• トップ
  • リリース
  • アドアジアホールディングス、12,000,000米ドル(約13.6億円)の第三者割当増資を実施

プレスリリース

  • 記事画像1

AdAsia Holdings Pte. Ltd.

アドアジアホールディングス、12,000,000米ドル(約13.6億円)の第三者割当増資を実施

(PR TIMES) 2017年04月05日(水)11時28分配信 PR TIMES

〜新規市場への進出・人員増強・プロダクト開発を加速〜

アジアでインターネット広告事業を展開するAdAsia Holdings Pte. Ltd.(本社:シンガポール、CEO:十河 宏輔、以下:アドアジアホールディングス)は、JAFCO Investment (Asia Pacific) Ltd(本社:シンガポール、CEO:渋澤 祥行、以下:ジャフコアジア)が運営する投資ファンドを割当先とした、12,000,000米ドル(約13.6億円)の第三者割当増資を実施致します。今回の第三者割当増資により、日本や中国を始めとした新規市場への進出、人員体制の強化、AI(人工知能)を活用した次世代マーケティングプラットフォームの開発を加速して参ります。
[画像: https://prtimes.jp/i/18392/11/resize/d18392-11-580320-0.jpg ]


■第三者割当増資の背景
アドアジアホールディングスは、2016年4月シンガポールにて事業を開始後、タイのバンコク・インドネシアのジャカルタ・ベトナムのホーチミン及びハノイ・台湾の台北・カンボジアのプノンペンと、合計6ヶ国・7都市に進出致しました。また、広告プロダクトとして、プログラマティックバイイング及びレポーティング機能を一つのダッシュボードで管理できる広告プラットフォームである「AdAsia Digital Platform」、アウトストリーム動画広告を配信できる「AdAsia Video Network」、インフルエンサーマーケティングのプラットフォームである「CastingAsia」をローンチして参りました。

今回の増資により、以下の3点を実施することで、アドアジアホールディングスの事業展開をさらに加速致します。

1.新規市場への進出
 ・日本、中国、香港といった東アジアの巨大な広告市場への進出
 ・東南アジアのフィリピン、マレーシアなどの新興市場への進出
2.人員体制の強化
 ・現在の90名体制から2018年末には400名体制へ
 ・ベトナム、ホーチミンにプロダクト開発拠点を設立
3.プロダクト開発
 ・AI(人工知能)を活用したAdAsia Digital Platform及びCastingAsiaの機能強化
 ・新たな広告及びマーケティングプロダクトの開発

■第三者割当増資の割当先に関して
会社名: JAFCO Investment (Asia Pacific) Ltd
President and Chief Executive Officer: 渋澤 祥行
所在地: 10 Marina Boulevard #33-05, Marina Bay Financial Centre Tower 2, Singapore 018983
URL: http://www.jafcoasia.com/

■AdAsia Digital Platformについて
AdAsia Digital Platformは、プログラマティックバイイング及びレポーティング機能を一つのダッシュボードで管理できる広告プラットフォームです。複数のDSPやアドネットワーク、東南アジアのプレミアムメディアを束ねたAdAsia Ad Network、アウトストリーム動画広告を配信できるAdAsia Video Network、インフルエンサーマーケティングのプラットフォームであるCastingAsiaへのアクセスが可能です。

以上

【会社概要】
会社名: AdAsia Holdings Pte. Ltd.
代表取締役社長: 十河 宏輔
所在地: 13F, SBF Center, 160 Robinson Road, Singapore 068914
事業内容: AI(人工知能)を活用した、インターネット広告事業・次世代広告プラットフォームの開発・インフルエンサーマーケティング事業
URL: https://adasiaholdings.com/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る