• トップ
  • リリース
  • 【ご案内】TICAD VI 市民社会報告シンポジウム 日本とアフリカの新たな歴史の始まり =TICAD VIを越えて=(9/26)

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会

【ご案内】TICAD VI 市民社会報告シンポジウム 日本とアフリカの新たな歴史の始まり =TICAD VIを越えて=(9/26)

(PR TIMES) 2016年09月16日(金)19時26分配信 PR TIMES

TICAD VI 報告シンポジウムを開催します。

TICAD VIに向けて活動を行うNGOネットワーク「市民ネットワーク for TICAD」(事務局:東京都台東区)は、9月26日(月)15時〜18時、日本大学通信教育学部市ヶ谷キャンパス(東京都千代田区)にて、「TICAD VI市民社会報告シンポジウム 日本とアフリカの新たな歴史の始まり=TICAD VIを越えて」を開催します。
2016年8月27-28日、ケニアのナイロビで開催されたTICAD VIは、ナイロビ宣言の採択をもって終了しました。政府や国際機関、民間企業、市民社会等から約11000人が参加し、初めてのアフリカ開催となった今回のTICAD VIは、新たな日・アフリカ関係を切り開くものとなりました。

市民社会も開催国ケニアを含むアフリカから約200名、日本から40名が参加しました。2014年3月に設立した日本のNGOネットワーク「市民ネットワーク for TICAD」も、アフリカ市民社会とともにTICAD VI に向けたプロセスに積極的に関わってきました。提言書の策定やTICADの国内啓発、本番でのサイドイベントの開催や本会議への参加をしたりする等、共催者とも関係を構築しながら、アフリカの人々の多様な視点を反映したTICADを目指し、活動してきました。

TICAD VIで市民社会はどのような取組みをし、成果を得たのか、また、市民社会はTICAD VIをいかに評価しているのか、TICAD主催者である日本政府や、在京アフリカ外交団を交えて議論します。

[画像1: http://prtimes.jp/i/17161/10/resize/d17161-10-556139-2.jpg ]



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃開催概要
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日時】 2016年9月26日(月)15:00〜18:00 (開場 14時半)
第一部:15:00〜17:00、第二部17:00-18:00

【会場】 日本大学通信教育部市ヶ谷キャンパス31講堂(東京都千代田区九段南4-8-28)
http://www.dld.nihon-u.ac.jp/access_map/
(JR中央・総武線(各駅停車)市ヶ谷駅下車 徒歩3分、
都営地下鉄新宿線、東京メトロ有楽町線・南北線 市ヶ谷駅A2出口から徒歩2分)

【プログラム】

第一部:日本とアフリカの新たな歴史の始まり=TICAD VIを出発点に=
15:00-15:10 開会挨拶
15:10-15:15 アフリカ市民社会からのビデオメッセージ
15:10-16:00 パネル発題:はじめてのTICADアフリカ開催!その成果と課題とは?
(ファシリテーター:稲場雅紀 アフリカ日本協議会国際保健部門ディレクター)
・外務省アフリカ部(藤田順三 アフリカ開発会議(TICAD)、アフリカにおける地域経済共同体(RECs)・平和・安全保障担当大使)
・在京アフリカ外交団(フランソワ・ウビダ駐日ブルキナファソ大使)
・ケニア市民社会の取組み(米良彰子 ハンガー・フリー・ワールド地域開発・アドボカシー担当)
・日・アフリカ市民社会の取組み(近藤光 ACEガーナ・プロジェクトマネージャー)
16:00-16:20 パネルディスカッション
「約束をどう実現するか、課題をどう克服するか=TICAD VIを出発点に=」
16:20-16:40 質疑応答

第二部:新たな時代の日本・アフリカ市民社会=TICAD VIを踏まえて
17:00-17:25 パネル発題:安倍総理スピーチと「ナイロビ宣言」、市民社会はどう評価する?
(ファシリテーター:高橋郁 ウォーターエイドジャパン事務局長)
・雨宮知子 難民を助ける会AAR Japan支援事業部主任
・稲場雅紀 アフリカ日本協議会 国際保健部門ディレクター
・津山直子 アフリカ日本協議会 代表理事
・福田友子 ジョイセフ アドボカシーグループ チーフ
・米良彰子 ハンガー・フリー・ワールド地域開発・アドボカシー担当
17:25-17:55 パネルディスカッションと会場からの質疑応答:市民社会が切り拓くアフリカと日本の新時
17:55-18:00 閉会挨拶

【参加費】無料(通訳料が発生しているため、会場の募金箱へ500円程度ご寄付いただけますと幸いです)

【定員】 140名

【実施】 市民ネットワーク for TICAD (Afri-Can)

【共催】 特定非営利活動法人アフリカ日本協議会、日本情報学会国際開発研究部会

【お申し込み】https://goo.gl/forms/zIxsKClOXZxBi8V72

【お問い合わせ】 市民ネットワークfor TICAD (Afri-Can)


事務局/〒110-0015台東区東上野1-20-6丸幸ビル3階
特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 電話:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903
e-mail: office@afri-can-ticad.org


[画像2: http://prtimes.jp/i/17161/10/resize/d17161-10-334701-3.jpg ]
市民ネットワーク for TICAD (Afri-Can)とは
アフリカにかかわる活動をしている30のNGO団体から成るネットワーク組織です。
第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)に向けた提言活動を行う目的で結成され、アフリカ市民社会と提携しつつ、イベント開催や関係者との連携を通じてアフリカの多様性や文化の普及に努めています。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る