• トップ
  • リリース
  • 生産プロセスの健全性・可用性を最大化する統合運用監視ツール:SCADAfence、新型コロナウィルス対策:VS COVID-19として無償サービス提供を開始

プレスリリース

生産プロセスの健全性・可用性を最大化する統合運用監視ツール:SCADAfence、新型コロナウィルス対策:VS COVID-19として無償サービス提供を開始

(PR TIMES) 2020年04月02日(木)14時47分配信 PR TIMES

〜感染拡大のなか、さらに重要度を増す製造各分野での生産活動継続性向上のための生産設備の運用・稼働監視、サイバーセキュリティ監視サービスを無償提供〜

産業サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーであるSCADAfence社(本社:イスラエル・テルアビブ、CEO:エルアド ベン・メイル、以下SCADAfence)は、SCADAfenceが提供する生産プロセスの健全性・可用性を最大化する統合運用監視ツール「SCADAfence Platform」を、新型コロナウィルス対策:VS COVID-19として本日2020年4月2日より無償サービスの提供を開始致します。
生産プロセスの健全性・可用性を最大化する統合運用監視ツール:SCADAfence、新型コロナウィルス対策:VS COVID-19として無償サービス提供を開始
〜感染拡大のなか、さらに重要度を増す製造各分野での生産活動継続性向上のための生産設備の運用・稼働監視、サイバーセキュリティ監視サービスを無償提供〜

プレスリリース
2020年4月2日
SCADAfence Ltd

 産業サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーであるSCADAfence社(本社:イスラエル・テルアビブ、CEO:エルアド ベン・メイル、以下SCADAfence)は、SCADAfenceが提供する生産プロセスの健全性・可用性を最大化する統合運用監視ツール「SCADAfence Platform」を、新型コロナウィルス対策:VS COVID-19として本日2020年4月2日より無償サービスの提供を開始致します。

 昨今の新型コロナウィルスの感染拡大により、我々の社会環境は急激かつ大きな変化が起きています。その厳しい環境の中で我々の生活を支える生産分野、特に医療・食品・生活消耗品・エネルギー等における事業・生産活動の継続性は、従来にも増してその重要性・必然性が高まりつつあります。
 しかしながら、この環境変化に便乗したサイバー攻撃の例も非常に残念ながら増加の一途を辿っている事実があります。SCADAfenceは、産業サイバーセキュリティの世界的リーダとして、この危機的状況を打破すべく、対象となる主要生産分野での生産活動を行う製造業において、その生産活動継続性向上のための支援策の一貫として、以下の内容にて「SCADAfence Platform」の無償サービス提供を開始します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/38333/9/resize/d38333-9-231240-0.png ]


■■ 無償サービスの内容 ■■
■ 無償サービス提供期間:2020年4月2日(木)より
※ 終了時期未定:COVID-19感染拡大収束状況により判断

■ 対象:国内に本社機能を持つ製造業のうち、以下の生産・サービス提供を行う企業の生産・サービス拠点
- 製薬
- 医療機器
- 食品/飲料
- 医療/生活消耗品
- エネルギー
※ ほか情勢踏まえ適宜適用業種追加予定

■ 無償提供の内容:
- SCADAfence Platformの30日間無償利用
※ SCADAfence社が提供するクラウドサービスによる利用
- SCADAfence社コンサルタントによる無償簡易セキュリティアセスメント
※ SCADAfence社国内パートナー様によるアセスメントサービス (有償) の利用も可能です

■ 無償サービス利用お申込み・お問合せ先:
SCADAfence (Japan) VS COVID-19担当 宛
メール:Info-jp@scadafence.com


■■ SCADAfence Platformとは ■■

 SCADAfence Platformは、生産プロセスの健全性・可用性を最大化する統合運用監視ツールです。主な機能と特徴は以下のとおりです。

■ 提供される機能
・生産現場の稼働設備・機器の内容・構成情報の自動収集/一覧作成
・生産現場の稼働設備・機器の通信状況・履歴の自動収集/監視
・生産現場の稼働設備・機器・ネットワーク構成上の潜在的脆弱性の把握
・振る舞い検知+シグネチャーモデルによる異常検知と予知保全機能
・自社・パートナー企業の生産拠点ごとの業界標準ガイドライン適用状況とスコアリング※
※オプション。無償サービスには含まれません。

■主な特徴
・エージェントレス・パッシブ型導入により生産プロセスの可用性を担保
・世界各地の大手製造業への多数の導入実績による経験と製造現場への高い適応性
・生産現場で利用する制御機器の独自仕様にも対応
・サービスの日本語対応と国内主要FA機器ベンダーのサポート
・標準化されたAPIによる他社ツール (SOAR/SIEM/ファイアーウォール等)との容易な連携
[画像2: https://prtimes.jp/i/38333/9/resize/d38333-9-807852-1.png ]


SCADAfence Ltd.について
SCADAfenceは、大規模な産業ネットワーク (OTネットワーク) をもつ様々な企業が、その運用からサイバーリスクを軽減し、運用健全性を向上させることで、企業のIoT/デジタルトランスフォーメーションの推進を支援します。SCADAfenceのパッシブ型プラットフォームは、大規模なネットワーク全体をカバーし、クラス最高レベルの検出精度と、機器・通信の特定及び可視化を行い、ハイレベルなユーザエクスペリエンスを提供します。SCADAfenceはOTセキュリティの機能を既存のセキュリティ運用へシームレスに連携し、IT/OTの融合を促進させます。SCADAfenceは、ヨーロッパ最大の製造工場を含む、世界でもっとも複雑な産業ネットワークに高度なセキュリティと運用健全性を担保する機能を提供し、製造・ビルマネジメント及び社会インフラの分野における安全かつ効率的なデジタルトランスフォーメーション推進を支援します。詳細はhttps://www.scadafence.com/ja をご覧ください。

本件に関するお問い合わせ
SCADAfence (Japan)
垣貫 己代治
TEL. 03-4588-5432
eMail: info-jp@scadafence.com



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る