• トップ
  • リリース
  • Planetway、Efma主催Innovation in Insurance Awardで東京海上日動社の一位受賞に貢献

プレスリリース

  • 記事画像1

Planetway Japan株式会社

Planetway、Efma主催Innovation in Insurance Awardで東京海上日動社の一位受賞に貢献

(PR TIMES) 2017年05月02日(火)14時12分配信 PR TIMES

 Planetway Corporation (本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、CEO&Founder:平尾 憲映/日本法人:Planetway Japan株式会社 東京都千代田区 代表取締役CEO:平尾 憲映、以下Planetway)は、2017年4月27日にEfma(*1)とAccentureが共催する「Innovation in Insurance Award」において、Connected insurance and ecosystemsの部での東京海上日動火災保険株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:北沢利文、以下「東京海上日動」)の第一位の受賞にスタートアップ企業として貢献した事を報告いたします。
現在、Planetwayは、東京海上日動の実証事業へ自社の非常にセキュリティの高いデータ連携技術を提供し、医療機関などにおけるブロックチェーン技術の活用に向けた実証事業を福岡地域戦略推進協議会(*2) (会長: 麻生 泰、以下「FDC」)と連携し、福岡市にて実施中です。

今回、東京海上日動がInnovation in Insurance Awardを受賞したという事は、本取り組みが、保険業界で世界的にもイノベイティブなプロジェクトとして評価された事となります。


このプロジェクトが評価されたのは、保険ビジネスの高度化だけでなく、医療費の高騰という日本の社会的な課題解決も視野に入れて最先端技術を活用している事、保険会社・地方自治体・ベンチャー企業が一体となって取り組んでいる事、ブロックチェーンとavenue-crossを組み合わせる事で、オープン性とセキュリティを同時に実現している事、などです。

本件の詳細については、東京海上日動のリリースページをご参照ください。
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/release/pdf/170502_01.pdf

今後は、実証事業の結果を踏まえ、保険業務で扱われる秘匿性の高いデータのやりとりのデジタル化へ向けた技術提供を進めていきます。また、将来的には、医療機関・介護事業者間の情報連携や海外とのデータ連携を活用した訪日外国人向け施策、スマートシティをはじめとした地方創生策など、保険分野以外の様々な領域での活用を進めていく事を目指していきます。

*1 Efmaとは?https://www.efma.com/
金融商品のイノベーションを推進するために、銀行と保険会社によって1971年に設立された組織。本拠はパリにあり、サミットの開催や出版などを行っており、会員は130カ国に3,300 社です。

*2 福岡地域戦略推進協議会(FDC) http://www.fukuoka-dc.jpn.com/
FDCは、福岡の新しい将来像を描き、地域の国際競争力を強化するために、成長戦略の策定から推進までを一貫して行う、産学官民一体のシンク&ドゥタンクです。約140の企業・大学・行政等の会員で構成されており、福岡都市圏がビジネス交流・開発・営業拠点として「東アジアのビジネスハブ」となる事を目指しています。

【 本件に関するお問い合わせ 】
Planetway Japan株式会社
広報担当 井関紀子
info@pwlvc-pr.com
03-5534-8608

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る