• トップ
  • リリース
  • 「ジャパンラグビー トップリーグ2016-2017 年間表彰式」にAIGジャパン代表がプレゼンターとして登壇

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

AIGジャパン・ホールディングス株式会社

「ジャパンラグビー トップリーグ2016-2017 年間表彰式」にAIGジャパン代表がプレゼンターとして登壇

(PR TIMES) 2017年01月16日(月)16時13分配信 PR TIMES

新たにAIG賞(最多試合数レフリー賞)が創設

AIGジャパン・ホールディングス株式会社(以下、AIGジャパン)は、2017年1月15日に開催された「ジャパンラグビー トップリーグ2016‐2017 年間表彰式」にて、今年からAIG賞(最多試合数レフリー賞)が創設され、代表取締役社長兼CEOのロバート・ノディンがプレゼンターとして参加したことをお知らせします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/20772/10/resize/d20772-10-129736-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/20772/10/resize/d20772-10-880853-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/20772/10/resize/d20772-10-480264-2.jpg ]


AIGジャパンは、2016年に「ジャパンラグビー グラスルーツパートナー」としてのスポンサー契約を更新しました。小学生を対象にしたタグラグビーの普及活動を含め、自国開催の大きな国際イベントが控える日本ラグビー界を継続して支援し、日本でのラグビー普及の貢献に取り組んでいます。

また、AIGのラグビー支援は選手育成に留まらず、日本ではまだ少ないレフリーの育成にも及びます。レフリーの育成による競技力の向上からラグビー人気の高まりも期待し、2014年から「ジャパンラグビー レフリー育成パートナー」を務めています。

今回開催されたジャパンラグビー トップリーグの年間表彰式は、その年に活躍した個人、チーム、レフリーなどを表彰する場で、今年も日本ラグビーを代表する面々が表彰されました。

ジャパンラグビー トップリーグ2016-2017においてレフリーとアシスタントレフリーを合算して最も多く担当し、今シーズン、多大なる貢献をした者に贈られる賞「最多試合数レフリー賞」が今年より創設され、その名称が「AIG賞」と名付けられました。初めてAIG賞を受賞した梶原 晃久氏に、プレゼンターであるAIGジャパン代表のロバート・ノディンが記念盾を授与しました。梶原氏は「素晴らしい賞をいただき、ありがとうございます。来シーズンも受賞できるよう、レフリング力の向上に努めます」と受賞の喜びをコメントしました。

ロバート・ノディンは、「ラグビーはあらゆる意味で正にチームスポーツであり、レフリーも重要な役割として試合に参加していると思います。試合中にチームキャプテンとのコミュニケーションを通じて、試合をより面白く展開させる素地を作るというすばらしい役割を果たしています。AIGジャパンは日本ラグビーへの支援の一環として、今回の表彰などでレフリーの育成をサポートすることを誇りに感じています」と述べています。

AIGは、グラスルーツ(草の根レベルの活動)から国際試合レベルにおいて今後も世界規模でのラグビーの普及活動を支援してまいります。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る