• トップ
  • リリース
  • ダイヤニウム・人工ナノダイヤモンド触媒でSIAA抗ウイルス規格を取得

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社ダイヤニウム

ダイヤニウム・人工ナノダイヤモンド触媒でSIAA抗ウイルス規格を取得

(PR TIMES) 2020年12月07日(月)10時45分配信 PR TIMES

12月には新型コロナウイルスの不活化効果を検証へ

株式会社ダイヤニウムは抗菌・抗ウイルス・消臭・防カビ機能を持つ人工ナノダイヤモンド触媒のメーカーです。
ウイルス・菌・有害物質から大切な人を守ることを使命とし、
コロナ禍の前から抗菌・抗ウイルス・消臭・防カビ製品を製造しております。
この度、かねてより保有していた「SIAA抗菌」規格に加え、「SIAA抗ウイルス」規格を取得いたしました。
■SIAAとは 〜抗ウイルス・抗菌製品がありすぎて、一般消費者は何を選べばよいかわからない!〜
 現在数多の企業の抗菌・抗ウイルス剤が市場で販売されております。中にはエビデンスが不明確なものや、安全性について議論が不十分なもの、そして、生体内被曝の原因となるような放射性同位体などが含まれているものもあります。株式会社ダイヤニウムはそのような市場環境下において、「SIAA 抗ウイルス」という選択基準をご提案します。
[画像: https://prtimes.jp/i/56133/11/resize/d56133-11-300315-0.jpg ]


 弊社製品、そして弊社製品を扱う特約店は、SIAA(一般社団法人 抗菌製品技術協議会)登録品を取り扱っております。このSIAAに登録するためには、安全性(急性経口毒性試験・皮膚一次刺激性試験・皮膚感作性試験・変異原性試験のすべてをクリア)と効果(抗菌・抗ウイルス活性値)が証明されている製品しか登録できません。

 今回弊社が追加取得したSIAA抗ウイルスマークは、新型コロナウイルスと同様のエンベロープ型ウイルス等に対して抗ウイルス活性値が2.0(何もしていない状態と100倍以上の違いがある)以上で、安全性基準をクリアし、品質管理基準に到達している会社、製品にしか発行されません。つまり、SIAAマークがついている商品は第三者機関の試験をクリアし、安全で効果があると登録された商品なのです。※弊社製品の抗ウイルス活性値は4.0です。

 弊社はこのSIAA抗ウイルス規格と、SIAA抗菌規格の両方を取得している触媒で、メーカーに原料としての触媒供給や、一般消費者・施工業者向け商品の企画開発を行い、弊社特約店はこの触媒を用い商業施設、医療機関、教育施設、宿泊施設、老健施設、公共交通機関、飲食店、一般住宅などありとあらゆる場所に抗菌・抗ウイルスコーティング工事を行っております。

■新型コロナウイルス 不活化効果を検証へ
 現在、弊社のアルコール含有製品とナノダイヤモンド触媒自体の新型コロナウイルスの不活化効果の検証を行っております。こちらについては結果が出た後に改めて発表を行う予定です。

■全国でダイヤニウムを広める特約店を追加で募集しています
 弊社では特約店制度を設け、各地域の需要に対応できる環境を準備しております。しかし、新型コロナウイルスの第3波の影響を受け、現在、多くのメーカー様から自社製品の「抗ウイルス・抗菌化」のご要望、多くの介護施設、保育園、幼稚園、宿泊施設、飲食店、医療機関、公共交通機関、役所などから「抗ウイルス・抗菌」施工のご要望が増えてきており、対応が難しくなってきております。新型コロナウイルスの不活化エビデンス取得の暁にはさらに対応できなくなる可能性が高くなることから特約店の追加募集を行いたいと考えております。

■ダイヤニウムの人工ナノダイヤモンド触媒とは?
 非常に安定性の高いSP3炭素(人工ナノダイヤモンド)とSP2炭素、そして種々の官能基の働きで「接触した」菌、ウイルス、有害物質に対して酸化・還元反応を起こす、「まったく光のいらない」触媒です。

 ダイヤニウムではこの触媒を様々な場所、様々な用途で使用できるように製品ラインナップを開発しております。

 様々なウイルス・菌についてのエビデンスを保有し、SIAAの抗ウイルス・抗菌が取得済み、内装材を痛めない、透明でも外観が変わらない、あとからシミができない、放射性同位体が入っていない、発がん性物質として議論されていない、等という理由から、様々な抗菌・抗ウイルス触媒から乗り換える代理店が増加しております。

特約店希望企業様・自社製品「抗菌・抗ウイルス化」ご希望メーカー様 お問合せ先
info@dianums.com

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る