• トップ
  • リリース
  • 「新潟市×G-SHOCK!?」〜地方創生とストリートカルチャーは共生するか?〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

「新潟市×G-SHOCK!?」〜地方創生とストリートカルチャーは共生するか?〜

(PR TIMES) 2016年10月26日(水)10時48分配信 PR TIMES

民間団体で構成する実行委員会と新潟市は、港の新たなにぎわい創出に向けて、今後の活用の検討が進む万代島旧水揚場跡地を会場に、社会実験「G-SHOCK presents NIIGATA #CUT IN PARK」を開催します。
[画像1: http://prtimes.jp/i/21357/10/resize/d21357-10-429297-0.jpg ]

 会場となる同跡地は、かつて水産関係者による荷捌が行われていた場所で、水産市場の移転に伴い、かつてのにぎわいは失われましたが、今年3月に国内外の有名アーティストによって描かれた日本屈指の規模のストリートアートにより、港の歴史と新たな文化を同時に味わえる他に類を見ない施設となっています。

[画像2: http://prtimes.jp/i/21357/10/resize/d21357-10-430823-1.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/21357/10/resize/d21357-10-574134-2.jpg ]

[画像4: http://prtimes.jp/i/21357/10/resize/d21357-10-445105-3.jpg ]


 各ジャンルトップクラスのゲストが集い、ストリートカルチャーを切り口にした、これほどの規模で行う社会実験は全国的にも珍しく、日本スケートボーディング連盟によるストリートセクションを使ってのスケートボードコンテストや、バスケットボールのプロリーグからストリートまで幅広く活躍するMCのMAMUSHIをゲストに迎えての3on3トーナメント、世界でも注目されているブレイクダンスのダンサーISSEIをゲストに迎えてのダンスバトル、NBA選手のアートも手掛けている澁谷忠臣氏によるバスケットボールを題材にしたアートなど、2019年に開港150周年を迎える新潟港エリアをストリートカルチャーで盛り上げます。

[画像5: http://prtimes.jp/i/21357/10/resize/d21357-10-150618-4.jpg ]


[画像6: http://prtimes.jp/i/21357/10/resize/d21357-10-820777-5.jpg ]



[画像7: http://prtimes.jp/i/21357/10/resize/d21357-10-673587-6.jpg ]



[画像8: http://prtimes.jp/i/21357/10/resize/d21357-10-106849-7.jpg ]



 AKB総選挙やプロジェクションマッピングの国際大会開催など、最近何かと話題の新潟市が、今度はG-SHOCKのサポートを受け、ストリートカルチャーを地方創生に繋げる事が出来るか!?詳細は下記WEBサイトからご確認ください。

http://cutin.jp
〜新世代のライフスタイルを新潟のカルチャーで刺激するCUT IN WEB〜

○ 開催概要
・イベントタイトル
G-SHOCK presents NIIGATA #CUT IN PARK
・主催
NIIGATA #CUT IN PARK 実行委員会/新潟市
・開催日時
2016年11月3日(木・祝)10:00〜17:00 ※10/29〜11/1までスケートパーク、バスケットゴールを無料開放
・入場料
全セクション共に入場(観戦)無料
・会場
新潟市万代島旧水揚場跡地(新潟市中央区万代島地内・朱鷺メッセ向かい)
※詳しい場所は上記WEBサイトからご確認ください。

○注意事項
・当日はスタッフによる撮影が入ります。後日フリーペーパーCUT IN紙面やWEB、各種動画等のPRに使用しますのでご了承ください。
・周辺の駐車場に限りがあり駐車出来ない場合がございます。来場の際は公共交通機関等をご利用ください。
・万代島C駐車場は身体に障害のある方や、高齢者(介護保険適用者)、妊婦等の方々が利用できる駐車場です。ご利用にあたっては、新潟県発行の「おもいやり駐車場利用証」の掲示にご協力ください。
・会場外の周辺道路等でのスケートボードの使用はご遠慮ください。
・施設内で起きた事故、ケガ等については自己責任となります。施設管理者は一切の責任を負いません(万一の事故等に備えて、傷害保険への加入をお勧め致します)。
・故意に施設を破損した場合は、修理費などを当事者に実費請求致します。
・ゴミは各自でお持ち帰りください。
○禁止事項
・飲酒及び酒気を帯びての使用
・場内での火気の使用(喫煙・花火等)
・目的外の使用、危険行為、他の使用者の迷惑になる行為



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る