• トップ
  • リリース
  • 『2016年度ベスト眉ニスト』は北海道日本ハムファイターズ・大谷翔平さんとグローバルで活躍中のお笑い芸人・渡辺直美さんに決定!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

『2016年度ベスト眉ニスト』は北海道日本ハムファイターズ・大谷翔平さんとグローバルで活躍中のお笑い芸人・渡辺直美さんに決定!

(PR TIMES) 2016年12月07日(水)10時33分配信 PR TIMES

特別枠部門 眉美人は、マツコ・デラックスさん、りゅうちぇるさんがツートップに。眉をきれいにしたら美人だと思う芸人トップは、バブル時代の申し子平野ノラさんに!

2017年トレンド眉は「ナチュラル・エッジィ眉」
太眉の時代は終わり。芯の強い凛とした女性像を表現し
ナチュラルな眉をベースにエッジをきかせた存在感のある眉がトレンドに。

クレディアワールドワイド株式会社 アナスタシア事業部(本社:大阪市北区、代表取締役:岡部庸一)が展開する、アイブロウトリートメントサロン「アナスタシア」は、20代〜50代の男女1,000名を対象にインターネットによる『眉に関する意識調査』を2016年11月に実施しましたので、その結果を発表します。

【調査結果サマリー】
■2016年度ベスト眉ニストは、大谷翔平さん、渡辺直美さん!
男性は、今年10年ぶりにプロ野球で日本一に輝いた、北海道日本ハムファイターズの若きエースとして大活躍した大谷翔平さんが初の栄冠に輝きました。
女性は、インスタグラムのフォロワー数が国内No.1、2016年は初のワールドツアーで海外進出を遂げ、今や世界的なブレイクを見せている女性芸人の渡辺直美さんがベスト眉ニストに選ばれました。

■眉をきれいにしたら美人だと思う芸人トップは、バブル時代の申し子平野ノラさん。
眉をきれいにしたら美人だと思う人ランキングの女性芸人部門は、今年バブルネタで大ブレイクし、素顔が美人でも話題になっている平野ノラさんが1位を獲得。男性芸人部門は、1位に又吉直樹さん、2位に綾部祐二さんと、コンビでのダブルランクインする結果となりました。

■眉がきれいだと思う有名人の特別枠部門には、マツコ・デラックスさん、りゅうちぇるさんがツートップに!
老若男女から人気が途絶えることのないマツコ・デラックスさん、また、今年ジェンダーレス男子の代表としてブレイクを見せたりゅうちぇるさんが特別枠でツートップを飾りました。

■眉がきれいだと思う男性芸能人の1位に輝いたのは、
昨年1位だった福山雅治さんを抜いてディーン・フジオカさん。
女性芸能人では、今年DAIGOさんとの結婚で、幸せあふれる女優・北川景子さんが1位にランクイン!
DAIGOさんも男性芸能人部門で3位にランクイン!
男性芸能人部門では、昨年結婚を発表し全世代に大人気の俳優・福山雅治さんを抜き、ディーン・フジオカさんが堂々の1位を獲得。女性芸能人部門では、今年DAIGOさんと結婚した、世の女性の憧れである北川景子さんが昨年に引き続き1位に輝きました。また、DAIGOさんも3位にランクインし、ご夫婦での受賞する結果となりました。

■眉がきれいだと思うアスリート・著名人の女性部門1位は、夏目三久さんが受賞。
アナウンサーが多数ランクインする中、今年、栄光と幸せを獲得した
卓球選手の福原愛さんが堂々の2位にランクイン。
アスリート・著名人の女性部門では、フリーアナウンサーの夏目三久さんが1位を獲得。5位以内には水ト麻美さん、加藤綾子さんなどアナウンサーがランクインする中、堂々2位に卓球選手の福原愛さんがランクイン。今年、リオオリンピックでも大活躍し、結婚でも大きな話題となりました。

