プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

「親の雑誌-新装版-」3月1日より発売開始

(PR TIMES) 2017年02月01日(水)12時01分配信 PR TIMES

300人以上の個人史を発行した、親のための自分史「親の雑誌」がサービス内容を刷新

株式会社こころみは、親のための自分史作成サービス「親の雑誌」の内容、仕様、価格などを刷新し、3月1日より「親の雑誌-新装版-」として発売開始いたします。
平成29年2月1日
報道関係 各位
株式会社こころみ


[画像1: https://prtimes.jp/i/9237/11/resize/d9237-11-314052-0.jpg ]

 株式会社こころみ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:神山晃男)は、親のための自分史作成サービス「親の雑誌」の内容、仕様、価格などを刷新し、3月1日より「親の雑誌-新装版-」として発売開始いたします。
 親御さんの人生の振り返りや思い出を一冊の雑誌形式でまとめる「親の雑誌」は、“親のために作る自分史”という新ジャンルのサービスとして平成27年5月から発売し、申込者数1000件を超える大きな反響がありました。これまで、北海道から沖縄まで全国にお住まいの60歳から105歳の「親御さん」を対象に、300人以上の個人史「親の雑誌」を発行し、現在も毎日約1人のペースで発行し続けております。作成したご家族からは、「今まで知らなかった親の人生を残すことができた」「昔を思い出すことで親が元気になった。出来上がった雑誌は宝物」、「原稿の確認や写真選びを一緒にすることで、親との絆が深まった」など多くの感想が寄せられています。

 新装版では、お客さまのご要望が多かった点を見直し、「気軽に作れる」良さはそのままに、一生残る記念品にふさわしい雑誌にバージョンアップします。全20ページ(従来は16ページ)のフルカラー、厚みがあるミラーコート紙使用の表紙など装丁を改善し、写真掲載点数の増加や個人年表の充実、ご家族コメント欄の新設など、掲載内容の充実を図りました。さらに、雑誌制作自体を楽しんでいただけるよう「親の雑誌コンシェルジュ」をご用意。親子の絆を深める雑誌作りのアドバイスや、雑誌完成後のプレゼント方法のご提案など、雑誌作成前から雑誌作成後までご家族をフォローアップします。訪問取材と電話取材を経て全5冊の雑誌ができるサービスの価格は18万円(税別)で、30万円〜100万円程度が主流の「自分史」の中でも安価な設定になっています。
 なお、旧来の「親の雑誌」は1月末日で受付を終了し、「親の雑誌-新装版-」は2月1日からWEB先行予約を開始、3月1日より一般発売開始となります。

 従来の7万円から値上げとなる今回の価格改定ですが、サービス開始から1年間でお客さまからお寄せいただいたさまざまなご要望を取り入れより良いサービス内容とすると共に、将来も継続的に本サービスを提供し続けられる制作体制を築いていくべく、今回の決断に至りました。
 今後、弊社ではさまざまな企業やサービスとの提携やタイアップを積極的に進めることで、より多くの方に「親の雑誌」を作成いただき、サービスを通じて元気な超高齢社会の実現に貢献することを目指します。


■親の雑誌-新装版-7つのポイント
 ページボリュームアップ
 4ページ増え、表紙を含めて全20ページになります。ページ数が増えたことで思い出のお写真がより大きく、数多く掲載できます。また、初回訪問インタビューの記事内容も見やすくなります。
 見た目が美しく、とっておきの一冊に
 全ページの紙質を変更し、表紙は厚みがあるミラーコート紙を使用するので、家族の思い出の雑誌にふさわしい仕上がりになります。
 年表がさらに充実
 大好評の年表ページが3ページになり、親御さんの記録をしっかりと残せます。
 家族コメントを残せる
 最終ページには、お申し込みいただいたご家族の一言コメントを新たに掲載。「親の雑誌」を一緒に作ってきた思いや親御さんへの感謝の気持ちを伝えます。
 表紙を選べる
 大事な一冊だから、表紙にはこだわりたい。訪問時撮影のお写真で作る表紙、思い出写真で作る表紙、ノーマルなデザイン表紙の中から選択できます。
 「親の雑誌コンシェルジュ」をご用意
 親子の絆を深める雑誌作りのアドバイスや、雑誌完成後のプレゼント方法のご提案など、雑誌作成前から雑誌作成後まで、雑誌を作ることを楽しんでいただけるようご家族をフォローアップします。
 大切にお届け
 親の雑誌専用ボックスでお手元にお届け。親御さんへのプレゼント用のギフト袋もついてきます。

