゛イキンTICとの協業を通しABEJAは、テ゛ィーフ゜ラーニンク゛の製造業へ応用を図り、業務の改善・効率化に向けた研究・開発に取り組みます。

ABEJAは、テ゛ィーフ゜ラーニンク゛の活用により、多様な業界、シーンにおけるヒ゛シ゛ネスの効率化・自動化を促進し、産業構造の変革に貢献してまいります。

【株式会社ABEJAについて】
ABEJAは、蓄積されたヒ゛ックテ゛ータから、人間の手を介さす゛してそのテ゛ータを適切に表現する特徴を自動的に見つけ出す「特徴量抽出」の自動化を行う「テ゛ィーフ゜ラーニンク゛」を活用し、多様な業界、シーンにおけるヒ゛シ゛ネスの効率化・自動化を促進するヘ゛ンチャー企業て゛す。2012年の創業時より、国内のAI関連を専門とする大学教員陣と連携し、テ゛ィーフ゜ラーニンク゛技術なと゛の研究を行っており、提供するサーヒ゛スて゛用いられるテ゛ィーフ゜ラーニンク゛の技術は、すへ゛て自社て゛開発しています。現在は、小売・流通業界を中心にサーヒ゛スを展開し、株式会社三越伊勢丹ホールテ゛ィンク゛ス、株式会社ケ゛オ、株式会社シ゛ュンなと゛、国内大手小売企業を対象に約300店舗への導入実績か゛あります。

会社名:  株式会社 ABEJA
代表者:  代表取締役CEO 岡田 陽介
所在地:  東京都港区虎ノ門 4-1-20 田中山ヒ゛ル 10 階
事業内容: テ゛ィーフ゜ラーニンク゛を活用した産業構造変革のサホ゜ート
URL:  http://www.abeja.asia/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る