プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

G空間EXPO2016運営協議会事務局

G空間EXPO2016 日本科学未来館にて開催!

(PR TIMES) 2016年11月17日(木)10時25分配信 PR TIMES

G空間社会の仕組みを知って日本の未来を体感しよう!〜最新テクノロジーに触れる3日間〜

2016年11月24日(木)〜26日(土)
[画像1: http://prtimes.jp/i/8538/11/resize/d8538-11-178445-1.jpg ]


[画像2: http://prtimes.jp/i/8538/11/resize/d8538-11-672184-0.jpg ]

G空間EXPO2016運営協議会(国土交通省国土政策局、国土地理院 ほか産学官で構成)は、11月24日(木)〜26日(土)の3日間、日本科学未来館(東京・お台場)にてG空間EXPO2016を開催する運びとなりました。
今年で6回目を迎えるG空間EXPOのキャッチコピーは、「みんな『G空間』の中にいる。」と題し、普段、生活の中で誰もが知らないうちに使用している位置情報の最新利活用事例の紹介や、今後益々の発展、利用シーンの拡大を見込む分野において、日本の未来を体感できるイベントとなっております。

また、本年度のG空間EXPO2016の開催にあたっては、初の地方版として
・「地理空間情報を活用した災害に強いまちづくりと地方行政への応用」をテーマとしたG空間EXPO2016in仙台(10/5開催)
・「地理空間情報を活用した都市づくり 〜人材育成、安心・安全な国土づくりを例に〜」をテーマとしたG空間EXPO2016in大阪(10/24-25開催)
も開催し、各地方における初開催も大盛況となりました。

日本科学未来館で行われるG空間EXPOでは、有識者による講演はもちろん、最新のテクノロジーが一同に会し、それらを活用したサービスを体感することができます。また、今年、世界中で注目を集めた「AR×位置情報」をテーマに会場内で楽しめる参加型のアクティビティも開催いたします。その他、本EXPOを構成する5つのイベント(G空間EXPOメッセージゾーン・地理空間情報フォーラム・Geoアクティビティコンテスト・Geoエデュケーションプログラム・講演シンポジウム)を通じて、G空間社会を体感できるプログラムが盛りだくさんとなっております。

G空間社会の仕組みを分かりやすく学べ、日本の未来を体感できるG空間EXPO2016にご期待下さい!

<開催概要>

[表1: http://prtimes.jp/data/corp/8538/table/11_1.jpg ]



<今年のG空間EXPOはココが違う!>

[表2: http://prtimes.jp/data/corp/8538/table/11_2.jpg ]



■G空間(情報)とは、ナノテクノロジー、バイオテクノロジーと並び将来が期待される三大重要科学技術分野の一つとされている「地理空間情報技術」(=Geospatial technology)の頭文字のGを用いた
「地理空間(情報)」の愛称です。

■G空間は国土やインフラの地理情報、自動車のプローブ情報といったビッグデータと、人工衛星やGPSから
 得られる測位情報などを組み合わせ、防災対策の高度化や新産業、サービスを生み出す次世代ツールとして
 注目を浴びており、2020年に日本企業の国内外のG空間関連市場を2012年の約20兆円から最大で3倍の
 62兆円に拡大するとの試算もございます。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る