プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

シーナリージャパン株式会社

iGUANEYEオリジナル、ドゥータバッグを発表!

(PR TIMES) 2016年12月20日(火)18時30分配信 PR TIMES

「原始の目で、現代を見つめ直す。」イグアナアイより新商品のご案内

この度、iGUANEYEからオリジナルバッグ、ドゥータバッグ(Dhta Bag)を発表します。iGUANEYEブランドに新たに仲間入りするドゥータバッグは、その皮膚感が魅力の軽いテクノロジカルなメッシュ素材に、レザーのハンドルを組み合わせた現代版“ズダ袋”です。
[画像: https://prtimes.jp/i/17541/9/resize/d17541-9-361121-0.jpg ]


「原始の目で、現代を見つめ直す。」イグアナの目をイメージしたiGUANEYEのロゴがポイントになっており、内側には、便利な内ポケットが付いています。そのシンプルなデザインゆえに、男女を問わずお使い頂けます。これからの季節、ギフトアイテムとしてもお薦めです。

■ドゥータ(Dhta)バッグとは■

Dhtaとは、「頭陀(ずだ)」のことで、梵語(即ちサンスクリット語)の「払い落す、棄捨」を意味する仏教僧侶が行う修行(頭陀行)のこと。

よって、Dhta Bag=頭陀袋とは、本来、この頭陀行(ずだぎょう)や托鉢(意味:信者の家々を巡って、生活に必要な最低限の食料などを乞う修行のこと)の際に携行用に用いた袋のことでした。元々は僧侶が山野を行脚する際、塵や埃、土で汚れないように僧衣を入れるための袋でしたが、時代を経るにつれて、衣だけでなく供養してもらった物や仏具なども入れるようになり、「雑多なものを運搬する簡易な布製の袋」を意味するようになりました。現代の“ズダ袋”は、これに由来します。またその構造は、非常に簡素に作られていました。現代では、袋にマチをつけたり、内部を仕切る構造にしたり、紐についても縛るのではなく直付けのものもあります。

■ドゥータ(Dhta)バッグの詳細■

▽発売開始:2016年12月21日(水)
▽商品名: イグアナアイ ドゥータバッグ(iGUANEYE Dhta Bag)
▽価格: ¥5,500(税抜き)
▽カラー:全5色(レッド、グリーン、イエロー、グレー、ブラック)

▽販売場所:
イグアナアイ青山本店       http://www.iguaneye.jp/#7
オフィシャルオンラインストア   http://iguaneyejapan.com/

イグアナアイのブランドコンセプトは、「原始の目で、現代を見つめ直す。」すでに展開中の新感覚フットウェア 「FS」同様、原始の人々の知恵が生んだ道具である「袋」を現代の素材とデザインで蘇らせたのがドゥータバッグです。


------------------------------------------------------
【クレジット表記】イグアナアイ(iGUANEYE)
------------------------------------------------------

日本語フェイスブックページでは、世界中のイグアナアイファンの”My Life with iGUANEYE”(イグアナアイと共にある日常)のほか、iGUANEYEブランドの様々なニュースをご紹介しています。
https://www.facebook.com/IguaneyeJapan/


【STORE INFORMATION】
イグアナアイ青山本店
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-14
Tel: 03-6427-2703 Fax: 03-6701-7619
www.iguaneye.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る