プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

日本サイプレス株式会社

サイプレス、2018年度第2四半期の業績を発表

(PR TIMES) 2018年07月31日(火)13時01分配信 PR TIMES


組み込みソリューションのリーダーであるサイプレス セミコンダクタ社 (米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ: CY) は2018年7月26日 (米国時間)、2018年度第2四半期の業績を発表しました。

売上高は過去最高の6億2,410万ドルで前四半期比7.2%増
GAAPおよび非GAAPの粗利益率はそれぞれ37.5%と46.3%で、前年比5.00ポイントと5.40ポイントの上昇
GAAPおよび非GAAPの希薄化後1株当たり利益 (EPS) は、それぞれ7セントと33セント
MCDの売上高は、マイクロコントローラーおよびワイヤレス接続の好調を主要因として前四半期比で9.4%の増加

サイプレスの社長兼最高経営責任者であるHassane El-Khouryは、「当社の当四半期の業績は好調であり、売上高は過去最高を記録しました。サイプレスは、車載、産業、民生という当社の高成長市場で引き続きシェアを拡大しました。サイプレスの“Connect, Compute and Storeソリューション”プラットフォームは、競争力のあるIoT製品を迅速かつ容易に完成させるために必要なものすべてを開発者に提供します」と述べています。

当四半期の売上高および利益を過去の比較数値と併せて以下に示します。
(単位:千、ただし1株当たりの数値を除きます)
[画像1: https://prtimes.jp/i/33539/11/resize/d33539-11-642946-0.jpg ]

売上高および利益を以下に示します。
(単位:千、ただし1株当たりの数値を除きます)
[画像2: https://prtimes.jp/i/33539/11/resize/d33539-11-806932-1.jpg ]


1. 2018年度には、一定の費用が売上原価の一部として分類変更されました。過去の業績は、2018年度の表示に合わせて調整されています。
2. 詳細は英文リリースの「GAAP財務指標から非GAAP財務指標への調整について」の諸表 (「非GAAP差異調整表」) を参照してください。


事業レビュー


·サイプレスは当四半期に、車載および産業市場向け無線接続ソリューションにおける重要な発表を行いました。パイオニア株式会社は、サイプレスの車載グレードWi-Fi(R) & Bluetooth(R)コンボ ソリューションを同社のインダッシュ インフォテインメント レシーバーのフラッグシップ製品に採用しました。サイプレスのRSDB (Real Simultaneous Dual Band) 技術を使用したこのソリューションを利用すると、搭乗者はApple CarPlay™またはAndroid Auto™経由でスマートフォンのアプリを表示させて使用できるようになります。さらに、サイプレスは、スマートシティ アプリケーションのための2チップLoRaWAN™ベースのモジュールでSemtech社と協業しました。これは、サイプレスのPSoC(R) 6マイクロコントローラー (MCU) を使用し、Bluetooth Low Energy (BLE) とハードウェア ベースのセキュリティを統合することで、デバイスとクラウドとの間のセキュリティの高い接続を可能にします。
サイプレスは、新しいSemper™ NOR Flashファミリをリリースし、高性能で差別化されたフェイルセーフ ストレージ製品を拡充しました。本製品ファミリは、ミッションクリティカルな車載および産業アプリケーションに最適な世界最高度のフラッシュ ソリューションです。既に、次世代クラスターや先進運転支援システム (ADAS) など主要な複数の車載プラットフォームで採用が決まっています。
サイプレスはまた、業界をリードするUSB-Cソリューションに関する複数の重要な開発について発表しました。当社のパワーデリバリー (PD) 付きEZ-PD™ USB-Cコントローラーは、PCおよび周辺機器の主要なリファレンス デザインに採用されました。Intel社からは、Thunderbolt™ 3ホストおよびペリフェラル設計向け認定を獲得し、AMD社からはノートブックおよびデスクトップPC向け「Raven Ridge」プロセッサとの使用認定を獲得しています。また、ノートブックおよびタブレット用ドッキング ステーションおよびモニター ドック向けに業界初の7ポートUSB-Cハブ コントローラーを発表しその製品群をさらに拡充しました。
サイプレスは2018年7月19日に、総額3,940万ドル、1株当たり0.11ドルの現金配当金を、2018年6月28日の営業終了時の当社普通株式の登録保有者に支払いました。この配当金は、2018年6月29日時点で年間益回り2.8%に相当します。


売上高概要
(単位:千、ただし%を除きます)
(未監査)
[画像3: https://prtimes.jp/i/33539/11/resize/d33539-11-525817-2.jpg ]

1. マイクロコントローラーおよびコネクティビティ部門 (「MCD」) には、マイクロコントローラー、ワイヤレス コネクティビティ、USBの製品が含まれ、メモリ製品部門 (「MPD」) には、RAM、フラッシュ、AgigA Tech社製品が含まれます。

2018年度第3四半期の財務見通し
サイプレスの2018年度第3四半期における財務業績は、次の通りとなる見通しです。
[画像4: https://prtimes.jp/i/33539/11/resize/d33539-11-755240-3.jpg ]

非GAAP財務指標および将来予測の記述につきましては、原文リリース (英語) を参照してください。

再編費用、資産減損、繰延報酬資産および負債の価額の変化、株式付与の変更による株式報酬の影響、非GAAP調整の税金への影響など、GAAP財務指標の推定に必要な特定の重要項目の時期と額は本質的に予想不可能なものであるか、当社の統制が及ばないものであり、当社の財務業績に大きな影響を与えることがあります。

サイプレスとつながろう

Twitter: @NipponCypress
Facebook: CypressJapan



サイプレスについて

サイプレスは、世界で最も革新的な車載や産業機器、ホーム オートメーションおよび家電、民生機器および医療機器製品向けに、最先端の組み込みシステム ソリューションを提供するリーディング カンパニーです。サイプレスのプログラマブル システムオンチップや汎用マイコン、アナログIC、ワイヤレスおよびUSBベースのコネクティビティ ソリューション、高い信頼性と高性能を提供するメモリ製品は、差別化製品の開発と早期市場参入を支援します。サイプレスは、ベストクラスのサポートとエンジニアリング リソースをグローバルに提供し、世界各国のイノベーターおよび独創的なユーザーが、従来市場を破壊しまったく新しい製品カテゴリを歴史的なスピードで市場投入できるよう支援します。詳細はサイプレスのウェブサイト (japan.cypress.com) をご覧ください。


###

CypressやCypressのロゴは、サイプレス セミコンダクタ社の登録商標です。その他すべての名称は、それぞれの所有者に帰属します。


サイプレスお問い合わせ先:
サイプレスセミコンダクタ info-japan@cypress.com



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る