• トップ
  • リリース
  • 朝日新聞社メディアラボの「パソコンを使わないプログラミング」イベントに、プロキッズが教育用ロボットを使った教材を支援

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社プロキッズ

朝日新聞社メディアラボの「パソコンを使わないプログラミング」イベントに、プロキッズが教育用ロボットを使った教材を支援

(PR TIMES) 2017年03月23日(木)10時50分配信 PR TIMES

2020年のプログラミング小学校必修化を見据え、幼児から学べる機会を

株式会社プロキッズ(東京都台東区、代表取締役社長:原 正幸、以下プロキッズ)は、朝日新聞社メディアラボ(東京都中央区、メディアラボ室長:堀江 隆、以下朝日新聞メディアラボ)とPIAZZA(ピアッツァ)株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:矢野 晃平、以下PIAZZA)が主催する「はじめてのプログラミング×こども新聞」ワークショップにて、教材支援を行います。
[画像1: https://prtimes.jp/i/17100/9/resize/d17100-9-492605-0.jpg ]

今回のプログラミング教材協力は、プログラミングスクールを運営するプロキッズが大事にしている「プログラミングを通じた論理的思考力の育成」と朝日新聞メディアラボが「こども新聞」のワークショップで大切にしている「考える」「書く」「伝える」という3つのスキルの親和性が高いことから実現しました。これらは、未来を生きる子どもたちに必要なスキルです。

本イベントは「はじめてのプログラミング×こども新聞」と題し、2017年4月2日(日)に「グロースリンクかちどき マナViva!」で開催され、子どもたちはプログラミングの概念を学びます。2020年から小学校でプログラミング必修化を前に、マウスやキーボード操作が苦手な幼児でも楽しめるよう、パソコンは一切使いません。プログラミング教育用ロボット「Ozobot」(オゾボット)を使用しながら、紙とペンだけでわかりやすく「プログラミングの考え方」や、自分のアイデア通りにロボットを動かす体験をゴールとします。

[画像2: https://prtimes.jp/i/17100/9/resize/d17100-9-833687-1.jpg ]

プロキッズは、これからも多くの子ども達への未来スキルを育てる場を作り上げていきたいと考えます。

【イベントの概要】
■日時:2017年4月2日(日)10:30〜12:00
■場所:グロースリンクかちどき マナViva!(東京都中央区勝どき1-3-1 アパートメンツタワー勝どき1F)
■内容:「はじめてのプログラミング×こども新聞」
■対象:幼児〜小学4年生
■主催:
朝日新聞社メディアラボ(http://www.asahi.com/shimbun/medialab/
PIAZZA株式会社(https://www.piazza-life.com/about
■教材協力:株式会社プロキッズ(http://prokids.jp/

【ご参考】株式会社プロキッズ
子どもたちが未来を生き抜くために、自ら挑戦し、学べる場を提供しています。
自己解決力、論理的思考力、創造力やITリテラシーなどの未来につながる力を育むコンテンツとして、プログラミング、電子工作などを行っています。
Web: http://prokids.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る