• トップ
  • リリース
  • 大阪大学・京都大学のセミナーにて、ベンチャー発掘・成長支援のための講演を実施

プレスリリース

  • 記事画像1

Beyond Next Ventures株式会社

大阪大学・京都大学のセミナーにて、ベンチャー発掘・成長支援のための講演を実施

(PR TIMES) 2017年02月13日(月)16時23分配信 PR TIMES

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:伊藤毅、以下「当社」)は、大阪大学と京都大学でそれぞれ2017年3月9日と15日に開催されるセミナーにおいて、技術系ベンチャー発掘・成長支援のための講演を行います。本講演では、 武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:クリストフ ウェーバー、以下「武田薬品工業」)より『企業内からのイノベーション創出の取り組み』について紹介いただくとともに、当社が武田薬品工業をはじめとする複数の大手事業会社とともに運営するBRAVEの活動を紹介します。
[画像: https://prtimes.jp/i/17460/11/resize/d17460-11-768083-0.jpg ]


当社が運営事務局を務めるBRAVEは、革新的技術の事業化を支援する目的で設立され、2017年1月に第1期 “BRAVE 2016 Winter” のアクセラレーションプログラムを終了しました。アクセラレーションプログラムの対象は、自身の研究の事業化を検討する研究者や、技術系ベンチャーを立ち上げたばかりのチームを想定しており、現在第2期 “BRAVE 2017 Spring” の参加チームを募集しています。

BRAVEアクセラレーションプログラムに参加するチームは、起業家、ベンチャーキャピタリスト、知財専門家などの各分野のプロフェッショナルからメンタリングを受け、事業計画をブラッシュアップすることができます。さらに最終ピッチ大会で入賞すると、賞金やJSTの大学発新産業創出プログラム(START)への推薦機会や、シリコンバレーの世界的アクセラレーションプログラムへの参加支援などが得られます。

本講演では、BRAVEアクセラレーションプログラムのパートナーである、武田薬品工業から『企業内からのイノベーション創出の取り組み』に関して紹介いただくとともに、BRAVE運営事務局を務める当社が、アクセラレーションプログラム ”BRAVE 2017 Spring” へ応募を検討している方を対象に、プログラムの詳細や参加メリット、応募方法などについて説明いたします。


【セミナー概要】
2017年3月9日 大阪大学セミナー
主催:大阪大学産学連携本部総合企画推進部

1、開催日時・会場
2017年3月9日 17:00〜19:00
大阪大学(吹田) テクノアライアンス棟 アライアンスホール
(大阪府吹田市山田丘2-8)

2、参加費
無料

3、お申込み
下記ウェブサイトよりお申込みください。
ウェブサイト:http://peatix.com/event/233997

4、プログラム(予定)
17:00〜 開会挨拶
17:10〜 武田薬品工業『企業のイノベーション創出に向けた取り組み』
17:30〜 Beyond Next ventures『技術系ベンチャーの動向とシードアクセラレーションプラットフォームBRAVEについて』
18:10〜 質疑応答


2017年3月15日 京都大学セミナー
主催:BRAVE運営事務局(Beyond Next Ventures株式会社)

1、開催日時・会場:
2017年3月15日 17:30〜19:30
京都大学吉田キャンパス 国際科学イノベーション棟東館1階ラウンジ
(京都市左京区吉田本町)

2、参加費
無料

3、お申込み
下記ウェブサイトよりお申込みください。
ウェブサイト:http://peatix.com/event/240666

4、 プログラム(予定)
17:30〜 開会挨拶
17:40〜 武田薬品工業『企業のイノベーション創出に向けた取り組み』
18:00〜 Beyond Next ventures『技術系ベンチャーの動向とシードアクセラレーションプラットフォームBRAVEについて』
18:40〜 質疑応答

