• トップ
  • リリース
  • 介護用品の訪問レンタルサービスを行うフランスベッド社でオーカムテクノロジーズのAI視覚支援デバイスの取扱い開始

プレスリリース

OrCam Technologies Ltd.

介護用品の訪問レンタルサービスを行うフランスベッド社でオーカムテクノロジーズのAI視覚支援デバイスの取扱い開始

(PR TIMES) 2020年06月01日(月)13時03分配信 PR TIMES

目の不自由な方の「豊かさとやさしさ」のある暮らし実現に向けたAI 技術を活用したソリューションを導入

6月1日より、フランスベッド社の訪問レンタルサービスと同社が運営する全国の介護ショップ、直営サイトなどでレンタル・販売開始
オーカムテクノロジーズ(OrCam Technologies Ltd., 本社:イスラエル エルサレム、共同創立者兼共同CEO:アムノン・シャシュア教授、共同創立者兼共同CEO:ジブ・アビラム)が製造販売するAI(人工知能)を搭載した視覚支援デバイス「OrCam MyReader 2(オーカムマイリーダー2)」「OrCam MyEye 2(オーカムマイアイ2)」が6月1日よりフランスベッド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:池田 茂)にて、取扱いが開始となります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/47660/11/resize/d47660-11-860464-0.jpg ]

今回の取扱いは、先進的な画像解析技術によるAIウェアラブル機器を通して、視覚障がいのある方や読書に困難を感じている方の日常生活の質を向上させることを企業ミッションとして掲げるオーカムテクノロジーズと、介護・福祉用具等の開発を通じて「創造と革新により、『豊かさとやさしさ』のある暮らしの実現に貢献するヒューマンカンパニーを目指す」という企業理念を掲げるフランスベッドの想いが一致したことから始まりました。最先端の技術を活用しながらも携帯者の利便性を考慮して開発されたコンパクトでユーザーフレンドリーなオーカムテクノロジーズの製品は、フランスベッド社が抱える全国の視覚障がいに悩む方々の「豊かでやさしさ」のある暮らしの実現に向けて貢献していきます。

また、オーカムテクノロジーズでは、ウェアラブルAIテクノロジーのリーディングカンパニーとして、視覚障がい者のコミュニティーをサポートしていくにあたり、日本ブラインドサッカー協会とソーシャルテクノロジーパートナーとしてパートナーシップを締結するなど、インクルーシブな社会の実現に向けて取り組んで参ります。

フランスベッド株式会社では、2020年6月1日より同社の訪問レンタルサービス及び、同社が運営する全国の直営サイト「介護宅急便」「ホームケア全科オンライン」、全国の介護ショップで、「OrCam MyReader 2(オーカムマイリーダー2)」「OrCam MyEye 2(オーカムマイアイ2)」の販売を開始する予定です。

【フランスベッド株式会社について】

[画像2: https://prtimes.jp/i/47660/11/resize/d47660-11-372594-5.jpg ]

本社:東京都新宿区西新宿6丁目22-1 新宿スクエアタワー5階
代表者:代表取締役社長 池田 茂
創業:1946年6月5日
URL:https://www.francebed.co.jp/
事業内容:家庭用ベッド、家具類、寝装品、健康機器、医療・介護用ベッド、福祉用具、リネン等の製造・仕入、レンタル、小売及び卸売。国内で初めて介護用ベッドのレンタルを開始。また、家庭用ベッドでは、日本人の体格と日本の気候風土に合った独自の「高密度連続スプリングマットレス」を展開。2011年よりアクティブシニア向けのブランド「リハテック」を立ち上げるなど、やさしさと潤いのある暮らしの実現に貢献し、超高齢社会の課題の解決を図る。

【オーカムテクノロジーズの製品について】
「OrCam MyEye2 オーカムマイアイ 2」

[画像3: https://prtimes.jp/i/47660/11/resize/d47660-11-282418-1.png ]

・AI搭載視覚支援ウェアラブルデバイス「オーカムマイアイ 2」は、オンライン、オフラインを問わずあらゆる面に印刷または表示されたテキストを音声でユーザーに伝えます。また、対象物の色彩や、人物の顔を認識することも可能です。
・本商品は、世界48カ国、約30,000名以上の視覚障がい者に使用されています。日本では2018年11月に渋谷区で初めて「日常生活用具 給付事業対象品目」として認定され、普及が進んでいます。
・これまで世界的に知られる数々の賞を受賞してきた、「オーカムマイアイ2」ですが、昨年の11月には、世界をより良く、スマートに、あるいは楽しくした画期的な発明としてTIME誌によって選定されたThe 100 Best Inventions of 2019に選ばれ、視覚障がいに悩む方たちにとって、ゲームチェンジャーになりうる発明として取り上げられました。

<これまで受賞した賞についてはこちら>
https://www.orcam.com/en/blog/worlds-most-awarded-company-for-wearable-assistive-technology-devices/
[画像4: https://prtimes.jp/i/47660/11/resize/d47660-11-223114-3.png ]

2019年12月2日/9日号
https://time.com/collection/best-inventions-2019/

<TIME誌のベスト インベンションについてはこちら>
https://time.com/collection/best-inventions-2019/5733047/orcam-myeye-2/
[画像5: https://prtimes.jp/i/47660/11/resize/d47660-11-740949-2.png ]

「OrCam MyReader オーカムマイリーダー2」

[画像6: https://prtimes.jp/i/47660/11/resize/d47660-11-736008-4.png ]

・目の不自由な人や視覚障がいがある人が、新聞、愛読書、テキストメッセージ、メール、そしてその他たくさんのものを読み取る事を可能にする最先端AI技術を活用した補助デバイスです。本、メニュー、サイン、製品ラベルおよび画面上の文字の読み取りも含まれます。
・シンプルな手のジェスチャーに対して直観的に応答するため、携帯者が使いやすいデザインに設計されています。
・小型でワイヤレスな上、インターネット接続を必要としないため、どこにいても使用が可能です。

【オーカムテクノロジーズ(OrCam Technologies Ltd.)について】
パーソナル・ウェラブルAIプラットフォームをリードしてきたオーカムテクノロジーズは、衝突回避システムのリーダーであり無人運転のイノベーターである、モービルアイの共同創業者、アムノン・シャシュア教授とジブ・アビラム氏によって2010年にイスラエルで設立されました。ドライバーの安全をサポートする画期的なアーティフィシャル・ビジョン・テクノロジーにインスパイアされ、オーカムはAI搭載のコンピューター・ビジョンを最大限活かし、目の不自由な人、耳の不自由な人、読書に問題を抱える人などの自立性を高めることに寄与します。より詳しい情報は、オーカムテクノロジーズ公式webサイト(日本語)、公式YouTubeまたはFacebook(日本語)、Twitter をフォローください。

オーカムテクノロジーズ公式webサイト:https://www.orcam.com/ja/
オーカムテクノロジーズ公式YouTube:https://www.youtube.com/user/OrcamTechnologies
オーカムテクノロジーズ公式Facebook:https://www.facebook.com/OrCamJP/
オーカムテクノロジーズ公式Twitter:https://twitter.com/Orcam_Japan



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る