• トップ
  • リリース
  • エー・ピーカンパニーと世界最大のWi-Fiコミュニティー「FON」が業務提携、Wi-Fiを活用したお客様サービスの共同開発と訪日観光客向け(インバウンド)集客施策を実施

プレスリリース

  • 記事画像1

フォン・ジャパン株式会社

エー・ピーカンパニーと世界最大のWi-Fiコミュニティー「FON」が業務提携、Wi-Fiを活用したお客様サービスの共同開発と訪日観光客向け(インバウンド)集客施策を実施

(PR TIMES) 2016年05月10日(火)18時50分配信 PR TIMES

株式会社エー・ピーカンパニー(東京都港区/代表取締役社長 米山久、以下「APカンパニー」)は、世界最大のWi-Fiコミュニティー「FON」の日本法人であるフォン・ジャパン株式会社(東京都港区/代表取締役CEO 金田宏、以下「FON」)と平成28年4月12日に業務提携し、APカンパニー運営店舗へのFONスポット導入を契機とし、Wi-Fiを活用したお客様サービスの共同開発および訪日観光客向け(インバウンド)の集客施策を実施いたします。
[画像: http://prtimes.jp/i/9099/10/resize/d9099-10-471814-0.jpg ]



FONは、全世界で2,000万スポット以上を展開し、200ヶ国のユーザーが利用する世界最大のグローバルWi-Fiコミュニティーで、日本国内においても業界トップシェアのWi-Fiサービスを提供しています。

本提携では、モバイル端末の普及によって高まるWi-Fiニーズに応えるべく、APカンパニーの主要ブランドである「宮崎県日南市 塚田農場」、「鹿児島県霧島市 塚田農場」、「北海道シントク町 塚田農場」、「四十八漁場」などの約100店舗への導入を開始し、その他の店舗へも順次導入を拡大してゆく予定です。

また、海外において認知度の高いFONスポットをAPカンパニー各店舗へ設置することで、近年増加傾向にある訪日観光客向けにWi-Fi環境を提供するほか、日本滞在中に全国のFONスポットを一定期間ご利用できるFONアクセスパスを来店した訪日観光客へ限定で無料配布します。訪日観光客は、APカンパニー店舗はもとより、様々な観光スポットを含む全国のFONスポットが利用可能になることで、日本滞在中のインターネット環境を充実させることができます。

APカンパニーとFONの両社は、今後も訪日観光客を含めた様々な集客施策を実施していく予定です。

APカンパニーについて
社名 :株式会社エー・ピーカンパニー
設立 :2001年10月
代表者:代表取締役 社長 米山 久
URL :http://www.apcompany.jp/
所在地:東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル9F

APカンパニーは「食のあるべき姿を追求する」というミッションのもと、食品の生産(一次産業)から流通(二次産業)、販売(三次産業)に至るまでの全てを一環して手がける『生販直結』という独自の六次産業化ビジネスモデルを展開しています。
全国各地の生産者と直接提携する事で、安心・安全で高品質な食を世の中に提供していくとともに、地方の第一次産業や地域活性化にも尽力し、食産業におけるALL-WINの達成を目指しています。

FONについて
FONは2006年2月、「世界をWi-Fiで覆い尽くす」という目標のもと、シリアル・アントレプレナー(連続起業家)のMartin Varsavskyによって設立されました。ユーザー間でWi-Fiを共有するFONのコミュニティーWi-Fiは、独自のシェアリングエコノミーおよびクラウドソーシング・アプローチとして広がり、世界最大級2,000万スポット以上のWi-Fiネットワークへと成長しました。提携する通信事業者には、BT(英国)やDeutsche Telekom(ドイツ)をはじめ、Vodafone(スペイン/イタリア)、SFR(フランス)、KPN(オランダ)、Proximus(ベルギー)、ZON(ポルトガル)、Netia(ポーランド)、OTE(ギリシャ)、MTC(ロシア)、Oi(ブラジル)、KT(韓国)、Telstra(豪州)、MWEB(南アフリカ)などが挙げられます。
また、GoogleやMicrosoft、Qualcomm、伊藤忠商事、 Atomico、Index Ventures、Sequoia Capitalなどの世界有数企業がFONに投資をしています。

FONウェブサイト: http://fon.ne.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る