• トップ
  • リリース
  • 西野亮廣が雑誌『Discover Japan』の“特集”に。空海と西野を重ね合わせ、日本の未来を占う

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社竅iえい)出版社

西野亮廣が雑誌『Discover Japan』の“特集”に。空海と西野を重ね合わせ、日本の未来を占う

(PR TIMES) 2017年01月04日(水)11時15分配信 PR TIMES

株式会社竅iえい)出版社が発行する月刊誌『Discover Japan』は2017年1月6日(金)発売となる2月号で特集に、漫才をする絵本作家・西野亮廣氏を迎えます


株式会社竅iえい)出版社が発行する月刊誌『Discover Japan』は2017年1月6日(金)発売となる2月号で特集に、漫才をする絵本作家・西野亮廣氏を迎えます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/22918/10/resize/d22918-10-104025-3.jpg ]



特集タイトルは、「西野亮廣から、未来の日本のヒントが見えてくる。」。優れた「モノ」「コト」「ヒト」を通して本物かつ上質な日本を発信することをコンセプトとする雑誌『Discover Japan』で、特集として一人の人物にフィーチャーするのは創刊後2度目。2011年に取り上げた弘法大師空海と西野氏を重ね合わせ、最先端を切り開く先駆者として西野氏の活動や思い、志までを紐解き、あるべき日本の将来像と描き方を探ります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/22918/10/resize/d22918-10-456757-0.jpg ]


表紙デザインは先行公開! 読者巻き込み型プロモーション、発案は西野氏

絵本業界史上に類を見ない「クラウドファンディング」による絵本づくりを達成し、同時に発売後2か月23万部という快進撃を見せた西野氏。今回の特集号においても、表紙デザイン4パターンをFacebookで先行公開し、広く読者の意見を募るという試みを実施。西野氏と『Discover Japan』の双方で制作過程に作り手、参加者を巻き込むことでファンを増やし、信頼とお金を集めて大きな事柄を達成するという西野氏ならではの仕掛けを行いました。


[画像3: https://prtimes.jp/i/22918/10/resize/d22918-10-948677-2.jpg ]


『Discover Japan』は2017年1月6日(金)発売。決定した表紙は発売とともに明かされます。特集内容は以下のとおり。

■『Discover Japan』Vol.64 2017年2月号
特集:西野亮廣から、未来の日本のヒントが見えてくる。
発売日:2017年1月6日(金)
定価:780円(税込)
https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/discover-japan-429130/

【CONTENTS】
西野亮廣、高野山へゆく。
スペシャル鼎談「日本の未来は明るいし、僕らが明るくする。」
まずは知っておきたい、改めて、西野亮廣を知るためのキーワード
西野亮廣が倒したい相手 空海はスーパークリエイターでした
西野亮廣はなぜ絵本を描こうと思ったのか?
西野さんの夢の叶え方 ――秘密は「クラウドファンディング活用術」にありました。
西野亮廣、伝統産業の街・高岡で12代目鋳物師を演じる
西野流 地方創生、はじめました
西野亮廣が2017年、たくらんでいること    ……他

○西野亮廣
お笑いコンビ・キングコングとして活躍しながら、絵本を刊行。絵本業界として異例の35人のスタッフによる分業でつくられた『えんとつ町のプペル』(幻冬舎)は、発売2か月で23万部の発行を記録。入場無料で『えんとつ町のプペル展』を実施するため、その制作費を募ったクラウドファンディングでは4600万円以上、6257人という支援を集めた。2016年8月刊行の著書『魔法のコンパス 道なき道の歩き方』(主婦と生活社)は10万部突破。お笑い芸人や絵本作家という枠組みにとらわれない活動で全国に強いファンをもつ。一方で、SNSで「週4ペースで炎上」する(本人談)という、その率直かつ過激な発言でも話題を集める。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る