• トップ
  • リリース
  • 日本ランズエンド株式会社 「よこはまグッドバランス賞」ゴールド賞受賞! 〜3月27日副市長より表彰状が授与されました〜http://www.landsend.co.jp

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

日本ランズエンド株式会社

日本ランズエンド株式会社 「よこはまグッドバランス賞」ゴールド賞受賞! 〜3月27日副市長より表彰状が授与されました〜http://www.landsend.co.jp

(PR TIMES) 2017年04月05日(水)11時28分配信 PR TIMES

日本ランズエンド株式会社 男女ともが働きやすい魅力的な企業として、最高ランクで表彰されました!

日本ランズエンド株式会社 
男女ともが働きやすい魅力的な企業として、
最高ランクで表彰されました!
「よこはまグッドバランス賞」ゴールド賞受賞!
〜3月27日副市長より表彰状が授与されました〜

首都圏はもとより、日本全国で、女性の社会進出や少子高齢化と
いった社会的背景から、働き方を見直す“ワークライフバランス”
という考え方が、様々な企業に求められています。
日本ランズエンドのオフィス所在地である、横浜市では、男女が
共に働きやすい職場環境を積極的に推進している企業を「よこはま
グッドバランス賞〜働きやすく子育てしやすい事業所〜」と
認定しています。平成28年度、日本ランズエンド株式会社(横浜市港北区・
代表取締役社長 稲辺 裕樹) は、この「よこはまグッドバランス賞」
を受賞。今回で7回目となるため、継続賞の中でも最高ランクの
「ゴールド賞」を授与されることとなりました。横浜市内の
私企業としては、今回唯一の受賞となります。
3月27日に行われた「認定授賞式」 においては、横浜副市長より、
認定証と記念の盾を授与されました。
日本ランズエンド株式会社
男女ともが働きやすい魅力的な企業として、
最高ランクで表彰されました!
「よこはまグッドバランス賞」ゴールド賞受賞!
〜3月27日副市長より表彰状が授与されました〜
http://www.landsend.co.jp
[画像1: https://prtimes.jp/i/18090/10/resize/d18090-10-601217-0.jpg ]


首都圏はもとより、日本全国で、女性の社会進出や少子高齢化と
いった社会的背景から、働き方を見直す“ワークライフバランス”
という考え方が、様々な企業に求められています。
日本ランズエンドのオフィス所在地である、横浜市では、男女が
共に働きやすい職場環境を積極的に推進している企業を「よこはま
グッドバランス賞〜働きやすく子育てしやすい事業所〜」と
認定し、更に継続的に職場改善に取り組んでいる企業については
認定の回数に応じた「継続賞」を授与しています。
平成28年度、日本ランズエンド株式会社(横浜市港北区・代表
取締役社長 稲辺 裕樹) は、この「よこはまグッドバランス賞」
を受賞。今回で7回目となるため、継続賞の中でも最高ランクの
「ゴールド賞」を授与されることとなりました。横浜市内の
私企業としては、今回唯一の受賞となります。
3月27日に行われた「認定授賞式」 においては、横浜副市長より、
認定証と記念の盾を授与されました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/18090/10/resize/d18090-10-430769-1.jpg ]


■日本ランズエンド株式会社の取り組み例
他社の1歩先を行く「プレミアムフライデー」施策
日本ランズエンドでは、5月から9月までの夏季、「サマー
アワーズ」として、金曜日は13時以降退社が可能となっています。
先月から開始された「プレミアムフライデー」は、先に始まった、
サマーアワーに準じ、提言された15時退社ではなく、13時退社
とし、プレミアムフライデー採用企業の1歩先を行っています。
(2月〜4月はプレミアムフライデー。5月からは、サマー
アワーズを適用)

■日本ランズエンド株式会社代表取締役 稲辺裕樹のコメント
「ランズエンドが大切にしている多くの価値観、そのひとつが
「Great Place to Work」です。社員が誇りを持ち、安心して
働くことのできる職場環境を整えること、性別やライフステージに
関わらず、健康でバランスのとれた生活を送ることのできる職場で
あること。これらランズエンドが理想とする職場環境づくりを
進めていったことが、今回の受賞につながったのではないかと
思います。これからも、社員が誇りを持てるような風土を目指し
続けていきます。」


<ランズエンドとは>
1963年シカゴで誕生し、半世紀を越えるブランドとして、世界中の
顧客に愛されるアパレル企業へと成長を続けています。コピー
ライターでありながら、ヨットマンとしても活躍していた創業者、
ゲリー・コマーの真摯な物づくりとカスタマーサービスを掲げた
精神は今もなお受け継がれています。日本には1993年に上陸、
1994年に第一号となる日本語版のカタログが発行されました。
2001年には日本オリジナル商品などの商品開発が本格化、今では
日本人男性のために開発した“立体Xシャツ”、そして、女性には
“美型シルエット”などが誕生しています。
「Guaranteed. Period.(ギャランティード・ピリオドいつでも
品質保証)」という企業理念に基づき、ワールドクラスの
カスタマーサービスとともに、日本独自のサービスとして、
2005年に業界で先駆けて実現した翌日配送の「翌着」、自宅に
いながら無料交換ができる「楽替」など、サービスといえば
ランズエンドといわれる今日があります。

日本ランズエンド(株) ワークライフバランス支援策

<制度・規程の取組>
・法定を上回る育児休業期間
事由によらず、1歳6ヵ月または1歳到達後の3月末まで取得が可能。
導入時期:2008年
・育児休業の有給化
育児休業のうち5日間を有給で取得できる。
導入時期:2009年
・積立休暇制度
失効有給を累計20日間を上限として積立休暇とすることができる。
私傷病・育児・介護を事由とした取得が可能。
導入時期:2009年
・ノー残業デー
毎週金曜日をノー残業デーとする。
導入時期:2010年
・サマーアワーズ
5月下旬〜9月上旬の期間中の金曜日のうち10回程度、13時以降
退社可能とする。
導入時期:2011年
・有給取得促進日
サマーアワーズ期間外の第3金曜日を有給取得促進日とする
(オータム/ウィンターアワーズ)。また、サマーアワーズ期間
中のサマーアワーズ対象外の金曜日も有給取得促進日とする。
導入時期:2011年

<運用・風土の取組>
・WLB通信
ワークライフバランスへの意識啓蒙と、会社の制度等の情報
発信のため、イントラネット上で「WLB通信」を定期的に
掲載している。
導入時期:2008年
・ファミリーデー
従業員の家族、特に子どもを対象とした職場見学とレクリエー
ションを実施している。
導入時期:2011年
・短時間勤務/フレックス勤務
育児・介護の場合は希望すれば短時間勤務またはフレックス
勤務のいずれかから選ぶことができるが、それ以外の事由や
始業/終業時間の繰上げ/繰下げにも運用として柔軟に対応
している。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る