• トップ
  • リリース
  • ロベルタ ディ カメリーノ  宝島社から“ボストンバッグ付きBOOK”発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

ロベルタ ディ カメリーノ ファーイースト株式会社

ロベルタ ディ カメリーノ  宝島社から“ボストンバッグ付きBOOK”発売

(PR TIMES) 2017年05月11日(木)12時21分配信 PR TIMES

パッカブルな大型ボストンがついたブランドブック

宝島社より、イタリアンファッションブランド「ROBERTA DI CAMERINO(ロベルタ ディ カメリーノ)」の“ボストンバッグ付きブック”が2017年5月13日(土)に全国書店およびネット書店(Amazonなど)にて発売されます。
http://store.tkj.jp/shopdetail/000000003150/
数あるハイブランドの中でも、ひときわ独創性にあふれる「ロベルタ ディ カメリーノ」。芸術の都・ヴェネチアを拠点として、グレース・ケリーが愛用した“バゴンギ”をはじめ、時代を超えて愛されるバッグを生み出しています。
2016年にデビューした “CROSS(クロス)”をコンセプトに「伝統と革新」がクロスしたロベルタ ディ カメリーノ直営店限定ライン。都会的で洗練されたオフィスワーカーに向けた2017秋冬新作 http://robertadicamerino.jp も8ページのリーフレットでご紹介します。
新生ロベルタの、洗練されたモダンな魅力がたっぷり詰まった一冊をお見逃しなく。
[画像1: https://prtimes.jp/i/20318/9/resize/d20318-9-536190-0.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/20318/9/resize/d20318-9-132163-2.jpg ]


今回のスペシャルアイテムは、機能性にこだわったパッカブルのボストンバッグ。
ロベルタ ディ カメリーノの新定番 “CROSS”柄をモチーフにデザインされたバッグは、知的でシックな仕上がり。プライベートだけでなく、ビジネスでの出張にも最適です。
[画像3: https://prtimes.jp/i/20318/9/resize/d20318-9-758838-4.jpg ]

外ポケットに本体を折りたたんで収納できるので、持ち運びもスマート。急に手荷物が増えても安心です。軽量ながらハリのある生地感を採用、シワになりにくいのもポイント。

[画像4: https://prtimes.jp/i/20318/9/resize/d20318-9-678369-6.jpg ]

背面にはキャリーバッグに取り付けられるフープ付き。移動の多いトラベルシーンには欠かせない仕様です。

[画像5: https://prtimes.jp/i/20318/9/resize/d20318-9-105925-3.jpg ]

ゴールド×ブラックで表現した「R」ロゴのチャーム、ロベルタカラー“レッド”のネームタグなど、細部にもロベルタらしい遊び心を散りばめて、より洗練されたデザインに仕上げました。

[画像6: https://prtimes.jp/i/20318/9/resize/d20318-9-903462-5.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/20318/9/resize/d20318-9-793715-7.jpg ]



◆「ロベルタ ディ カメリーノ」について
ロベルタ ディ カメリーノは、1945 年にジュリアーナ・カメリーノが創業したイタリアを代表するブランド。グレース・ケリーに愛された「バゴンギ」を始め、だまし絵を駆使したバッグやパネルドレスなど、ユニークな視点で時代を代表するIt Bagを生み出してきました。そのロベルタの伝統的なものづくりに新たなエッセンスを加えて、2016年ショップオープンと同時にさらに若々しいラグジュアリーなオリジナルラインがデビュー。
20〜30 代のファッションに敏感な女性をターゲットに 2016 年 5 月に誕生した新ラインは、ロゴのテキスタイルプリントのトートバッグ「アドリア」や、イタリア本国のヒストリカルベルベットを 1 点物のバッグに仕立てる「バゴンビーナオーダー」などで好評。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る