■2017年のトレンド眉は「ナチュラル・エッジィ眉」
太眉メイクは終焉をむかえ、個々の自眉を活かし、ナチュラルな太さ・長さをベースに毛質感や眉山をポイントとすることでエッジをきかせた眉がトレンド傾向になると予測されます。アメリカ大統領選を背景に、2017年の経済は上向き予測ですが、政治は世界的に保守的になることがうかがえます。そのような中、日本では女性活躍社会の広まりにより、コンサバティブの中にも、ぶれない意思や芯の強さをもつ女性像が求められる傾向にあります。ファッションは自由な着こなしを楽しみながらも華やかさと主張あるスタイルがトレンドになり、また、メイクはナチュラルの中にも適度なアクセントをミックスする傾向から、眉もナチュラルと存在感をあわせもった「ナチュラル・エッジィ眉」がトレンドになるのではないでしょうか。

※本リリースに含まれる調査結果をご掲載頂く際は、必ず「アナスタシア調べ」と明記下さい。
※本リリースに記載していない調査結果もございます。詳細は下記までお問合せください。
※ベスト眉ニストに関しては、特設サイト「美眉総研」でも発表しております。
 http://www.bimayu-soken.jp/mayunist/

【調査概要】
・眉に関する意識調査
・調査方法  :インターネットアンケート
・調査実施期間 :2016年11月18日(金)〜2016年11月20日(日)
・対象地域 :全国主要都市圏:関東圏(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)、
関西圏(京都府・大阪府・兵庫県)、北海道、宮城県、愛知県、福岡県
・対象者    :20代(20〜29歳)、30代(30〜39歳)、40代(40〜49歳)、
  50代(50〜59歳)の男性・女性 計1,000名

■芸能人部門:眉美人なタレントは、北川景子さん&ディーン・フジオカさん!
女性タレント部門は、女優として活躍し、また今年DAIGOさんと結婚された北川景子さんが昨年に引き続き1位に選出されました。2位には、細眉にイメージチェンジしたことでも話題になった石原さとみさんがランクイン。男性芸能人部門は、昨年1位だった福山雅治さんを抜き、今年大きな活躍を見せたディーン・フジオカさんが堂々の1位を獲得。また、3位にはDAIGOさんもランクインしています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/4467/12/resize/d4467-12-632455-1.jpg ]

■芸人部門:眉美人な芸人は、渡辺直美さん&藤森慎吾さん(オリエンタルラジオ)!
女性芸人部門で1位に選ばれたのは今やグローバルに活躍する渡辺直美さんが昨年1位の友近さんを抜いて受賞。また4位に光浦靖子さん、5位に大久保佳代子さんとコンビでランクインしています。男性芸人部門では、今年、新リズムネタ「PERFECT HUMAN」で新境地を開いた藤森慎吾さんが堂々の1位。4位には相方の中田敦彦さんもランクインしています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/4467/12/resize/d4467-12-751491-2.jpg ]

【アナスタシアによる分析】
●渡辺 直美さん(ベスト眉ニスト)
活動の幅を広げられ、ファッションアイコン、POPアイコンとしても、大活躍の渡辺直美さん。しっかりした眉山が、時に垣間見せる毒々しさ、たくましさをも、“KAWAII”で取り込むようなインパクトを感じさせます。骨格、筋肉にぴったりとはまる眉をされていることで、感情を増幅させるような動きのあるイキイキした表情をみせる眉となっています。人生を謳歌し、どっしりと湧き出るようなパワーを感じさせながらも、周囲の人に元気を与える、愛され眉です。

■アスリート・著名人部門:眉美人は夏目三久さん&大谷翔平さん!
女性アスリート・著名人部門では、フリーアナウンサーの夏目三久さんが1位を獲得。次いで、今年卓球で大活躍し、また結婚で大きな話題になった福原愛さんが堂々2位にランクインしています。
男性アスリート・著名人部門では、今年北海道日本ハムファイターズの優勝に大きく貢献し、輝かしい成績をあげた大谷翔平さんが1位を獲得。またランキング上位をアスリートが占める中、ブログでも人気の歌舞伎役者である市川海老蔵さんが3位にランクインしています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/4467/12/resize/d4467-12-583941-3.jpg ]

