• トップ
  • リリース
  • 〜新規事業 中国「新浪(sina)」「微博(weibo)」の広告販売代理店事業展開〜「新浪国際・日本グループ」との指定代理店契約締結

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社フォーサイド

〜新規事業 中国「新浪(sina)」「微博(weibo)」の広告販売代理店事業展開〜「新浪国際・日本グループ」との指定代理店契約締結

(PR TIMES) 2016年07月25日(月)16時03分配信 PR TIMES

当社連結子会社のフォーサイドエンタテイメント株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:假屋勝、 以下「当社グループ」と言います。)は、新浪日本総合ネットワークグループ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:橘 通頼、以下「新浪国際・日本グループ」と言います。)が管理運営する、「新浪(sina)」「微博(weibo)」により配信される広告及びPR記事掲載サービス等の販売代理を開始する事とし、指定代理店契約を本日締結しましたので、お知らせいたします。
新浪(sina)」は、1日平均アクセス数11.5億ページビュー、ユニークユーザー数6,010万を誇る中国最大のインターネットポータルサイトです。また、「微博(weibo)」は、中国唯一のミニブログサービスプロバイダーであり、個人アカウント数6億人以上、1日の投稿数は1.3億に上る中国の巨大SNSです。また、その活用は一般の個人ユーザーに留まらず、著名人や企業及び政府機関等にも浸透しプロモーションメディアとしても広く活用されております。

昨今の日本国内では、訪日中国人数が2015年に499万3,689人と過去最高を記録し(日本政府観光局JNTO調べ)、その訪日中国人の消費総額も2015年1兆4,174億円で前年比+153.9%(観光庁 観光統計調べ)となっており、中国人向けのビジネス市場が近年急激に増加しております。その為、日本国内の企業においても、「新浪(sina)」や「微博(weibo)」を活用したプロモーションに対するニーズは高まっており、インバウンド市場向けのプロモーションや、中国国内の一般ユーザーに向けてのブランディング等々、多くの日本企業が「新浪(sina)」及び「微博(weibo)」を利用したマーケティングの成功に期待しています。

「新浪国際・日本グループ」は、「新浪(sina)」と「微博(weibo)」の日本における広告・PRの独占販売権を獲得し、日本国内企業向けに広告及びPR記事掲載サービスを管理運営する事として正式に事業開始いたしました。当社グループでは、これまでにもメディア運営及び広告の販売・運営で培った経験を活かす事ができ、「新浪国際・日本グループ」との協力体制によって更に高度なマーケティングノウハウを蓄積できる事と、業容拡大による新規事業収益の確保等のシナジーが見込める事と判断し、指定代理店契約を本日締結するに至ったものであります。

「新浪国際・日本グループ」は、「新浪(sina)」と「微博(weibo)」全ての広告商品・サービスを取扱う為、中国最大手ポータルサイト「新浪(sina)」と中国唯一のミニブログ「微博(weibo)」の相互連携をしながら広告効果を最大化することに貢献できます。よって、的確且つ効果的に良質なプロモーション商品の提供が可能になり、訪日中国人に対するインバウンドビジネス市場及び中国国内での日本企業の活動や、越境EC市場等の拡大の一助ともなる事と考えております。

[「新浪(sina)」について(http://www.sina.com.cn/)]

[「微博(weibo)」について(http://www.weibo.com/)]

[広告出稿等に関する企業様向けお問合せ窓口]
フォーサイドエンタテイメント株式会社 担当:川治(カワジ)
TEL:03-6869-7044 FAX:03-6262-1057 Mail:kawaji@forside.co.jp

[新浪日本総合ネットワークグループ株式会社について(http://weibo-japan.co.jp/)]
[画像1: http://prtimes.jp/i/14416/11/resize/d14416-11-167730-0.jpg ]



[フォーサイドエンタテイメント株式会社について]

[画像2: http://prtimes.jp/i/14416/11/resize/d14416-11-924725-1.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る