• トップ
  • リリース
  • 親子で体験しながら学べる、国内最大の下水道イベント 「下水道展’16名古屋」

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

公益社団法人 日本下水道協会

親子で体験しながら学べる、国内最大の下水道イベント 「下水道展’16名古屋」

(PR TIMES) 2016年07月25日(月)11時03分配信 PR TIMES

明日から4日間、ポートメッセなごやで開催


[画像: http://prtimes.jp/i/8960/11/resize/d8960-11-697320-1.jpg ]



公益社団法人 日本下水道協会(略称:JSWA、理事長:曽小川 久貴)は、明日、2016年7月26日(火)から29日(金)の4日間、ポートメッセなごや(愛知県名古屋市港区)で「下水道展’16名古屋」を開催します。パブリックゾーンでは、『なごやから生まれる“みらいのカタチ”』をテーマに「スイスイ下水道研究所」が開催されます。下水道が様々な場面で街、地域、自然を支える力を持っていることを感じ、交流し、繋がっていただける、 疑似体験展示とエンターテイメントカンファレンスを開催します。

〜名古屋市上下水道局 体験型ブース〜
名古屋市上下水道局は、スイスイ下水道研究所 「災害対策研究室」ブース(小間番号:2-240)にて、「街を浸水から守る!」をテーマに、パネル展示だけでなく、子供から大人まで触ったり、動かしたり体験しながら下水道について楽しく学べる展示をします。

【名古屋市上下水道局の出展ブース内容詳細】
●浸水体験 “扉が開かない”
街が浸水した時に水の力で家の扉が簡単に開かない状態を体験
●豪雨体験 “ハコビジョンで豪雨を体験”
スマートフォンを使った3Dゴーグル(ハコビジョン)で豪雨の空を360度ヴァーチャル体験
●トリックアート
街を浸水から守る施設「名古屋中央雨水幹線」や「広川ポンプ所」などを題材のトリックアートを展示
●出張!下水道科学館
名古屋市の下水道科学館(北区名城一丁目3-3:名城水処理センター1階)が下水道展に出張し、
ワークショップを開催。期間中、日替わりで簡単な工作教室(申込不要、入場無料)を開催

【スイスイ下水道研究所企画内容】
1.スイスイ下水道研究所 「みらい研究発表大会」
小学生から大人まで、水に関係する様々な 研究、調査、活動について 分かり易く!楽しく!面白く! がポイントの発表大会。

2.「ワクワク ステージ」
動物ものまねでおなじみの江戸家小猫さんと会場のみなさんといっしょに楽しく遊ぶステージイベント!

3.スイスイ水の実験教室supported by 共立理化学研究所 (参加無料)
生活のなかで、使った水、川の水、下水処理場の水、それぞれの汚れ具合を調べます。
実際に調べる事で、それぞれの汚れ具合を実感出来る実験教室です。
■開催日程:7月28日
■対象:小学3年生〜
■定員:24名(28日先着順)
■受付は、28日11:00〜13:50にスイスイ下水道研究所受付で行います。
※当日、ご家庭で使った水を持参すれば、汚れ具合が調べられます。

4.GKP広報大賞
下水道界に優れた広報活動を広く普及させていくことを目的に 下水道インフラの価値を高める広報活動事例を発掘し、積極的に評価、表彰する記念式典です。

5.スイスイワークウェアパフォーマンスコンテスト
全国の下水道関係自治体の方に、自分の仕事、会社、部署の仕事内容など下水道の仕事を来場者に、積極的にパフォーマンスでアピール!コメント、紙芝居、踊り、パントマイムなど、楽しく!面白く!分かり易く!下水道をPRできたかを競っていただきます。

6.スイスイ下水道研究所アワード
●「<わたしたちのくらしと下水道>はがき新聞コンテスト表彰」
入選した作品の中から各賞受賞者をこのステージで発表します。
●「全国下水道マスコットキャラクター総選挙」
全国の下水道関連団体のエントリーキャラクターの中から、今年一番の下水道人気キャラクターが決定します。

7.教えて!ウンコビッチ博士
今年もあの「ウンコビッチ博士」がやってきます! うんちの大切さ、トイレの大切さを
みんなに教えにやってきます!ぜひ一緒に「うんちっち体操」でみんな元気!!!