【アナスタシアによる分析】
●大谷翔平選手(ベスト眉ニスト)
骨格、筋肉に沿って左右バランスがとれた一文字の眉が、真っ直ぐなまなざしをより印象的なものにしています。笑った時に表情に合わせて下がる眉尻が、確固たる信念とプロ意識の中に、ひたむきな「野球少年」の純真さ、少年っぽさを、さりげなく感じさせ、爽やかな大谷翔平選手の魅力につながっています。観ている人へ自分自身の初心を思い起こさせてくれるような、素敵な眉です。

■特別枠部門:眉美人は、マツコ・デラックスさん!
今年新設した、眉がきれいだと思う有名人の特別枠部門では、マツコ・デラックスさんが、貫禄の1位を獲得。次いで、今年大活躍を見せたりゅうちぇるさんが2位にランクインしています。
[画像4: https://prtimes.jp/i/4467/12/resize/d4467-12-649067-4.jpg ]

【アナスタシアによる分析】
●マツコ・デラックスさん(特別枠1位)
誰がみても、一目でマツコさんとわかる、細めで角度のついた、優美と強さをあわせもつ眉。
憂いのある目元と合わさることで、核心をつくような爽快な話しっぷりの中に、アンニュイなエッセンスが醸し出されています。また、角度がしっかりついた眉山が、ゆるぎない意志を感じさせています。マツコさんのキャラクターにぴったりの眉です。
●りゅうちぇるさん(特別枠2位)
眉頭から眉尻まで、骨格、筋肉、フェイスバランスにあった、しっかり毛流れのあるきれいな眉です。ふんわりした明るい眉なので、金色の髪の毛やメイクアップ、ファッションと相まって、やわらかく、明るく、うきうきとした、夢見るような雰囲気を演出しています。男性的な力強さ、存在感が出やすい眉を、独自の世界観に合わせソフトな印象に変えたことで、やわらかな雰囲気が自然ににじみ出ています。

■眉をきれいにしたら素敵な芸人は、平野ノラさん&又吉直樹さん!
眉をきれいにしたら素敵な人ランキングでは、女性芸人部門は、今年バブルネタで大人気となった平野ノラさんが1位を獲得。素顔が美人ということでも話題になりました。男性芸人部門では、1位に又吉直樹さん、2位に綾部祐二さんとコンビでダブル受賞をしています。
[画像5: https://prtimes.jp/i/4467/12/resize/d4467-12-287840-5.jpg ]

【アナスタシアによる分析】
●平野ノラさん(眉をきれいにしたら素敵部門1位)
80年代風の太眉、バブルメイク、ソバージュ、肩パッド、いい女風のしぐさ・・・そしてなんといっても、デフォルメしたバブル時代の太眉が、シーンにあわせて表情豊かに動く、平野ノラさん。バブル時代の太眉が象徴的ですが、現代の眉の姿をぜひみたいと感じる人が多いからこそ選ばれたのではないでしょうか。

------------------------------------------------------------------------------------------------------
(経済・メイク・ファッション・女性像の2017年トレンド予測トピックス)
・経済は、アメリカ大統領選によるアメリカ経済上向きの流れが世界的に広がる予測。
 一方で、政治は保守化が広がり、日本も同様の傾向が予測。
 女性像でとらえると、女性活躍社会の広がりで、保守化の思考の中にもぶれない意思や
 芯の強さをもつ女性像が築き上げられる傾向に。また、オンオフをはっきりつけず、
 頑張りすぎない自然体スタイルが強まる傾向。
・ファッションキーワードは「スポンテニアス」「装飾女子」。
 自由な着こなしを楽しみながらも華やかさと主張のあるファッションがトレンドに。
・メイクは、ナチュラルの中にも適度なアクセントをミックスする傾向に。
 目元、口元などのパーツにポイントを置くメイクがトレンドに。
------------------------------------------------------------------------------------------------------

■アナスタシアから発信 2017年トレンド眉は「ナチュラル・エッジィ眉」
〜2017年経済・メイク・ファッション・女性像の動向から多角的に分析。
 凛とした女性を表現する存在感ある眉がトレンドに〜

