プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社マーシュ

残業時間はどれくらい?〜残業時間に関するアンケート〜

(PR TIMES) 2016年11月10日(木)14時32分配信 PR TIMES

残業時間が「多い」と感じている人は26.2%、「少ない」と感じている人は32.2%。

2016年9月、東京都の小池百合子都知事は都庁の職員に対して、全職員が午後8時には帰宅する「超過勤務縮減策」を取り入れることを宣言した。その他、各民間企業も「ノー残業デー」「変形時間労働制」「フレックスタイム」など、残業時間の削減に向けて取り組んでいる事例が多々見られる。
長い残業時間、長時間労働は、働く人の心身健康にも害を及ぼしかねない。

そこで今回は、「残業時間」についての消費者の様々な意識や状況について、アンケートを行った。
※正社員・契約社員(フルタイム勤務)・専門職の方を対象に実施しました。
マーケティングリサーチ・市場調査会社の株式会社マーシュは、全国の20代〜50代の男女個人を対象とした「残業時間に関するアンケート調査」を実施し、その結果を11月9日に公開しました。

【調査結果(一部)】

■賃金体系について、あてはまるものをひとつお知らせください。(SA) n=320

・定額制(月給・週給・日給・時間給)・・・92.5%
・出来高制(単価請負制・時間請負制)・・・3.4%
・年俸制(1年分の賃金を提示)・・・2.5%
・その他・・・0.0%
・わからない・・・1.6%
[画像1: http://prtimes.jp/i/18991/10/resize/d18991-10-516089-1.jpg ]


⇒9割超が「定額制」。性別でみると、女性の方が男性より「定額制」の割合が高い。

■「ノー残業デー」の制度はありますか。また、実施されていますか。(SA) n=320

・制度はあり、実施されている・・・23.4%
・制度はあるが、あまり実施されていない・・・14.4%
・制度はない・・・57.2%
・制度があるかわからない・・・5.0%
・その他・・・0.0%
[画像2: http://prtimes.jp/i/18991/10/resize/d18991-10-194267-2.jpg ]


⇒「ノー残業デー制度」は「ない」が半数を超える。企業規模別でみると、「制度はあり、実施されている」は大企業が中小企業の約3倍となっている。

■1ヶ月あたりの平均残業時間はどの位ですか。(SA) n=320

・残業はない・・・21.3%
・5時間未満・・・19.4%
・5〜10時間未満・・・13.8%
・10〜20時間未満・・・16.9%
・20〜30時間未満・・・11.9%
・30〜45時間未満・・・10.0%
・45〜60時間未満・・・4.1%
・60〜80時間未満・・・1.6%
・80時間以上・・・1.3%
[画像3: http://prtimes.jp/i/18991/10/resize/d18991-10-246105-3.jpg ]


⇒「残業はない」が約2割。年代別でみると、20代の「30〜40時間未満」が全体と比べて高い傾向にある。

※ホームページには上記以外のデータも多数掲載しております。
また、すべての回答データは無料でダウンロードしていただけます。

【すべての調査結果はこちら】
https://www.marsh-research.co.jp/examine/2810overtimework.html
※上記ページにて、簡易レポートおよび集計表を含むデータを無料でダウンロードしていただけます。

【調査内容】
・勤続年数(SA)
・賃金体系(SA)
・勤怠管理方法(SA)
・「ノー残業デー」の制度の有無(SA)
・小池都知事の「超過勤務縮減策」に関する意見(SA)
・1ヶ月の平均残業時間(SA)
・自身の残業時間に対する意識(SA)
・過去1年間の休日出勤の有無(SA)
・代替・振替休日取得状況(SA)
・年次有給休暇取得状況(SA)
・「仕事とプライベート」重視度(SA)

【調査概要】
調査名: 残業時間に関するアンケート調査
調査対象者: 全国、10代〜50代の男女、有職者
有効回答数: 320s
割付: 性別均等、大企業・中小企業均等 ※大企業=従業員数300名以上 中小企業=従業員数300名未満
調査期間: 2016年10月18日(水)〜10月 21日(金)
調査方法: インターネット調査
調査機関: 株式会社マーシュ
アンケートモニターサイト「D STYLE WEB」(http://www.dstyleweb.com/)の登録会員を対象に実施



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る