• トップ
  • リリース
  • 株式会社ローンディールが提供する企業間レンタル移籍プラットフォーム「LoanDEAL」、NTTドコモで導入が決定。事例発表イベントを3月21日に開催。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社ローンディール

株式会社ローンディールが提供する企業間レンタル移籍プラットフォーム「LoanDEAL」、NTTドコモで導入が決定。事例発表イベントを3月21日に開催。

(PR TIMES) 2017年03月01日(水)09時38分配信 PR TIMES

企業間レンタル移籍プラットフォーム「LoanDEAL」を展開する株式会社ローンディール(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:原田未来)は、株式会社NTTドコモで「LoanDEAL」の導入が決定し、レンタル移籍が開始したことを発表いたします。

※レンタル移籍:出向等の企業間契約に基づいて、人材が元の企業に在籍したまま期間を定めて他社で働く仕組み。貸出企業の人材育成、受入企業の人材増強を目的として活用いただきます。

なお、今回のレンタル移籍先は合同会社Georepublic Japan(本社:兵庫県神戸市 代表社員:関治之)となり、NTTドコモ社員1名が同社にて開発業務に携わります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/15387/11/resize/d15387-11-789604-0.jpg ]


■取り組みの背景
今回の取り組みは、NTTドコモが展開する新規事業創出プログラム「39works」において、ベンチャー企業との協創を推進できる人材を育成したいという意向により実現しました。Georepublic JapanはオープンソースGISやモバイル関連サービスの開発に強みを持ち、グローバルにエンジニアが協働する開発会社であり、レンタル移籍する人材には、プログラミングスキルの向上やアジャイル開発のノウハウ獲得が期待されています。

本件は、エンジニアとしてのスキル向上を目的としたレンタル移籍の最初のケースとなります。ベンチャー企業の開発環境に関する知見や開発ノウハウの獲得が、「39works」における事業開発のスピード向上や協創事例の増加に繋がるよう、株式会社ローンディールがサポートをしてまいります。(なお、今回のレンタル移籍は、すでに2017年1月より開始されております。)

■事例発表イベントについて
「LoanDEAL」はNTTドコモ以外にも複数の大手企業で導入が決定しており、2017年3月21日に事例発表イベントを、イトーキ東京イノベーションセンターSYNQAにて開催することを併せてお知らせいたします。

※イベント情報の詳細は下記URLをご参照ください。
http://loandealforum2017ss.peatix.com/

■企業情報
株式会社NTTドコモ「39works」

[画像2: https://prtimes.jp/i/15387/11/resize/d15387-11-402455-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/15387/11/resize/d15387-11-908535-2.jpg ]

株式会社NTTドコモ イノベーション統括部が運営する新規事業創出プログラムです。39worksは、社外のパートナーとプロジェクト体制を組み、一体となって「企画から開発、運用、保守まで」を一貫して実施(BizDevOps)。小さく、早くスタートし、高速PDCAにより改善を繰り返し、マーケットに問いながら、ビジネスを育むプログラムです。
URL:https://www.39works.net/

合同会社Georepublic Japan

[画像4: https://prtimes.jp/i/15387/11/resize/d15387-11-577531-3.jpg ]

オープンソース・ソストウェアのプロジェクトをベースにした地理情報システム、ロジスティクス及びビジネス・インテリジェンス分野におけるITソリューションの開発及びマーケティングを提供。
URL:https://georepublic.info/ja/

株式会社ローンディール

[画像5: https://prtimes.jp/i/15387/11/resize/d15387-11-153906-4.jpg ]

企業間レンタル移籍プラットフォーム「LoanDEAL」を展開。イノベーション力の開発を中心とした人材育成の手として出向制度の活用を提唱するプラットフォームとして2015年9月にサービスを開始、加盟企業は100社を超えて順調に拡大しています。URL:http://loandeal.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る