■親の雑誌の特徴
リーズナブルに、気軽に作成できます
 「親の雑誌」は”自分のため”ではなく、”親のため”に作るため、気軽さを最大の特徴にしています。取材込みの制作価格は18万円(税別)で、30万円〜100万円程度が主流の「自分史」の中でも安価です。最少で5冊のみ作成できるため、100冊ほど作成するのが一般的な自分史のように、友人・知人に配布するなどの煩わしさもありません。また、コンテンツの大部分をインタビュー記事で構成するため、自ら執筆する必要もありません。会話サービスのスタッフであり、「聞く」専門家であるコミュニケーターが親御さんのお宅を訪問し、ご誕生から現在までのヒストリーを取材します。
 訪問取材後の20分の電話インタビューでは、最近の出来事やご趣味などについてお話しいただき、ショートストーリーとして掲載します。電話インタビューは訪問した担当者が行うため、安心してお話しいただけることも特徴の一つです。

世界にたった5冊の雑誌は家族のコミュニケーションツールとしてご活用いただけます
 訪問取材と電話取材によるインタビュー記事に、親御さんのプロフィールや家族写真を加えて、約3〜4カ月後に全20ページフルカラーの雑誌5冊をご家族のもとにお届けします。家族には語らなかったこと、今だから家族に伝えたいことなど、ふだん聞くことができない話が満載。世界に5冊しかない雑誌は、家族間のコミュニケーションツールとしてご活用いただけます。

■親のための自分史作成サービス「親の雑誌-新装版-」概要 
【発売日】 平成29年3月1日 ※2月1日よりWEB先行予約

[画像2: https://prtimes.jp/i/9237/11/resize/d9237-11-444872-1.jpg ]

【料金】 18万円〜(税別)
・全20ページフルカラーの雑誌5冊  
・初回訪問取材および3〜4回のお電話取材とレポート
※雑誌は1冊につき2500円(税別)で増刷可能です。
*追加注文の場合は5冊〜
※東京都23区以外に親御さんがお住まいの場合は、別途出張経費(交通費等)を申し受けます。

【各種特別プラン】 *すべて税別
◇親の雑誌新装版スペシャル・エディション・・・25万円
  特典:全24ページ/全20冊&保存版特別仕様1冊/家族インタビュー/デザイン校正
◇両親の雑誌・・・33万円  
特典:夫婦2冊用バインダー/夫婦相互インタビュー
お父さま、お母さまの雑誌を1冊ずつ作成します。なお、お父さまとお母さまの取材日が同日の場合に限ります。
◇特別編集プラン・・・50万円〜
  ご要望に合わせ、プロのライター&ディレクターが制作します。ご自身で書いた文章の編集も可能です。
◇故人の雑誌・・・25万円〜   ◇会社の雑誌・・・40万円〜

【オプション】
□増刷 2500円/冊 *50冊以上は2000円/冊 *送料一律1000円
□ページ追加 3万円〜             
□デザイン校正 1万5000円 
□家族インタビュー(お電話) 6000円
□インタビュールーム手配 1万円〜
□プロカメラマンによる写真撮影 6万円 *東京都23区以外は交通費別途 *撮影データ付き
□スタイリング、ヘアメーク 5万円 *東京都23区以外は交通費別途
□インタビュービデオ作成 10万円〜
□アルバム作成サービス5万円〜 *アルバム等のお写真をデータ化 
□初回訪問取材・土日対応 1万円
□特急料金3万円 *訪問から6週間で作成 

【お問い合わせ】
0120-042-488(平日9時〜18時) URL:http://tsunagariplus.cocolomi.net/oyanozasshi/

■株式会社こころみ 会社概要
 代表者:代表取締役社長 神山晃男
 本  社:〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-9-15 広尾宮田アネックスビル3階
 資本金:1550万円
 設 立:2013年6月17日
 事業内容:会話サービス「つながりプラス」、親のための自分史作成サービス「親の雑誌」



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る