• トップ
  • リリース
  • サプリメント初!現代人の生活実態にあわせた臨床試験で、「肉体」と「精神」への疲労感を両方ケア!

プレスリリース

  • 記事画像1

アスタリール株式会社

サプリメント初!現代人の生活実態にあわせた臨床試験で、「肉体」と「精神」への疲労感を両方ケア!

(PR TIMES) 2016年09月07日(水)15時39分配信 PR TIMES

機能性表示食品で最も期待が高い「抗疲労」において新たな届出も検討

天然アスタキサンチン原料ならびに製品を世界中に供給している富士化学グループのアスタリール株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:西田光徳)は、日常生活で生じる疲労(「肉体的疲労」と「精神的疲労」の両面)に対する天然アスタキサンチン配合サプリメント「アスタビータe」摂取の効果を検証した結果、両疲労を同時に軽減する効果が得られたことがわかりました。
仕事上での作業、勉強、試験、レースや試合など様々な場面において、時間の経過とともに、人は疲労を感じ、パフォーマンスが低下してきます。これは、肉体的な疲労に加え、精神的な疲労が複合して起こることが原因です。従来の試験方法では、肉体負荷のみ、あるいは精神負荷のみに対する疲労感を評価していましたが、本試験では、子供から大人まで日常的に起こる種々のシーンを想定し、同一日内に精神と身体への負荷を課した後、両疲労感を評価する試験を実施しました。この試験により、「アスタビータe」摂取による「肉体」と「精神」の両疲労感に関する効果を同時に検証しました。これは、サプリメントとしては初めてのことです。なおこの研究論文は、臨床医薬32巻7号(2016年7月末発行)に掲載されました。


疲労=肉体的疲労+精神的疲労の複合体!?


一般に、日常的に経験する疲労は、体が重い、だるいなどの「肉体的」な疲労に加え、頭がぼんやりする、意欲がわかないなど「精神的」な疲労が存在します。日常生活の疲れは、勉強や事務作業などの精神作業と労働や運動などの肉体作業の両方によるものと考えられます。
また、疲労は、時間経過により「急性疲労」(通常の疲労)と「慢性疲労」に分けられます。急性疲労が十分に回復されないうちに、さらなる疲労が蓄積すると慢性疲労に移行します。慢性疲労による経済損失は医療費を除いて年間1.2兆円という報告もあります。日常生活で生じる「肉体的疲労」「精神的疲労」の両方を軽減し、すみやかに回復させることが重要です。


「精神的」「肉体的」どちらもお疲れの現代人に合致した天然アスタキサンチン配合サプリメント「アスタビータe」


現代人が感じる疲労は「肉体的」に加え、「精神的」な影響も無視できません。
現代人の生活は、コンピューターや携帯電話等の普及により、脳を酷使することによる「精神的疲労」を感じることが多くなってきました。
従来の抗疲労製品では、「肉体的負荷」のみ、あるいは「精神的負荷」のみでそれぞれの疲労感を評価してきました。今回の試験では現代人の実際の生活に則して、それぞれ「精神的負荷」と「肉体的負荷」を同一日中に課した後に疲労感を評価。20歳〜64歳の男女39名を対象に、「アスタビータe」を8週間摂取してもらい、開始前、4週間後、8週間後にパフォーマンスや回復状況について、 「アスタビータe」摂取の有無による違いを比較しました。その結果、 「アスタビータe」を摂取した場合は、摂取しない場合にくらべ「肉体的疲労感」「精神的疲労感」ともに改善されることがわかりました。
機能性表示食品で最も期待の高い「疲労感軽減」での新たな届出もふくめ、より現代人のライフスタイルに対するニーズに即した商品開発を行ってまいります。
[画像: http://prtimes.jp/i/16011/9/resize/d16011-9-699584-1.jpg ]



アスタビータe
60粒/1日2粒目安(約30日分)
ボトルタイプ 4,423円(税込)
アルミパウチタイプ 4,373円(税込)
お買い求めはオンラインショップで

アスタビータ オンラインショップ http://www.astavita.jp/


※天然アスタキサンチン
その多くがヘマトコッカス藻を原料とした抽出物を用いて、動物試験および臨床試験が広く行われています。生体膜保護作用やミトコンドリアへの作用など、細胞レベルで作用することが確認されており、メタボリックシンドローム、非アルコール性脂肪肝(NASH)、アトピー性皮膚炎などの病態だけでなく、脳機能の改善、美肌作用、運動機能の向上など、健康増進における有効性も多く報告されています。また、肩こりや眼の疲れにも有効であるとも報告されており、アスタキサンチンは身体の一部の疲労に有効であることは確認されています。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る