両セミナー共通事項
■対象者
技術系ベンチャーの起業家、またこれから技術系ベンチャーの起業を考えている研究者
※営業目的の方及び、ベンチャーキャピタル、インキュベーター等、登壇企業の同業他社の方はご参加をお断りする可能性があります事、予めご了承ください。
※申し込み参加者多数の場合抽選とさせていただきます。セミナー開催前に、抽選の結果についてご案内いたします。申し込み登録時点で参加確定ではありませんので、ご注意ください。

■お問い合わせ先
BRAVE運営事務局(Beyond Next Ventures株式会社)
E-mail:info@brave.team
http://brave.team/
http://beyondnextventures.com/


【BRAVE アクセラレーションプログラムについて】
BRAVEアクセラレーションプログラムは、革新的科学技術を用いて、実用・事業化を目指す研究者やチームに知識・ノウハウと人的ネットワークを提供します。

2期目となる “BRAVE 2017 Spring” では、1期目と同様に各業界のプロフェッショナルからのメンタリングや講義、知識・ノウハウを提供するに加えて、経営人材とのマッチングや海外事業展開のサポートなど、事業加速化のための支援をさらに強化いたします。入賞チームには賞金、JSTの大学発新産業創出プログラム(START)への推薦、海外アクセラレーションプログラムへの推薦等の事業化支援も提供いたします。

BRAVE 2017 Spring スケジュール(予定)
2017年3月19日 応募シート(※)提出締め切り
2017年5月初旬 選考結果ご連絡後、メンタリング開始(期間:約1.5か月)
2017年5月20・21日 合宿研修
2017年5月22日 武田薬品工業 湘南研究所にて研究者との意見交換会を実施(オプショナルツアー)
2017年6月19日 最終ピッチ大会

※ウェブサイトよりエントリー後、BRAVE運営事務局から応募シートを送信いたします。その応募シートの提出をもって、応募手続き完了といたします。

BRAVE ウェブサイトhttp://brave.team/
お問合せinfo@brave.team


【Beyond Next Venturesについて】
Beyond Next Venturesは2014年8月に創業した、大学発・技術系ベンチャーへのインキュベーション投資に特化した独立系ベンチャーキャピタルです。大学シーズの事業化支援から、ベンチャー投資、成長支援、EXITまでに渡る豊富な投資経験と優れた運用実績を有する、国内でも数少ない当分野におけるリーディングベンチャーキャピタルの1社であり、科学技術振興機構(JST)の大学発新産業創出プログラム(START)における事業プロモーターや、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の研究開発型ベンチャー支援事業に関するベンチャーキャピタルとして認定を受けています。

2015年2月に組成したBNV1号ファンド(総額約55億円)は、独立系ベンチャーキャピタルの1号ファンドとしては最大規模のもので、主に医療機器やロボット等の先端分野を投資対象としています。

また、2016年8月に、大学発の技術シーズに高い関心を持つ複数の大手事業会社とともに立ち上げた、シードアクセラレーションプログラム “BRAVE” を通じて、技術をベースとして実用化・事業化を目指す研究者に対し、その夢を実現するための知識・ノウハウと人的ネットワークを提供し事業化支援を行っています。


Beyond Next Ventures株式会社 概要
本社      : 東京都中央区日本橋本町1-4- 3 日本橋ムロホンビル1
代表者     : 代表取締役社長 伊藤 毅
設立日     : 2014年8月
ウェブサイト  : http://beyondnextventures.com
代表 伊藤について 日本最大のベンチャーキャピタルである株式会社ジャフコにおいて産学連携投資グループリーダーを務め、CYBERDYNE株式会社、Spiber株式会社など数々の有力なテクノロジーベンチャーにリード投資を行い、社外取締役として支援するなど、大学発・技術系ベンチャーのインキュベーション投資に関して、豊富な経験と優れた運用実績を有しています。


<本件に関するお問い合わせ>
広報担当 宮川
E-mail:pr@beyondnextventures.com

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る