8. ウンディと一緒に 下水道を学ぼう!
「食べ物」「からだ」「排水と処理」を水循環の中で考えてもらい、健康的な生活と下水道の役割について、ウンディといっしょに学んでいただきます!

9.エコレシピ教室
環境にもやさしいお菓子作りを通して、台所にもやさしい洗い方を学びませんか?
ぜひ、一緒に体験してみてください!
■開催日程:7月29日
■対象:小・中学生
■定員:24名(29日先着順)
■受付:29日11:00〜13:30 にスイスイ下水道研究所受付で行います。

10.ブロックで学ぶ!遊ぶ!「水のゆくえワークショップ
レゴRシリアスプレイRメソッド認定ファシリテーターによるブロックを使ったワークショップ。「使った水ってどこにいくの?」をテーマに参加する子ども達にブロックを使いながら自由に考えてもらいます。
■定員:30名
■対象:小学3年生〜
■募集/詳細:www.facebook.com/suisuigesuido

<「スイスイ下水道研究所」申し込み・お問い合わせ先>
「スイスイ下水道研究所」事務局
Facebook: www.facebook.com/suisuigesuido
E-mail: suisui@plus-m.co.jp Tel: 03-5541-7080 Fax: 03-6222-4823

「下水道展’16名古屋」へご来場いただく際には、事前にWebサイトで、来場者事前登録、団体来場登録をしていただきますと、当日の入場がスムーズになり、さらに入場登録時に配布される抽選券をお持ちの方には、抽選で宿泊ギフト券などの豪華な景品を進呈いたします。

◇その他 併催行事・併催企画の詳細はこちらをご参照ください。
http://www.gesuidouten.jp/event/
◇抽選券付来場者バッジが手に入る事前来場登録のお申込みはこちらをご覧ください。
https://www.npr-event.jp/gesuidou2016/mypage/entry_form.php
◇団体来場登録のお申し込みはこちらをご覧ください。
https://www.npr-event.jp/gesuidou2016/dantai/d_entry_form.php

【「下水道展’16名古屋」 開催概要】
名称:日本発!くらしを支える底力「下水道展’16名古屋」
会期:2016年7月26日(火)〜29日(金)
会場:ポートメッセなごや (愛知県名古屋市港区金城ふ頭二丁目2番地)
主催:公益社団法人 日本下水道協会
後援:国土交通省、環境省、経済産業省、文部科学省、全国知事会、全国市長会、
全国町村会、愛知県、名古屋市、日本下水道事業団、日本経済新聞社中部経済連合会、水のいのちとものづくり中部フォーラム、テレビ愛知
協賛:公益財団法人 日本下水道新技術機構など関係59団体
出展社数および出展小間数:277社(団体)、922小間
ゾーン別出展社数277社(団体):
(設計・測量:7、建設:64、管路資器材:49、下水処理:95、維持管理:37、
公共団体・公的機関等:12、その他:13 /合計277社(団体))
ゾーン別出展小間数922小間:
(設計・測量:16、建設:156、管路資器材:166、下水処理:410、維持管理:87、
公共団体・公的機関等:65、その他:22 /合計922小間)

【参考: 前回「下水道展’15東京」の開催実績】

来場者数:92,291人
出展社数および出展小間数:331社(団体)、1,010小間

公益社団法人 日本下水道協会について
公益社団法人 日本下水道協会は、昭和39年4月に設立し、2014年で50周年を迎えました。その後、下水道事業を実施または計画している地方公共団体を正会員に、下水道の全国的な統一団体として、下水道に関する調査研究を行うとともに、下水道の普及による河川、湖沼、海など公共用水域の清らかな水環境の創造を目的に、幅広い活動を行っています。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る