• トップ
  • リリース
  • 中南米およびメキシコの2018年ベストレストラン50で クリティバのマヌーが Miele One To Watch Awardを受賞

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

ミーレ・ジャパン株式会社

中南米およびメキシコの2018年ベストレストラン50で クリティバのマヌーが Miele One To Watch Awardを受賞

(PR TIMES) 2018年11月08日(木)10時40分配信 PR TIMES


[画像1: https://prtimes.jp/i/26008/10/resize/d26008-10-229748-0.jpg ]

シェフのマヌー・ブッファラはブラジルのクリティバにあるレストランで腕を磨きました。/ マヌーは、革新的なブラジルの美食界で、その独創性、技術、洗練性で高い評価を得ています。

ボゴタ、コロンビア、2018年10月17日 - 中南米およびメキシコのベストレストラン50は、Miele One To Watch Award(ミーレの注目する人材賞)という今季3度目の特別賞を発表しました。Miele One To Watch Awardは、今後数年間中南米およびメキシコのベストレストラン50のリストに加わる可能性の高いレストランを表彰するものです。レストラン、マヌー(Manu)は2013年よりサン・ペレグリノとアクアパンナが主催する中南米およびメキシコのベストレストラン50の開催以来、この地域の特別なレストランとして6番目のOne To Watch受賞レストランとなりました。

オーナーシェフであるマノエラ・マヌー・ブッファラは、10月30日火曜日、コロンビア、ボゴタのアゴーライベントセンターで開催される、第6回中南米およびメキシコのベストレストラン賞表彰式において、Miele One To Watch Awardを受賞します。本日発表するは、既に発表された他の2つの賞に続く、ベストレストラン50のリスト発表につながる賞です。その一つが、メキシコシティーのレストラン、ニコス(Nicos)の2人のシェフ、マリア・エレナ・ルゴ・ツェルメーノ氏 およびジェラルド・バスケ・ルーゴ氏に授与されたダイナースクラブ(R)ライフタイム・アチーブメント賞。そしてもう一つがリマのレストラン、セントラル(Central)及びコイエ(Kjolle)のシェフ、ピア・レオン氏に授与されたジ・エリート(R)ウォッカ・中南米およびメキシコの最優秀女性シェフ賞です。

中南米およびメキシコのベストレストラン50のグループエディター、ウィリアム・ドリュー氏は、「中南米およびメキシコのベストレストラン50のファミリーにレストラン、マヌーを迎えることは光栄なことです。彼女のレストランはブラジルで最も有望な飲食店のひとつとして評判を得ています。特に、グルメの中心拠点であるサンパウロとリオデジャネイロから離れ、クリティバのレストランが表彰されたことは喜ばしいことです。」と述べています。

シェフのバファラは農家の娘として育ったため、地産物への愛情、そして食材を正確かつ慎重に取り扱うことを受け継いできました。これがレストラン、マヌーの価値観の本質的部分となったのです。メニューはブラジル南部の食材から厳選され、コーンマカロンや野イチゴとライムのかき氷を使ったオイスター料理などのオリジナル特製料理を提供しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/26008/10/resize/d26008-10-694175-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/26008/10/resize/d26008-10-285164-2.jpg ]

ブッファラは次のように述べています。「Miele One To Watch Awardは、私にとってだけでなく、私のチーム、私の町、私の州、そして私の国にとっても名誉なことです。ブラジルのパラナ州で私たちが行っている仕事と活動を伝えることが大切だと思っています。今回の受賞は、マヌーで使用している製品の背後にあるコミュニティ全体にも利益をもたらすため、私の考えを広めることにも役立つと思います。料理は人と町を変える力を持っていますから。」

ブッファラは、コペンハーゲンのノーマで新鮮な食材の調達について学んだことを様々な段階でマヌーに反映させました。さらにシカゴのレストラン、アリネア(Alinea)でも学び、イタリアとアラスカでも腕を磨きました。クリティバでは、都市庭園プロジェクトや地元の養蜂の取り組みに携わりました。廃棄物削減の熱心な提唱者でもあります。

ミーレのマーケティングおよびセールス担当代表取締役であるDr.アクセル・クニールは次のように述べています。「ミーレでは、高品質で魅力的な革新を象徴するだけでなく、一流の料理とスタイリッシュな喜びを求めています。地域社会をより良くするためのマヌーの献身的な姿勢、地元の優れた食べ物への情熱、早くから身に付けた料理に対する愛情は、私たちに深い感銘を与えてくれます。マヌーとこの賞を受賞したレストランチーム全員にお祝いを申し上げます。」

これまでにOne To Watch Awardを受賞したレストランには、2013年にブラジルのベレムにあるロマンソ・ド・ボスク(Remanso do Bosque)、2014年、チリのサンティアゴにあるアンブロシア(Ambrosía)、2015年はアルゼンチンのブエノスアイレスにあるイ・ラティーナ(I Latina)、2016年、メキシコ、グアダラハラのアルカルデ(Alcalde)。そして2017年は、ブラジルのリオデジャネイロにあるシェフ・フェリペ・ブロンズのレストラン、オロ(Oro)があります。

Miele One To Watch Awardについて
Miele One To Watch Awardは、中南米およびメキシコのベストレストラン50の地域の中で、有望なレストランに贈られるこの上ない表彰であり、高い将来性を持ち、地域の美食に力を注いでいる証であります。
Miele One To Watch Awardは、近い将来、中南米およびメキシコのベストレストラン50のリストに入る可能性のあるレストランを表彰します。優勝者は、中南米およびメキシコのベストレストラン50の協会が選出外となったレストランの中から公平に選びます。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る