「ナチュラル・エッジィ眉」とは太眉、ボサ眉、並行眉は終わり。個々の自眉を活かしナチュラルな眉の太さ・長さをベースに、毛質感や眉山をポイントとすることでエッジをきかせた眉がトレンドへ。飾らず自然体の姿でありながらも、凛とした女性の意志の強さや洗練さを表現。華やかさと主張のあるファッションにかき消されないよう、個性の一つとして存在感のある眉を楽しむ傾向に。

■専門家のコメント
ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター 宮田理江(みやたりえ)さん
2017年のファッションはより華やかさや主張が強まりそうです。一言で表現すれば「装飾女子」。デコラティブなモチーフやダイナミックなプリントが躍り、SNSの広がりも背景に、単に飾り立てるだけではなく、おしゃれで「遊ぶ」という感覚も広がってきそうです。
また、メンズウエアを取り入れる「ジェンダーレス」、夏にファーや冬にレースなど季節にとらわれない「シーズンレス」など、常識やルールを踏み越えるスタイルはさらに広がりそうです。さらにワッペンやパッチワーク、切りっぱなしなどの自己流「DIY」スタイルや、ヴィンテージ人気など、自分らしい自由な着こなしを楽しむ「スポンテニアス」な着こなしはさらなる広がりがうかがえます。
個性的な雰囲気や芯の強さを印象づける「ナチュラル・エッジィ眉」は、押し出しが強めのファッションともしっくりなじみます。眉の程よいインパクトを生かしたおしゃれは17年の気分を象徴する演出となっていきそうです。

【プロフィール】

[画像6: https://prtimes.jp/i/4467/12/resize/d4467-12-332180-6.jpg ]

ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、リアルトレンドを落とし込んだ着こなし提案などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした消費者目線での解説が好評。ディレクター、コンサルタントとしてのビジネスも広げている。
著書『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)
公式サイト:http://riemiyata.com/


化粧心理学者 平松隆円(ひらまつりゅうえん)さん
アメリカ大統領選挙の年は、一般的にはアメリカ経済(株価)は上向くと言われています。実際、トランプ氏の就任によって、ダウ工業平均株価は大きく上がりましたし、世界的にも経済は上向きになりそうです。
一方で政治は全世界的に保守化していると言われています。
その傾向から、今後日本における女性像を見てみても、ある程度の保守化の思考が見えてくるのは間違いありません。ただ、女性活躍社会の広まりも見られることから、保守的の中にも、芯はぶれない強さや意志を持った女性像が築き上げられていくのではと考えられます。
メイクのトレンドでは、色味としては、口元か目元にポイントカラーが入るはずです。また、眉も顔の中のポイントと考えると、多少存在感がアップする質感や形になっていくと考えられます。過剰に抜いたりして整えるのではなく、「ナチュラル」な太さを活かしつつ、それを整えるデザインが求められると思います。

【プロフィール】

[画像7: https://prtimes.jp/i/4467/12/resize/d4467-12-557619-7.jpg ]

東亜大学准教授、化粧心理学者。世界でも類をみない化粧研究で博士(教育)。
国際日本文化研究センター、京都大学、タイ国立チュラロンコーン大学などを経て現職に至る。


【アナスタシアについて】
「眉こそ、美のすべて」を世界に認識させた、眉のパイオニア。
[画像8: https://prtimes.jp/i/4467/12/resize/d4467-12-722368-8.jpg ]

美術・建築・解剖学・美容などから編み出された独自の理論を展開。
性別・人種の区別なく、一人ひとりに合った「パーフェクトアーチ」をこだわりの基軸としています。日本には2004年10月に初上陸し、現在全国でアイブロウトリートメントサロンを25店舗展開。モデルやタレント、文化人まで、幅広い著名人を顧客にもちます。

■会社名:  クレディアワールドワイド株式会社
■所在地:   大阪府大阪市北区豊崎3-19-3
■事業内容: サロン事業(アナスタシア経営)、化粧品販売
■設立:  2004年

アナスタシアURL: http://www.anastasia-eyebrow.jp/
アナスタシア特設サイト「美眉総研」: http://www.bimayu-soken.jp/
[画像9: https://prtimes.jp/i/4467/12/resize/d4467-12-114961-9.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る